810【兵庫紀行】ユーゴスラビアではなくヒョーゴスラビア!?しかし、そのように呼ばれる理由はあるのです

近畿地方(Kinki)
この記事は約8分で読めます。

かつて世界に存在した多民族国家。
ヨーロッパの南東、南スラヴの5つの民族を1つのした国家ユーゴスラビアです。
現在では、セルビア・クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ・北マケドニアと別れてしまっています。
かつては、七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、そして一つの国家として、多様性を内包する国家として20世紀に存在していました。

今回は、そんなユーゴスラビア的な地域が日本にも存在する、というお話です。
現在の日本は47都道府県が存在しているわけですが、7世紀の律令時代から5つの律令国として存在し、今現在は一つの県として存在している都道府県があるのです。
その名を、ヒョーゴスラビアといい、兵庫県のことなのです。
北海道に次いでかつての律令国で見ると多くの地域が1つの都道府県になっている兵庫。
そのためか、兵庫県が今の形になって150年余りが経つにも関わらず、いまだにそれぞれの地域の主張が強い県となってしまっているのです。
そのような状態をユーゴスラビアになぞらえて、ヒョーゴスラビアというのですね。
今回は、そんな兵庫県の実態、ヒョーゴスラビアについて調べていきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 多民族融和の理想郷!?ヒョーゴスラビア。そこには、どんな地域性が存在するのでしょうか。

ヒョーゴスラビア

西日最大の貿易港である神戸を有する都道府県の一つ、兵庫県
大都市大阪近郊にあることもあって、都心部で働く多くの人々の住む県であるイメージが強い兵庫県ではありますが、近畿地方の府県の中でも最大の面積を持つ兵庫県は、南は瀬戸内海に面しているところから、北は日本海に面しているところまで。
多くの人口を抱える地域もあれば、過疎化の地域もある。
日本でも有数の工業地域もあれば、農業や林業が主要な地域。
水産業が有名な地域もある。
夏の暑さが厳しい地域もあれば、冬には豪雪地帯となって冬の厳しさを感じられる地域まで、一つの県の中に、あらゆる条件の地域が存在していることから、日本全体の縮図が兵庫県であるといわれるほどの県なのです。

そんな兵庫県が存在している地域には、かつて7世紀の頃から律令国として、5つの国が存在していました。
その5つの国とは、摂津・播磨・但馬・丹波・淡路の5つなのです。
この5つの旧国が1つとなった兵庫県。
もうすでに150年余りが経とうかというにもかかわらず、まだまだそれぞれの地域によって県民性が異なるといわれているのです。

そのため、兵庫県がヒョーゴスラビアと呼ばれるようになっているゆえんなのです。
この言葉の元になったのは、かつてヨーロッパに存在した国、ユーゴスラビアからきています。

七つの国境(イタリア・ハンガリー・アルバニア・ギリシャ・ブルガリア・オーストリア・ルーマニア)
六つの共和国(セルビア・モンテネグロ・ボスニアヘルツェゴビナ・スロベニア・クロアチア・北マケドニア)
五つの民族(スロベニア・クロアチア・セルビア・マケドニア・モンテネグロ)
四つの言語(スロベニア・クロアチア・セルビア・マケドニア)
三つの宗教(キリスト教(カトリック・正教会)・イスラム教)
二つの文字(ラテン・キリル)
一つの国家(ユーゴスラビア)

これを合言葉として成立していた多民族国家ユーゴスラビアですが、20世紀末に民族ごとにその分裂が始まり、現在では別れてしまっています。

しかし、ヒョーゴスラビアはまだまだ健在。

7つの県境(※大阪・京都・岡山・香川・徳島・鳥取・和歌山(海側から見ると入るのかな・・・!?)
6つの方言(摂津・播州・但馬・丹波・淡路・神戸)
5つの旧国(律令国)(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)
4つの新幹線駅(新神戸・西明石・姫路・相生)
3つの空港(伊丹・神戸・コウノトリ但馬)
2つの海(瀬戸内海・日本海)
一つの県(兵庫県)

(※これは一例ですが、いろいろなバージョンがあるそうです。)

