811【奈良紀行】奈良産のとれたて市はいかが!?生駒山のふもとの小さな道の駅『道の駅 大和路へぐり』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約4分で読めます。

今回は道の駅について紹介していきたいと思います。
今回の道の駅は、奈良県にある道の駅であり、生駒山のすぐ東の麓にある『道の駅大和路へぐり くまがしステーション』です。
道の駅といえば、その地域の地域振興として、地元の名産品などがたくさん販売されているなどして、いつも地元の人々や旅で訪れた人々によってにぎわっています。

さらには奈良県というととにかく歴史的な場所が連なる土地柄。
平群(へぐり)の周囲でも、百人一首や万葉集などにも歌われた場所があるほどの場所なのです。
この道の駅を中心にしながら、周囲に数多くある寺院めぐりや古墳めぐりなどに旅立ってみてはいかがでしょうか?

今回は、この奈良県にある道の駅、大和路へぐり くまがしステーションについて紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 奈良県に入ってまず最初に見えてくる道の駅。ここを起点にして奈良観光に出かけてみよう。

奈良県に関する記事です。

826【奈良紀行】こだわりたまごで、濃厚な卵かけご飯はいかが?『リーフマウンテンエッグ』
玉子ぉ・・・??ありふれた食べ物であり、数百円出せば簡単に手に入る玉子。その味に感動したことがありますか??うーん、まあこんなもんでしょ。というのがほとんどの方の感想ではないかと思います。しかし、そんないつも食べている玉子だからからこそ、違いが一目瞭然でわかるのではないかと思います。
817【奈良紀行】近畿の大人気の巨大な道の駅。地域振興に留まらないテーマパーク的な『道の駅 針テラス』
道の駅は数あれど、これほど巨大な道の駅は他にはないでしょう。それもそのはず、西日本で最大級の道の駅であり、旅の経由地としてではなく、むしろここを目的地として多くの人々が訪れるほどの道の駅なのです。その道の駅の名を『道の駅針T・R・S(はりテラス)』と言います。
633【奈良紀行】なぜ柿の葉に??もちろんそれには大きな意味があるのです『柿の葉寿司』
日本には他にもいろいろなタイプの寿司があります。今回はそんな様々な寿司の中から、近畿地方を中心に有名である柿の葉寿司というものを紹介したいと思います。なんですそれは?となってしまうかもしれませんが、この寿司はその名の通り、柿の葉で包んだ寿司なのです。
627【奈良紀行】誰がこんな山の上まで??だけどいつも予約でいっぱいの山の上のピザレストラン『山岡ピザ』
今回はとあるピザレストランについてです。このレストラン、どこにあるのかというと・・・狭く急こう配な坂道を上ったとある山の山頂にあるのです。実際に行ってみると、行くまでの道のりがすさまじく大変です。県は生駒山山頂にある山岡ピザは、その味はもちろんのことながら、その立地でもある意味で有名なピザレストランなのです。
609【奈良紀行】関西圏の人々は何度も何度もCMで見たことがある温泉施設『天然大和温泉 奈良健康ランド』
関西在住であれば一度は見たことがあるのではないかというCM。『奈良 健康 ラ~ンド♪』結構昔からやっているなあというこの場所。気にはなっているけれど、行ったことがあるという人は奈良在住以外であればほとんどがそうなのではないでしょうか。
262【奈良紀行】大和の地にあり、大阪や京都へも近く、軍事や政治の要衝だった『郡山城』
奈良県は、長く歴史の中心にあって、当時の有力な武将たちによって様々な歴史を動かすようなできごとが繰り広げられてきた地であります。そして、この奈良には、豊臣秀吉の治政の時代、その弟豊臣秀長が城主として大和・紀伊・和泉100万石の中心であった郡山城があります。
148【奈良紀行】日本の山中にまさかのアンコールのような古代遺跡!!?『高取城』
今回は奈良県にある高取城を取り上げます。奈良県の城といえば郡山城の名前が良く上がるのですが、実は奈良県には百名城にも登録されている、日本でも最大規模の面積を誇った山城があったのです。しかも山林に囲まれた城の様子はまるで・・・!?
079【奈良紀行】南北朝時代築城の宇陀松山城と親子丼?の旅
奈良県宇陀市にある宇陀松山城跡。現在は、遺構が残されていますが、現在はハイキングコースの雰囲気です。城巡りついでに、宇陀の町散策はどうでしょうか。地元の美味い食材がたくさんありましたよ。城巡りと合わせて楽しめる町並みがそこにはありました。

