792【インドネシア紀行】日本ではなかなか食べる機会がないアヒル。そんなアヒルを堪能できる『ベベックゴレン』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約5分で読めます。

インドネシア語のゴレン(Goreng)とは、油で揚げる、油で炒めるという意味があります。
最も有名なのは、インドネシアのチャーハンであるナシゴレンではないでしょうか。
それ以外にも、インドネシアの焼きそばのミーゴレン。
インドネシアのフライドチキンのアヤムゴレン。
インドネシア独自のバナナ揚げであるピサンゴレンなど。
この〇〇〇ゴレンという名前ですが、素材+調理法でその料理の名前が出来上がるインドネシアの料理の名称ルールがあります。

今回はそんなゴレン料理の一つなのですが、べベックゴレンといいます。
料理名称のルールから考えると、このべベックというのが材料の名前になるのです。
べベックとはアヒルのこと。
つまり、フライドダックのことなのです。
しかし、このベベックゴレンは、インドネシア全域で食べることができるものではありません。
では、このベベックゴレンとはどのような料理なのでしょうか。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • インドネシアローカルの大人気料理ベベックゴレン。日本人も大好きな味付けのフライドダックを堪能してみよう。

インドネシアの食に関する記事です。

756【インドネシア紀行】あれ??KFC・・・ではなく??さあ、このフライドチキンチェーンは一体!?『CFC』
もはや国民食といってもいいほどフライドチキンを愛する人々がほとんどのインドネシア。インドネシアでもフライドチキンチェーン店でダントツの数を誇るのはKFC。しかし、それ以外にもフライドチキンチェーンは山のようにあります。今回は、その中でも最も気になったこのCFCとは何ぞや?について紹介していきたいと思います。
735【インドネシア紀行】さあ、世界的なチェーン店。インドネシアではどんな様子なのでしょうか『KFC』
インドネシアでも数多くのファーストフード店は存在しています。日本でもおなじみのファーストフード店であれば、マクドナルドにバーガーキング、A&W、吉野家やペッパーランチなどなどが日本で食べるのと同じ味を提供してくれています。そして、今回紹介しているKFCも同じくそんなインドネシアで提供されているファーストフード店なのです。
714【インドネシア紀行】インドネシアにあることはあるんだけど・・・なんか違う?『Mcdonald's』
インドネシアのマクドナルドは豚肉を使わないメニューを考えなければいけないというハードルがあるのです。ではインドネシアのマクドナルドとは、どのようなラインナップが展開されているのでしょうか。
510【インドネシア紀行】スマトラ産のカカオを用いて、インドネシア全土でお洒落なチョコレート製品を展開『Krakakoa』
インドネシア国内でも、国内産のカカオを用いて、それをウリにした企業がたくさんでてきているのです。今回紹介しているのは、そんなインドネシア産のカカオの中でもスマトラ産のカカオを主に使い、今ではインドネシア全土のカカオも取り扱っている『Krakakoa』です。
504【インドネシア紀行】日本の調味料は高い・・・、そんな中で家計にやさしい素晴らしいラインナップ『キッコーマンの調味料シリーズ』
値段をとるか、味をとるか・・・。といった選択肢しかなかったインドネシアのジャパニーズ調味料市場に光明が差し込んだのです。それは日本企業が現地に工場を作り、現地に卸すという方式をとった製品です。これであれば、現地生産なので配送コストもかからないから値段も安い。そんな製品がインドネシアでも登場したのです。
436【インドネシア紀行】インドネシア東ジャワ地方の名物スープ。黒い色とその味には秘密があった『ラウォン』
今回紹介しているのは、インドネシアの中でも東ジャワの大都市スラバヤが発祥といわれている黒いスープ"ラウォン(RAWON)"です。このスープ、黒いスープといいましたが、実際見てみるとびっくりするほど真っ黒。しかし、一口このスープを味わってみると・・・!!?
428【インドネシア紀行】インドネシア発のチョコレートブランド。まだまだ世界には様々なものが隠されていそうです『ダリK』
インドネシアにカカオのイメージがありませんよね。そこには理由があったのですが、その理由に目を付けたある日本の企業がインドネシア産のカカオに世界の目が向く動きを始めたのです。では、この日本の京都の企業『ダリK』は一体インドネシア産カカオのどこに注目したのでしょうか。
408【インドネシア紀行】インドネシアの汁物料理。優しい味が日本人好みな『ソト・アヤム』
インドネシアにももちろん国民食があります。日本でもおなじみのナシ・ゴレンやミー・ゴレンといったものは有名ですね。しかし、他に麺類や汁物が欲しくなってくると思います。そこで今回紹介しているのはソト・アヤムです。ソトはスープを、アヤムというのは鶏肉のことを言います。このソト・アヤムというのは、チキンスープなのです。
351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』
カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』
インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』
今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』
インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
215【インドネシア紀行】大豆が形を変える。もう一つの発酵食品のカタチ『テンペ』
インドネシアは日本と同じく大豆を積極的に摂取する国です。でまず有名な大豆加工食品はTahu(豆腐)があります。日本の豆腐とは異なり、酸味が強い味です。そして、もう一つ有名な大豆加工食品が、一時期日本でも健康食品として有名になったこともあるテンペなのです。
199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』
インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』
インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。
059【インドネシア紀行】世界第3位の産地で味わう、生カカオの味
インドネシアでカカオが収穫されているって知ってましたか?なかなか日本では知られていないこのインドネシア産カカオ。近年、その製造方法なども洗練されてきており、年々高品質なカカオが世界に向けて流通され始めていっているそうですよ。

