809【沖縄紀行】この言葉を聞いたら、南国にやってきたなーという感じになる『沖縄の方言 うちなーぐち』

九州・沖縄地方(Kyusyu/Okinawa)
この記事は約4分で読めます。

「めんそーれ!」
沖縄に到着すると、耳にしたことがあるのではないでしょうか。
これは、「ようこそ!」という意味があるのですが、めんそーれの意味は分かったとしても、それ以外にも沖縄を旅していると、聞きなれない言葉を多く耳にすることと思います。
日本には全国各地に方言があるように、沖縄にも方言「うちなーぐち」があるのです。

ほとんど聞きなれない言葉が多いので、本気でうちなーぐちで会話をっされてしまうと、おそらく全くついていくことはできなくなることでしょう。
さらには、同じ沖縄県の中でも、本島の中でも異なる発音が存在したり、本島以外の石垣島や宮古島などの島ごとにも異なる発音があったりと、なかなかに難易度の高い言葉なのです。

今回はこの伝統的な沖縄の方言であるうちなーぐちについて調べていきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 沖縄を旅すると耳にするうちなーぐち。せっかく旅をするのだからうちなーぐちで挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

沖縄の方言「うちなーぐち」

うちなーぐちとは、沖縄で話されている方言であり、沖縄語や沖縄方言とも呼ばれています。
主に沖縄本島とその周辺の離島で話されています。
くわしく分類していくと、沖縄本島の中でも大きくは沖縄北部の方言と、沖縄中南部の方言とに分かれています。
その中でもユネスコでは、中南部の方言を沖縄語と呼んでおり、北部言語は国頭語とされています。
話者の数は100万人近く存在するのだそうですが、世代が若くなるにしたがってその話者の数は少なくなっているようです。

なお、この沖縄本島の方言以外にも、奄美や八重山などにも方言がありますが、各諸言語間では、お互いに意思疎通ができないほどの隔たりがあったりするのだそうです。

日本の方言の中でもかなり独特な方言であり、話者同士の会話となると全くと言っていいほど何を話しているかわからなくなるほどの方言でもあるのですが、その興りは琉球王国時代にまでさかのぼります。
琉球王国の時代に、15世紀ごろに琉球の地方豪族であった按司たちが、首里に集まった時に共通の言葉として話されるために作られたのが首里方言と呼ばれていました。
このような経緯からできてきた首里方言であったため、この方言は広く一般に使われた公用語ではなく、王族や上流階級のみで使われていた言葉であったため、庶民の間で用いられた方言ではありませんでした。

庶民の間で使われていた方言としては、那覇方言と呼ばれる方言でした。
那覇方言の方は商人たちなどの共通語によって、この那覇方言が広く一般的に使われるようになっていき、この那覇方言が地域共通の方言としての地位を確立していったのでした。
それに反して首里方言は用いられなくなっていきました。

そんな歴史のあるうちなーぐちではありますが、沖縄語をはじめ南西諸島による諸言語と共に世界の中でも消滅の危機に瀕している言葉であるとみなされています。

基本的なうちなーぐち

そんなうちなーぐちですが、どのような言葉があるのでしょうか。

最も有名なのが『めんそーれ』です。
これは「いらっしゃい」「ようこそ!」といった意味になるのですが、那覇空港に到着すると真っ先に見たり聞いたりする言葉であると思います。

次によく聞くのが、『はいさい』ですね。
沖縄の伝統的な歌などでもよく使われているこのフレーズですが、「こんにちは」という意味がある言葉です。

でーじ』という言葉もよく聞くのではないでしょうか。
これは「とても」という意味であり、「超~~」というニュアンスで使われています。
そのため、若者の間でもよく使われている言葉ですね。

最後に、『なんくるないさー』です。
これは沖縄の人々の気質にとても合っているような感じもする言葉ですが、「なんとかなるさ」という意味があります。
沖縄の人々のおおらかさを、古くから伝え続けている言葉の一つですね。

こういった沖縄独特の言葉は、沖縄料理の世界にもよく見られます。
うちなー料理ともいわれる沖縄料理ですが、もうすでに一般的になっているものもたくさんありますよね。
その代表格が『ちゃんぷるー』でしょう。
混ぜるという料理は、ゴーヤチャンプルーやソーミンチャンプルーなどのように、全国的に一般的な用語として定着してきたように思います。
(ちなみに、インドネシア語でもチャンプルーという言葉があり、混ぜるという意味があります。言葉からつながりを感じる事実ですよね。)

また、豚足のことをテビチと言ったり、ピーナッツを用いた豆腐であるジーマーミ豆腐など、料理の言葉の方が全国的にその地位を確立しているかもしれませんね。

いかがだったでしょうか。
どこだったか耳にしたことがあるうちなーぐち。
これを聞くと、沖縄の光景あ脳裏によみがえりますよね。
せっかく沖縄に行くのだから、現地の方言と触れ合ってみるのも、旅のいい思い出の一つになるかもしれませんね。