道の駅大和路へぐり くまがしステーション

大和路へぐり くまがしステーションは、奈良県にある道の駅です。
現在の奈良県平群(へぐり)という場所にあるのですが、この場所は古くから平群谷と呼ばれる場所になっています。
西側に広大な生駒山地が連なり、東側には矢田丘陵がある谷の部分にある町です。
大阪側からも、十三峠や暗峠などといった古来からある峠を通って奈良に入ると、まず真っ先に訪れることであろう道の駅なのです。

これほど都市部から近くにあるにもかかわらず、この平群の地は豊かな自然に囲まれており、地元の特産品である野菜や果物、花類などがこの道の駅には持ち込まれ、毎日のように多くの人でにぎわっています。
これほど多くの自然豊かな地であるということで、古くからこの辺りは多くの人々から愛されてきた場所なのです。
起伏ある山々を彩る自然の美しさは、多くの人々を魅了し続けてきたことなのでしょう。
そのことは、日本の伝統的な百人一首や万葉集などにも歌われていることからわかります。

嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は
 龍田(たつた)の川の 錦なりけり

能因法師によって詠まれたこの歌に出てくる三室山がすぐ近くにあり、道の駅のすぐ裏側を竜田川が流れているのです。
そのような歴史的な経緯からも、この周囲には多くの見どころがあるのです。
40ある寺院、22ある神社、そして64ある古墳の数々と、名所・旧跡と呼ばれるところがとにかくたくさん存在します。
これほどたくさんの見どころがあり、それを巡る旅の起点になりえるのが道の駅大和路へぐり くまがしステーションでもあるのです。

アクセス

国道168号(平群バイパス)沿いにあります。
近鉄生駒線の竜田川駅、平群駅どちらからも徒歩15分ほどの場所にあります。

道の駅大和路へぐり くまがしステーションへ行ってみた

それでは、道の駅大和路へぐり くまがしステーションへと行ってみましょう。

今回はあまり写真がないのですが、こちらが道の駅大和路へぐり くまがしステーションです。
休日に訪れたこともあって、道の駅の建物の前にも多くの店やキッチンカーが出店していました。

この道の駅の見どころは、まずは何といっても各種名産品の販売所です。
毎朝とれたての品々が届けられる『とれたて市』、地場の特産品が並べられた『特産品販売』。
2つの直売所では、数多くの品々が並べられているのです。
奈良県の特産品であるいちご『古都華』をはじめ、ブドウやベリーといった果物類や、葉物野菜やシイタケなど、とれたての新線な食べ物が数多くあり目移りがしますね。

道の駅内にはレストラン『hanana』もあります。
ここでは、とれたて市に並べられているような平群産の野菜を使用して、素材の味を生かして作られたとれたてランチが有名です。
自家製の特製カレーや、奈良県の地鶏である大和肉鶏を使った親子丼。
ならさんのいちごである古都華をつかったスイーツなど、盛りだくさんのメニューが旅人を待っています。

建物の外もにぎわっており、ソフトクリームや期間限定で古都華スイーツを提供しているできたて工房をはじめ、地元の名物の豆腐屋コーヒースタンド、果物店などが出店しています。
休日になるとキッチンカーもやってきて、さらに賑わいを見せています。

いかがだったでしょうか。
ぶらり旅の起点になる全国各地の道の駅。
地元産の様々な農産物などが手に入るのが道の駅の良さであり、様々な情報を手に入れるにはぴったりの場所です。
歴史的な名所が盛りだくさんの平群に訪れる際にも、ここで周辺の情報をしっかりと入手してから、数々の名所に訪れていきたいですね。