このようにかつて5つの別の国だった地域が一つになった経緯から、他の県に比べても、兵庫県としての一つの県に対する帰属意識が小さいのではないかといわれており、兵庫県出身の人にどこ出身化を聞くと、『神戸』などのように、地域で答える人が多い所以となっています。

では、このヒョーゴスラビアの構成国それぞれの特徴について書いていきたいと思います。

ヒョーゴスラビアの構成国

摂津

現在の兵庫県の県庁所在地である神戸を抱える摂津は、兵庫県の中でも最も栄えている地域であり、おしゃれな港のイメージや、芦屋の高級なイメージなどがついているため、神戸出身の人であればかならず、出身は神戸と答えるほどなのです。

神戸の港や芦屋以外にも、高校球児たちの聖地である甲子園球場や、長い歴史のある温泉地である有馬温泉、今もなお人々のあこがれであり続けている宝塚大劇場など、兵庫県を代表する場所や建物などもこの摂津の地域に存在しています。

808【兵庫紀行】地元の名産品が山盛り。ここに行けば掘り出し物が必ず見つかるはず!!『道の駅 いながわ』
今回紹介するのは兵庫県河辺郡猪名川町にある道の駅いながわです。兵庫県の阪神間にある唯一の道の駅である道の駅いながわですが、年間の利用者が約70万人という、なかなかに人気のある道の駅となっています。では、道の駅いながわにはどのような見どころがあるのでしょうか。
248【兵庫紀行】伊丹駐屯地の桜の通り抜けで、普段は入れない駐屯地を見てみよう
自衛隊の基地である兵庫県の伊丹市にある陸上自衛隊伊丹駐屯地では、定期的に駐屯地内の見学会やイベントが行われています。 そして、春先には駐屯地内に咲き誇る桜を目玉とした、桜の通り抜けが行われるのです。

播磨

5つの地域の中でも最も大きな面積を有するのが播磨です。
東側は神戸などと近いため、摂津地域との結びつきが強くなっていますが、西側になると岡山県と隣接しているため、東西で雰囲気が異なってくる傾向があるのだそうです。

そんな播磨の中で最も大きな都市が、世界遺産の姫路城を有する姫路です。
この姫路を中心に、明石海峡大橋を抱える明石、赤穂浪士のお話で有名な赤穂などを抱えていることも特徴です。
また、そうめんの代表的ブランド揖保乃糸、塩の代表的ブランド赤穂の塩など、食べ物関係でも全国的に有名なものが存在しています。

兵庫県に編入されたのが遅かった播磨ではありますが、日本を代表す歴史や伝統、地場産業を有する地域として、現在の兵庫県を強く支える地域なのです。

675【兵庫紀行】知っていますか?もう一つのたこ焼き。もはやこれは軽食ではない『明石焼き』
関西にはさらなるたこ焼きが存在しているのはご存じでしょうか?それこそが、兵庫県は明石の名物『明石焼き』です。関西圏ではメジャーな存在ですが、他地方からすると、明石焼き??となるかもしれません。こちらもたこ焼きはたこ焼きなのですが、素材から製法、食し方まで大阪のそれとはかなり異なるのです。
453【兵庫紀行】誰もがまずは思い浮かぶであろう赤穂浪士の城『赤穂城』
今回も兵庫の城ですが、日本人であればだれもがよく知っているあの事件にかかわる人々の城です。自分たちの主君を死に追いやった憎き敵をうつために、家臣たちが力を合わせその無念を晴らす、そんな赤穂浪士の話の登場人物たちの居城であったのが赤穂城です。
354【兵庫紀行】日本初の世界遺産であり、真っ白な姿が美しい魅せる城『姫路城』
姫路城は江戸時代初期の、まだ西国の大名たちが油断できない時期に建てられたこともあり、城の造りとしては戦いのための城になっていることも特徴です。そのため、実際に姫路城に訪れて見ると、天守は見えているのになかなかたどり着けない。。。入り組んだ工夫が盛りだくさんの構造となっているのです。
317【兵庫紀行】西国へ向かう東西交通の要所であった重要拠点『明石城』
江戸幕府にとっては、明石の地は西側諸国を監視・支配するためにはかなり重要なポイントでした。そのため、この明石の地を幕府の重要拠点としようとすることも自然な考えですね。そこで、ここに設けられたのが今回紹介している明石城なのです。

