784【旅ノウハウ】海外で病気になったとしたら・・・。日本と同じようにはいかない異国の地で、どのようにしたらよのでしょうか?

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

楽しい海外旅
何事もなくすべての行程が過ぎていくのがベストであることは間違いないですよね。
ところがふいに訪れてしまうのが海外でかかる病気
言葉もわからない。
医療保険もない。
そもそもどこにどんな病院があるのかもわからない。
まあ短期間だから大丈夫・・・、と思うかもしれませんがいつどこで何があるかわからないのが病気。
万が一の時のためにきちんと備えてから旅立つに越したことはありません。

今回はそんな海外で万が一の事態になった時のために、どのようにすればよいかを書いていきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 備えあればなんやら。海外でやってくる万が一の事態に向けて、最低限のことは知っておこう。

海外の旅先で病気になってしまったことを考えて

ある日突然自身を襲う病気
日本国内でならまだしも、その場所が海外であれば、とにかく焦ってしまいますよね。
「まあ、そんなことほとんどないでしょう。」
と思うかもしれませんが、ないと100%言い切れるわけではありません。
実際自分も回数は少ないですが、現地で病気になって焦ったことは何度かあります。
そんないざというときのために備えてから旅に出ることは非常に大切ですよね。

では、実際に旅先に行くときにはどのような備えをしていく必要があり、実際になってしまったときにはどのようにすればよいのでしょうか。

旅行用保険

これは必須ではないでしょうか。

海外旅先の病気で一番躊躇するのが、健康保険が適応されないこと。
ちょっとしたことでも病院にかかると、とんでもない費用が掛かってしまいます。
そういったときのことを考えると、旅行保険はマストなことでしょう。

数日程度の旅であれは、わずかな掛け金で加入することができます。
お守り代わりに加入しておくのはよいかもしれませんね。
また、旅先からでもその国に応じた適格な指示をもらうことができるので、その点も安心できるところでしょう。

また、クレジットカードに付帯している旅行用保険も便利です。
数日の旅であれば、クレジットカード付帯のもので事足りる場合が多いと思います。
旅の前に、付帯条件や対応できる金額、万が一の時の連絡先などをどこかにメモしておくと、いざというときに役立つことでしょう。

病院を探す

旅先にもさまざまな病院があります。
その中でもできれば、日本語対応が可能な病院をリストアップしておくのがよいかと思います。

大体どこの地域でもそのエリア内に1つは日本語対応が可能なところがあったりします。
それでもない場合は、最低限どこでも英語対応はしてもらえると思います。
現在は、口コミで様々な情報をあらかじめ入手することができます。
事前に入念にこの点は調べておくことがベストでしょう。

通訳をお願いする

海外の旅先での病院で困ることは言語
日本語対応ならまだしも、英語対応、さらには現地語対応となってくると、もはや太刀打ちできない事態になってしまうことでしょう。
日常会話レベルならいいとはしても、医療関係の専門用語が絡んでくるとなると、個人では対応は難しいですね。

そんな時には、単発で通訳をお願いできるところがないかどうかをあらかじめ探しておくことがよいかもしれません。
もちろん、通常に病院に行くことにプラスして費用がかかってしまうことは仕方ないことですが、正確に病状やその後の対応などを把握することができるようになるため、旅先での安心のためには必要なことかもしれませんね。

薬を用意する

必要最低限な薬は持参するのがよいでしょう。
海外の旅先でなりそうな症状に対応できる最低限のものは用意しておいた方がよいでしょう。

例えば、頭痛・腹痛・発熱・軽い外傷などなど。
海外でも薬は手に入れることができますが、日本で売られているものよりも内容成分が多いものがほとんどであったりする場合があります。
そのため、適切に自分に合ったものは、最低限は日本から持ち込んだ方が賢いかもしれません。

いかがだったでしょうか。
いざ実際に海外旅で病気になってしまったときには、思っている以上に焦ることになるかもしれません。
なかなか事前の準備でそこまで考えて備えておく、ということまでは気が回らないかもしれませんが、旅の準備ではそこまで考えておくことが快適な旅をもたらすことになるのかもしれませんね。

今回は短期旅についてのことを書いていったのですが、これあ長期になってくると話は変わってきます。
特にクレジットカード付帯の保険は、短期旅行に対応したものになっているので、旅の期間が長くなれば長くなるほど、きちんとした旅行保険を探して加入しておくことが必要です。
最近ではネットの旅行保険の方が手軽且つ安価に入ることができるので、旅の直前であったり、出発前の空港であったりしても、加入を検討しておくことが大切でしょう。