878【食巡り】改めて考えてみよう。世界各国で愛される『世界の麺料理』

食巡り(Food/Makanan)
この記事は約4分で読めます。

みんなが大好きな麺料理
日本には数多くの麺料理がありますよね。

うどん
そば
そうめん
にゅうめん
焼きそば
ラーメン

これに日本各地の麺料理が加わると、本当にとてつもない数の麺料理が日本にはあることがわかります。

さらに世界に目を向けてみると、世界各国にもそれぞれの国々に麺料理が根付いていることがわかります。
では、世界にはどれぐらいの麺料理があるのでしょうか?
今回はそんな世界の麺料理について調べてみることにしました。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • どんな国にも必ずある。世界中の人々が愛してやまない麺料理の数々はこれだ。

世界の麺料理

もはや日常食でもある麺料理。
日本には本当にたくさんの麺料理があります。
うどんやそばはもちろん、日本に伝わって独自の進化を遂げているラーメンやパスタなど数多くありますよね。
そこに地元それぞれのアレンジが加わっていくと、もはやすべてを食べきることはできないほどの種類があります。
さらにそこから世界中で親しまれている麺料理まで選択肢に入れていれていくと、一生ですべてを味わうことはもはや不可能ではないでしょうか。

だからこそ、どうしてもこれは試してみたい!という麺料理をターゲットにして世界を旅して、その麺料理に行きついてみたいものです。
そんな世界の麺料理ですが、どれぐらいの麺料理が世界にはあるのでしょうか?
世界に数ある麺料理の中でも、日本でもなじみの味になりそうなものを見ていってみましょう。

フォー:ベトナム

最近は日本でもかなりよく見かけるフォー
非常にやさしい味の麺料理としても有名ですよね。
鳥や牛から取った出汁に、米で作った細麺。
そして、仕上げには山盛りのパクチーをのせて完成。
そこにどのような具が入るかはお店次第、そして食べる人次第。
香草は食べる人が調整できるので、お好みで。

ミー・ゴレン:インドネシア

インドネシアの大衆食、ミー・ゴレン
ミーは麺という意味で、ゴレンは炒めるという調理方法を表し絵います。
どんな料理なのかというと、要は焼きそばです。
インドネシアの甘いソースで味付けをした焼きそばであり、お好みでサンバルソースを使って辛さを調節して食べます。
ほとんど日本の焼きそばとそっくりなので、食べやすいですよ。

パッタイ:タイ

タイの焼きそばです。
日本の焼きそばと違う点は、米粉でできた平面を使うことと、魚醤であるナンプラーで味付けをしていること。
麺のもっちりとした食感と、甘辛く、酸味もある独特の味に食が進みます。
タイ定番の屋台料理なので。タイのどこでも見つけることができる大衆食の一つです。

カオソーイ:タイ

こちらもタイの麺料理ですが、タイの北部であるチェンマイ発祥とされる麺料理です。
簡単に言うと、タイカレーラーメンです。
ココナッツベースのカレースープに、小麦粉で作られた麺、さらにスープの上に揚げ麺をのせ、香草たっぷりにしあげます。
タイ料理なのですが、辛さはそれほどではないので、誰もが楽しめる味になっています。

冷麺:韓国

日本にも冷麺はありますが、こちらは韓国の冷麺です。
そば粉と小麦粉、でんぷんを用いた腰の強い麺を使い、冷たい牛骨でとったスープと水キムチとをミックスしたスープの中に入れて食べます。

ラクサ:シンガポール・マレーシア

ラクサは、米を使って作られた麺を使った麺料理です。
ラクサのスープの特徴は、魚介系出汁だということ。
エビの殻や魚、小エビの塩辛などを用いて基本となる出汁を取ります。
そこに、ココナッツミルクと各種スパイスやハーブ類を入れることによって、複雑で奥深い味わいが出来上がります。
ラクサのルーツは、中国で誕生した米の麺料理であり、これがマレー半島のスパイス類とであったことによってこのラクサが誕生したのでした。

刀削麺:中国

世界の数多くの麺料理の発祥でもある中国。
その中国には多くの種類の麺料理がありますが、その中でも最近よく見かけるようになってきたのが刀削麺ではないでしょうか。
その名前のように刀のような包丁を使って記事の塊から麺を切り落とす独特な使い方をします。
そうして出来上がった麺をスープと共にいただきます。
つくり方からしてわかるように、麺の太さや長さはバラバラ。
他にはない独特な麺料理ですね。

パスタ:イタリア

イタリア発祥のパスタは、今では世界中で愛されている麺料理です。
日本にも明治時代に伝えられたとされ、日本独自の味付けが施され、独自のメニューも誕生していますよね。
日本のみならずどこの国にも普及しており、幅広い味付けができることがパスタの特徴です。
一説には世界中で300種類以上もあるといわれています。
また、麺の形状も多彩であるのがパスタの特徴。
麺タイプのほかにも、様々な形をしたものがあります。

いかがだったでしょうか。
今回は世界の麺料理の一部を紹介してきましたが、まだまだ名前も知らないような麺料理も世界には存在します。
第二弾ではもう少しディープな麺料理も紹介していければと考えています。