但馬

兵庫県の北部に位置し、鳥取や京都などとのつながりが深いのが但馬の地域です。
瀬戸内海側の摂津や播磨とは一転して、日本海に面する冬は豪雪地帯。
豊岡の街を中心として栄える但馬地域は、人口としては多くはありませんが、観光として訪れる地域としてのイメージが大きいかもしれません。

外湯巡りで有名な城崎温泉から、出石城の城下町、天空の城で有名な竹田城跡などを有しています。
また、冬になれば日本海で採れるカニが有名ですし、出石そばも有名ですね。
また、高級牛肉である神戸牛も、元をたどれば但馬産の但馬牛に行きつきます。
このように、兵庫県の中でも独特の気候風土をもった地域がこの但馬なのです。

5つの国の中でも、大阪からは最も離れているため、少し大阪とお隣さんという感覚は薄いようです。

636【兵庫紀行】長い歴史を持つ老舗温泉郷。外湯めぐりが非常に楽しい『城崎温泉』
今回は、兵庫県の北の端にある由緒ある温泉地を紹介していきたいと思います。その場所は、城崎温泉であり、その歴史は平安時代以前から1300年以上もの歴史があるといわれている日本を代表する温泉地の一つです。
340【兵庫紀行】但馬国を治め、時代によってその場所が移された『出石城・有子山城』
今回紹介している城は、2017年に続日本百名城に登録された城です。ここの城は他の城とは登録とは違った形で登録されています。山頂にある山城の有子山城と、山麓にある出石城とがセットで登録されているのです。
169【兵庫紀行】元祖日本のマチュピチュ。天空の城跡ブームはここから『竹田城』
竹田城は、兵庫県朝来市にある山城の城跡です。近年、日本のマチュピチュとして一躍有名になった城ですね。城跡そのものも、鳥が羽根を広げた形に曲輪が配置されているの非常に美しい城跡ですが、運が良ければ早朝に見ることができる竹田城の雲海の光景も非常に有名ですね。
140【兵庫紀行】銀山といえば世界遺産の石見銀山ですが、兵庫にもあるのです『生野銀山』
日本ではその昔、鉱山資源が豊かに採取できた時代がありました。そのため、現在でも各地に鉱山跡が残っているのですね。その中でも兵庫県朝来にある生野銀山は、常に権力者の直領として保護されるなど、有数な銀の採掘ができる場でした。そんな生野銀山に突撃してみたいと思います。
078【兵庫紀行】日本のマチュピチュ竹田城で、和風旅館体験してみませんか?『ゲストハウス天空』
日本のマチュピチュとして有名な兵庫県にある天空の城 竹田城。CMで一躍有名になりましたね。そんな竹田城の麓に2017年すてきなゲストハウスがオープンしました。その名も”ゲストハウス天空”。古い家屋をリノベしたゲストハウスですが、そこにはラグジュアリーな体験が待っていたのです。 
028 【兵庫紀行】レトロな温泉街、城崎温泉。外湯めぐりとあわせて楽しむ旭遊技場のレトロ遊戯
兵庫県北部にある昔ながらの温泉街、城崎温泉。夜の城崎温泉には、湯上りに楽しめる施設がたくさんあるのです。こんな楽しみ方はいかがでしょうか?

丹波

摂津の北にあるのが丹波であり、現在は丹波市と丹波篠山市とがあります。
この丹波なのですが、現在は兵庫にある地域ではあるものの、現在の兵庫と京都とにまたがっている地域に存在していたため、今でもなお京都なの?と思われることが多い地域なのだそうです。

この丹波を代表するのが篠山城でありその城下町です。
当ブログでも何度も紹介していますが、今もな歴史の面影を強く残す地域ですね。
さらには食べ物もこの地域は有名であり、丹波の黒豆、丹波栗、鯖寿司など、ここでしか食べられないものが数多くあったりします。

