846【旅ノウハウ】dポイントをためながら電子書籍を利用したいときは『dブック』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

巷に数多くある電子書籍サービス
電子化された書籍の数もかなり多くなってきたため、実際に書籍を買わなくても電子書籍だけで何とかなることがほとんどになってきました。
補完の場所をとならくてもよく、どこにでも持ち運ぶことができる電子書籍は、通勤通学時のお供から、旅に出たときにも大変便利に使うことができるようになってきています。

そんな電子書籍の中でツートップをなしているのがKOBOとKindleではないかと思います。
両サービスとも数百万冊以上の書籍を有しており、この2つを使っていればほとんどの場合事足りるのではないかと思います。

では、これら以外にも数多ある電子書籍サービスはどうなのでしょうか。
今回紹介している電子書籍サービスの『dブック』もそんな電子書籍サービスの一つです。
品ぞろえは前述の2つのサービスに比べるとまだまだなものの、dブックならではの点もあるため、使っていて損はしないサービスなのです。
今回はこのdブックについて紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ドコモ利用の人も、そうでない人も、dブックならではのメリットを利用して、賢く電子書籍サービスを使ってみよう。

旅のガイドブックに関する記事です。

805【旅ノウハウ】電子書籍サービスといえば、その代表的なものはこれではないでしょうか『楽天ブックスとKOBO』
あくまで電子書籍を読む媒体として特化した電子書籍リーダーとしては、この2大電子書籍サービスは誰もが使っているのではないでしょうか。それが、楽天が提供するKOBOと、Amazonが提供するKindleです。この2つを導入しておけば、ほとんどの書籍は読むことができますよね。
780【旅ノウハウ】メジャーじゃないかもしれないけれど、思い出に残る旅がしたいなら『ちょこ旅シリーズ』
今回紹介している本は、旅について書いた本ではあるのですが、旅行ガイドではなく、筆者が体験してきた旅を緩ーく紹介しているイラスト付きのエッセイマンガなのです。それは、ちょこ旅というシリーズなのですが、Amazon Unlimitedで出会ったこの本。全編イラストで、筆者が旅した旅の様子を紹介している本なのです。
759【旅ノウハウ】日本では地球の歩き方だけど、世界一はというとこの本『ロンリープラネット』
世界で一番のシェアを誇る旅行ガイドブックといえば何なのでしょう。それは、『ロンリープラネット』といいます。おそらく、海外旅に出て、他の旅行者の人たちが持っているガイドブックを見てみると、それはロンリープラネットであることがほとんどではないかと思います。日本にやってきている海外からの旅行者が持っているのもロンリープラネット多いですね。
738【旅ノウハウ】海外旅で、現地の言葉がわからないときにはこれは必須『旅の指さし会話帳』
おそらく近い将来には同時翻訳のガジェットが普及するはずですが、そんなものがなくても、言葉を知らなくても、現地の人々と最低限やり取りができる最適なツールがあるのです。それこそが今回紹介している書籍『旅の指さし会話帳』です。
717【旅ノウハウ】週末のちょい旅にちょうどいい、小さくて軽いガイドブック『ことりっぷ』
旅のガイドブックですが、全ての読者に向けて作られたものではなく、ある特定層に向けて作られたシリーズも数々存在してきています。今回紹介する『ことりっぷ』もそんな特定層に向けて作られたガイドブックです。
108【旅ノウハウ】旅ガイドブック『地球の歩き方』の歩き方
海外旅のお供といえば『地球の歩き方』がぱっと思いつきますよね。一昔前であれば、これを片手に旅をしたものですが、近年はずいぶん旅のスタイルも変わってきました。しかし、まだまだ地球の歩き方の活用し処はあるのではないでしょうか。

dブック

電子書籍サービス『dブック』は、NTTドコモが提供している電子書籍サービスであり、約60万冊を取り扱っている電子書籍サービスです。
KindleやKOBOと比べると、取り扱っている書籍の数ではかなり少なくなはってしまうのですが、dブックならではのサービスもあるため、多くの人々によって利用されているサービスとなっています。

NTTドコモが提供しているため、ドコモ回線と支払いを一本化したりといったドコモユーザだけへのメリットもありますが、それ以外であれば他キャリア利用のユーザでももちろん使うことができるサービスなのです。

dブックのメリット

dブックの特徴としては、漫画作品が充実していること。
もちろん総合的にいろいろなジャンルの書籍を取り扱っていますが、その中でも漫画作品の多さには驚かされます。
では、そんなdブックならではのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。
最もdブックならではのメリットとして考えられるのは、漫画が無料で丸ごと試し読みができるところです。
その数何と常時3000冊以上という量を誇っています。
実際の書店に足を運ぶと、気になった表紙、気になったタイトル、POPでの宣伝などなど、いろいろな情報をもとに買いたい本を選ぶわけですが、電子書籍の場合はそうはいきません。
そこで、厳選された無料で読める本から入ることによって、続きが読みたくなるように誘導するのは電子書籍サービスでは定石です。
そんな無料で読める作品がたくさん用意されているのがdブックなのです。

そしてもう一つのメリットがdポイントが貯まる点です。
最近であれば貯めたり使ったりできる場所が非常に増えてきたdポイント。
ドコモユーザではなくても使うことができるポイントであるため、多くの人が使うことができるポイントサービスの一つとしてかなり認知度が上がってきていますね。
もちろんポイントを貯めることもできますし、dブックの支払いに使うこともできます。
また、他のドコモサービスである雑誌詠み放題のdマガジンや、オンデマンドサービスのdTVなども併用すると、ポイント還元率が跳ね上がったりもします。
普段利用しているサービスをドコモ提供サービスに一本化することで、ざくざくとポイントを稼ぐことができてしまうのです。
また、各種フェアや、キャンペーンなどで大量にポイント還元されるタイミングが評判であるようなので、定期的にチェックすることで賢くポイントを貯めることができるようになるのです。

そんなメリットが多いdブックのサービスなのですが、やはり作品数が少ないのはデメリットになっている点もあります。
人気作品などは見つかることが多いかもしれませんがコアな作品はない場合が多いかもしれないので、他の電子書籍サービスも併用しながら、という使い方にはなってしまうかもしれませんね。

いかがだったでしょうか。
世間に数あるポイントサービス。
今の世の中、どこかに一本化して賢く貯めるのが賢い消費者である一つのポイントかなと思われます。
そんなポイントサービスの中でも力のあるdポイント。
dポイントを利用できる今回のdブックのようなサービスを積極的に利用することで、さらに賢くdブックのサービスに利用することができるなどと、そこにはメリットのある好循環が生まれてきます。
便利な電子書籍サービスを、賢く購入する。
それは、現代を生きるものとして、賢い消費者の在り方かもしれませんね。