760【旅ノウハウ】世界中の生き物のすばらしさを伝える、旅にもつながる番組『ダーウィンが来た!』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

テレビを見ているとき、様々な角度から旅につながるような番組があるものです。
これまでにも紹介してきたように、旅先そのものを取り上げるような番組。
その地にまつわる、歴史的に有名な人物を取り上げた番組。
おいしい地の食べ物を紹介した、食レポ番組。
などなど。

どれも、視聴者に一歩踏み出してもらって、その地を楽しんでもらおうとする意図があるため、見ているだけで旅に出たくなる衝動にかられますね。
実際にそういった番組を見て、旅につながり、その人にとって忘れられない旅の経験につながることもあるでしょう。
今回紹介するのもそんな旅につながるかもしれないとある番組です。

この番組は、珍しい動物やその生態が好きな人にはたまらない番組かもしれませんね。
その番組の名を『ダーウィンが来た!』といいます。
ダーウィンという名前を聞くと、進化生物学を提唱した生物学者であるダーウィンを思い浮かべますね。
その名前を冠する通り、動物を取り扱った番組です。
この番組の特徴は、普段見ることはできない動物たちの生態を、独自に取材し、最新鋭の撮影機材を使って編集された大迫力の映像を見ることができる点にあります。

では今回はこの、ダーウィンが来た!について、旅とのつながりも考えながら紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 大自然の動物たちの生態。実際は目にすることが難しいこの光景を見て、旅への思いも大きくなるかもしれません。

ダーウィンが来た!

ダーウィンが来た!は大自然の中の動物たちの生態などを取り扱った動物番組であり、毎週日曜日の19:30から30分間で放映されています。
2006年から開始し、すでに15年以上の歴史ある番組なのです。
しかも、1960年から放送が開始された『自然アルバム』→『生き物地球紀行』→『地球!ふしぎ大自然』といった名だたる番組の流れを受け継いだ番組であり、全てを合わせえると60年以上もの歴史をもつ、同局を代表する動物番組の系譜を持つ番組なのです。
特に『自然アルバム』や『生き物地球紀行』などは、その放映期間もとても長かったため、馴染みのある名前だなあと感じた人も多いのではないでしょうか。

『ダーウィンが来た!』までは、どちらかというと全世代向けのような構成だった気もするのですが、『ダーウィンが来た!』は小学生たちもより番組にのめりこみやすいような構成となっています。
また、NHK Worldでも放送されており、全世界で楽しまれている番組なのです。
海外ではなかなか日本の番組が視聴できる機会が少ないですが、そういった中でもこのダーウィンが来たは良質な番組を提供し続ける貴重な番組なのです。

番組のコンセプトは単純明快であり、同局がもつ最新鋭の撮影機材を用いて、大自然の中で生きる動物たちの生態を、大迫力の映像で視聴者に届けるものとなっています。
時には、海外のテレビ局とも提携して、とにかく数多くの映像資料を見ることができることが同番組の特徴です。
非常に費用をかけて制作されている場合が多く見られ、同番組を通して世界初の動物の生態や行動などが観察されたような貴重な映像資料も数多くあるのだそうです

1回の放送では1種類の動植物が紹介され、30分間の放送時間をたっぷりと費やし、その対象となる動植物が紹介されます。
放送内では、動物たちの映像だけではなく、その動物にまつわる豆知識や、それに関連するニュースなども放送され、ただ単に映像を見るだけではなく、一歩踏み込んだ知識も得られるような内容構成となっています。

番組内では、子どもたちに向けたショートアニメも取り扱われたり、マスコットキャラクターがいろいろな動物を紹介したりするなど、子どもたちにわかりやすい構成になっていることが特徴であり、その成果もあって小学生たちには非常に人気のある番組へと成長することができました。

なお、ダーウィンが来た!はテレビだけに収まりきっていません。
番組はテレビを飛び出し、映画版が製作されたり、雑誌や書籍になったりと、幅広く取り扱われることが多くなってきているのです。

いかがだったでしょうか。
テレビ番組の世界にも不況の波は深刻に訪れており、なかなか多額の費用をかけて番組を作り続けることが難しくなってきているようです。
そのため、似たようなバラエティ番組が乱立し、最近のテレビはなあ・・・と思うことがかなり多い昨今ではありますが、今回紹介したようなダーウィンが来た!のように骨太の番組もまだまだあります。
費用の高さがすべてではありませんが、やはりどれだけお金と人手と技術をかけるかということも、番組のクオリティを高く維持s続けるためには大切な要素なのでしょう。
その点では、今回紹介したようなダーウィンが来た!は一度は見てみる価値は高いのではないでしょうか。