また近年では、古い家屋などをリノベーションして若者が新たな街づくりに取り組んでいることもあり、おしゃれな田舎というイメージも強くなってきているのです。

669【兵庫紀行】日本最古級の木造裁判所の建物を生かした美術館『丹波篠山市立歴史美術館』
今回紹介する現在は美術館として利用されている建物もそんな篠山の歴史を感じさせる場所なのです。木造建築のこの立派な建物は、現在は丹波篠山市立歴史博物館となっています。しかしこの立派な建物、もともと美術館を目的として建てられたものではありませんでした。なんとここは、日本最古級の木造裁判所だったのです。
202【兵庫紀行】西国へ向かうための要所に建設された『篠山城』
篠山城は1609年に徳川家康によって築かれた城です。江戸期に造られた城ということで、大規模な天守があったわけではなかったのですが、西国監視と篠山の町を治める城郭として、まとまった縄張となっています。
178【兵庫紀行】古くからの武家屋敷が立ち並ぶ『御徒士(おかち)町武家屋敷群』
兵庫県丹波篠山市にある、篠山城城下町には、江戸時代に造られた築200年の武家屋敷群が残されています。これらの武家屋敷群は、御徒士町武家屋敷群として、一般公開されています。江戸時代の武士の生活とは、どのようなものだったのでしょうか。
168【兵庫紀行】伝統的な酒蔵見学をいつでもできる『鳳鳴酒造 ほろ酔い城下蔵』
丹波篠山の地には、今もなお昔ながらの酒造りを続けている製造元『鳳鳴酒造』があります。そんな鳳鳴酒造は、昔ながらの清酒造りを気軽に見学できる築200年以上の江戸時代からの建物を利用した施設『ほろ酔い城下蔵』を2001年から公開しています。
126【兵庫紀行】古き城下町丹波篠山の町中にある『大手食堂』 ここでしか食べられない絶品メニューが!
『食』の名産地丹波篠山にある食事処『大手食堂』。一見するとただの食事処な佇まいではあるのです、提供されるメニュー一つ一つのクオリティが非常に高い食事処なのです。有名なぼたん鍋や丹波篠山牛、山の芋など、ここだけで、丹波篠山のウマいものが堪能できますよ。
011 【兵庫紀行】城プロにも!?隠れた天空の城『黒井城跡』
わきみち城シリーズスタート!もう一つの天空の城を紹介。今年の大河ドラマで少し人の入りが多くなるかも!?

淡路

最後が、淡路島にある淡路です。
明石海峡によって陸路でのアクセスが可能となったため、非常に利便性が高まりましたね。
全体的には山がちな島ではありますが。数多くの公園などが造られているため、兵庫の中でもリゾート地のような雰囲気を味わうことができるのです。

そんな淡路の有名な場所としてはやはり南北に存在する橋です。
明石海峡大橋と鳴門海峡、そして大鳴門橋と、大海にかかる橋から眺める光景は淡路ならではでしょう。
農産物として有名なのはたまねぎ。
淡路に行くといたるところでたまねぎを用いた食事に巡り合うことができます。

429【兵庫紀行】模擬天守としては日本最古。大阪湾の絶景を望む『洲本城』
淡路島には、とある城跡が残されています。淡路島の東海岸、大阪湾に面したこの場所に、洲本城跡があります。洲本城は、山上にある上の城と、麓にある下の城とが分かれて存在しており、上の城には天守がそびえてっています。この天守ですが、これはこれでなかなかの歴史のあるものなのです。
016 【兵庫紀行】ごろっと丸ごとふくカフェの、衝撃の淡路島カレー
カレーを求めて兵庫県は淡路島へ。古民家カフェで提供される、淡路島の特産をふんだんに使ったご当地カレーを食してきました。



いかがだったでしょうか。
兵庫という一つの県でありながら5つの異なる顔を見せるヒョーゴスラビア。
このことを知ってから兵庫への旅に行ってみると、様々な楽しみ方のプランを練ることができるのではないでしょうか。

最近では、兵庫県公認でU5Hプロジェクト(ユナイテッド・五国・オブ・兵庫)なるものが経ちあげられるなど、ヒョーゴスラビアであることを逆手に取ったような地域おこしが行われていたりします。
これからもっと、このヒョーゴスラビアという言葉が一般的になってきて、兵庫の楽しみ方も広く知られることになるかもしれませんね。