772【インドネシア紀行】そういえば、ジャワティーってあったよね。あれってインドネシア、だったはずだけど、お土産としてのインドネシア産紅茶ってどうなのだろうか

インドネシア(Indonesia)
この記事は約5分で読めます。

インドネシアのお土産といえば何を思い浮かべますか?
インドネシア産のコーヒーやチョコレート、ココナッツ関係の製品など、地でとれた味が堪能できるお土産がたくさんありますよね。
しかし、私たちは何かを忘れていないでしょうか?
日本に住んでいると、とあるものがあるために、インドネシアがあの名産地であることを知っているはずです。
それは、紅茶です。

スーパーやコンビニに行くと、ジャワティーストレートなる商品があることでしょう。
ジャワティーのジャワとは言わずと知れたインドネシアのジャワ島のこと。
じゃあ、インドネシアは紅茶の一大産地なのだろうな!

と行きつくはずなのですが、いざインドネシアに行ってみると、一般の人々はほとんど紅茶を飲んでいるのを見かけません。
また、お土産としてもフィーチャーされていないし、スーパーの紅茶売り場に安価な紅茶製品が並べられているだけです。
そのため、実際インドネシアに行ってみると、ここって紅茶が有名なの??
という雰囲気になります。
しかし、ジャワティーがあるのだから、インドネシアは紅茶の産地のはず。
では、インドネシアの紅茶とは、どのようなものなのでしょうか。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • インドネシアと紅茶。現地では目立たない存在ですが、実際インドネシア産の紅茶とはどのようなクオリティなのでしょうか。

インドネシア生活についての記事です。

703【インドネシア紀行】海外では難しいバラマキ土産探し。インドネシアではこんなものがあったりします
インドネシアに行ったときにどのようなバラマキ土産を見つけることができるか、というところのフォーカスして書いていきたいと思います。おそらく、普通にショッピングしていては、なかなか目的にあったお土産を見つけることは難しいかもしれません。では、インドネシアで買えるバラマキ土産にはどのようなものがあり、どこでて手に入れることができるのでしょうか?
643【インドネシア紀行】インドネシアでapple製品。apple storeが進出できないインドネシアではどのように手に入れればいいのか!!?
今回はインドネシアでのApple製品、iPhone事情についてなのですが、インドネシアにいるとApple製品にお目にかかることはほとんどありません。それもそのはず、インドネシアにはApple storeがないんです。一軒も。ジャカルタであっても。
455【インドネシア紀行】次々と参入してくる新たな電子マネー市場。そして、スマホと結びつくことでかなりの活況を見せています。
インドネシアでは近年かなり電子マネーが活況を見せるようになっています。スマホの普及と相まって、日常生活の中で電子マネー決済を使う人がかなりの数になっています。 また、実店舗での利用だけではなく、GrabやGo-jekといったデリバリーサービスでも広く活用されているのです。
469【インドネシア紀行】東南アジアでは国境を越えて大きなシェアを獲得しているGrab。そしてインドネシアでももちろん人々のライフラインになっているのです
ジャケットに書かれている『Grab』。これはいったいなんぞや?と思われるかもしれませんが、これこそがまだ設立から10年であるにもかかわらず、東南アジア8カ国を席巻した配車サービス企業のGrabなのです。
443【インドネシア紀行】発展途上だから・・・ではなく、驚くほどの経済格差のあるインドネシア。しかしそれも次第に・・・
インドネシアに行ってみると、まず驚くのはやはりそこで働く人たちの賃金の低さではないでしょうか。日本人の賃金に比べると安すぎるなあ・・・これで生活できるのか?と思うかもしれませんが、実際インドネシアに暮らす人々にとってはこの金額で生活できてしまうのです。
414【インドネシア紀行】日本とは異なる携帯事情。しかしびっくりするほど携帯・スマホ普及が高いように見える理由はここにあった
若者から、そこらじゅうにいるドライバーたち。市場で見かける一般の主婦たちと、とにかくほとんどの人がスマホを所持していると言っても過言ではありません。これは何かあるのではないでしょうか?予想通り、インドネシアでこれだけスマホが普及しているのにはそれなりの訳があったのでした。
398【インドネシア紀行】インドネシアに来ても安心。ここでも手に入る安心の製品をピックアップしてみました。
海外に出ていくと、やはりあたり前ではない景色が広がります。日本とは異なる風景、町並み、人々。そんな中で今回は、海外で見かけるいろいろな製品にフォーカスして書いてみました。その中でも、インドネシアで安心して手に入る安心の製品の数々を今回はピックアップしています。
392【インドネシア紀行】もはや世界はAmazonだけではない。ここまで進んでいるインドネシアでのオンラインショッピング事情。
コロナ禍による自粛生活が長引くことで、一気に通信販売が一般化したかのように思います。それは日本だけに限った話ではなく、インドネシアでも同様の傾向が顕著になってきているのです。そんなに早く届くの?とも思いますが、私たちの想像を超えたほど発展を見せてきているのです。