ベベックゴレン

ベベックゴレンとはインドネシアローカルで大人気な料理の一つです。
べベックとはアヒルのことであり、その名の通りのフライドダック(揚げアヒル)料理なのです。
どこで食べられるのかというと、バリ島や、東ジャワのマランなどで有名な料理なのです。
ローカル料理なので、露店やベベックゴレン専門のお店などで味わうことができますが、インドネシアの人々が使うレストランや高級ホテルなどでも食べることができます。

ベベックゴレンは、アヒルの肉に香辛料などを配合した薄めの衣が付けられており、それを油で揚げたものです。
そうしてカラッと揚げられた肉と、ナシ(ごはん)、野菜が一緒に出されます。
現地の人々は、そこに辛さを加えるソースであるサンバルソースをつけて食べるのです。

日本人が多く訪れるバリ島の有名料理であるということで、さぞ食べたことがある人も多いのではないかと思いますが、そこはローカル料理であるため、自分から探しに行かなければ観光客向けレストランなどではなかなか見つからないかもしれません。
しかし、ベベックゴレンをターゲットにしてみると、食べられるところはすぐに見つかることでしょう。

ベベックゴレンの作り方

では、ベベックゴレンとはどのようにして作るのでしょうか。

まずはアヒル肉が必要です。
若いアヒル肉の方がいいようですね。
それを4つに切り分けてスパイスをまぶします。

使われるスパイスは、
・にんにく
・タマネギ
・ターメリック
・ショウガ
・塩
・レモングラス
・ライム
・ローリエ
といったものが一般的なようですが、地域やお店によっては多少の違いはあるようです。

切り分けたアヒル肉にスパイスをまぶしてコーティングしていきます。
しっかりとスパイスがなじんだところで170度ほどの油でそれを揚げていきます。
インドネシアの揚げ物の作り方は、日本のようにたっぷりの油の中に放り込むのではなく、少ない油を何度もかけながら作っていく方法をする人が多いように思います。

そして、アヒル肉がカラッと揚がればできあがり。
しっかりとした味を持つアヒル肉に、スパイスの風味が加わって何とも言えないほどおいしいベベックゴレンが出来上がります。

ベベックゴレンのお味

では、お味はどうなのか?

フライドチキンに比べると少し肉に歯ごたえがあることと、一緒に挙げてある皮の部分のゼラチン質が鶏肉に比べると厚いような感じがします。
しかし、香辛料などでしっかり味付けがされていることに加え、肉そのものにも噛めば噛むほどにじみ出てくるような肉の味があります。
そしてなにより、脂分が多いということも特徴です。
そのため、鶏肉よりもかなりジューシーな肉なのです。
フライドチキンが好きな人であればまず間違いなくこのベベックゴレンにハマることでしょう。
むしろ、素材の味が濃いこちらの肉の方が好きという人も多いかもしれませんね
日本ではなかなか味わえない素材なので、「どうしようかなあ・・・」と迷ってしまうかもしれないですが、そこでしか味わえないものであれば一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

一緒に食べるナシ(ごはん)ですが、普通のご飯もあるのですが、地域によってはココナッツミルクで炊き上げたごはんが付け合わせとして出ることもあるそうです。
日本人では少しその味付けが苦手な人もいるココナッツミルク。
ましてやそれで炊いたご飯となるとこちらもなかなか馴染みがないですが、せっかく地元に来ているのだから、地元の人々の食べ方をしてみるのも旅の醍醐味です。

いかがだったでしょうか。
日本でなかなか食べることができない素材は、まだまだ世界にたくさんあります。
日本ではなじみのないアヒルですが、中国で有名な北京ダックがあるように、世界的には一般的な食材です。
世界に認められた味ならば私たちが食べてもその味は間違いないでしょう。