インドネシアの紅茶

日本に住んでいると、一度は聞いたことはあると思います。
ジャワティーストレート
ジャワティーのジャワとは、インドネシアのジャワ島のこと。
となると、インドネシア産は紅茶の一大産地なのだろうな、ということが想像できることでしょう。
しかし、紅茶の世界的な生産地というとどこが思い浮かぶでしょうか?

まずは世界最大の紅茶生産国であるインドではないでしょうか。
生産量も最大ですが、その消費量も世界最大の国がインドなのです。
やはり、イギリスによる統治が長かった国であるために、紅茶を消費する文化が強く根付いていったのでしょう。
次に、高級な紅茶ブランドを持つ生産国であればスリランカも忘れてはいけません。
セイロンティーという名でも有名なスリランカの紅茶は、その国内の生産地ごとに異なった味わいをもつことで、紅茶愛好家に愛されている紅茶を生産している国なのです。
インド・スリランカときて、それに次ぐのはどこかとなると、中国そしてケニアなのです。
中国はあまりイメージがないかもしれませんが、紅茶以外のお茶も含めた生産量で見ると、中国はダントツで世界第一位なのです。
アフリカのケニアも実はお茶の生産が多いというのも意外に感じますね。

そして、これらの国々に次いで紅茶が生産されているのがインドネシアなのです。
実は今でこそこういった国々の後塵を拝しているインドネシアではありますが、第二次世界大戦前のオランダ統治時代には、インドやスリランカなどと肩を並べるほどの紅茶の一大生産国でした。
しかし、第二次世界大戦と、その後のインドネシア独立戦争などによってお茶畑が荒廃してしまったために、今現在、紅茶の生産がインドネシアにイメージが結びつかない状況になっています。

そんなインドネシアですが、現在ではジャワ島を中心にスマトラ島などでも生産が行われており、その生産量や輸出量は徐々にではありますが増え続けてきています。
インドネシアん紅茶はスリランカのセイロンティーに似た味わいであり、マイルドであっさりとした味わいが特徴であり、どんな人でも飲みやすいのだそうです。
渋みが強くはないのでアイスティーにしても飲みやすい紅茶なのだそうです。

インドネシアの代表的な紅茶

Sariwangi(サリワンギ)

インドネシアに行ってみて、どこでも見かけるトップクラスの紅茶がSariwangi(サリワンギ)でしょう。
コンビニからスーパーまで、どこでも見かけることができるこの紅茶ですが、日本でも購入することができますが、2000円前後になるのは当たり前の高級紅茶のように見えてしまいます。
しかし、インドネシアでは、一般の人々が愛好する紅茶のため、100円ちょいで購入できてしまう紅茶なのです。
そのため、インドネシア国内にいるとお土産になるのかなあ・・・と思ってしまうかもしれませんが、日本に持ち帰ってくると十分立派な高級紅茶土産なのです。


TONG TJI(トン・ティジェイアイ)

Sariwangiと並ぶほどよく見かけるのがこのTONG TJI(トン・ティジェイアイ)です。
これも現地では非常に安く手に入れることができます。
Sariwangiと同じで日本では高級品になってしまいますが。
Sariwangiとは違って、ジャスミンティーやライムティーなども主力の商品であったりするため、そのフレーバーの珍しさでも喜ばれるかもしれません。


いかがだったでしょうか。
こういったインドネシアの紅茶は、お土産としてそれ専門のお店では見かけません。
なぜなら、インドネシアの人々が、紅茶をお土産として贈ったりしないからです。
しかし、インドネシア産の紅茶のお土産としての潜在能力は相当高いものです。
インドネシアの人々はまだ気づいてはいないかもしれないのですが、インドネシア土産として持ち帰ってきたら、喜ばれることは間違いないでしょう。
世界でも、紅茶生産の重要な地位を占めつつあるインドネシア産の紅茶。
一度試してみてはいかがでしょうか。