907【北海道紀行】サッポロビールの歴史はここから始まった。見学観でその歴史をたどってみよう『札幌開拓使麦酒醸造所』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

日本の最北端にある北海道。
明治期になって開拓使が多く入り、北海道独自の気候を生かして様々な産業が開発されていました。
そんな数々の産業の中で、北海道で始められたものの中の一つに、ビール製造があります。

ビール製造というと、その原料の調達がまず必要です。
大麦やホップといったビールの原材料を安定的に調達する必要があります。
また、その製造には低温環境の中で発酵させ熟成させていかなければいけいない必要があるため、北海道はこういったビール製造に必要な条件がそろっている場所なのでした。
そのため、日本のビールはこの北海道から始まったともいえるのです。

そんな日本のビール製造が始まったのは今から約150年前。
そして、その伝統は現在のサッポロビールへとつながっているのです。
そんなサッポロビール発祥の地にあるのが札幌開拓使麦酒醸造所なのです。
元々はビール製造工場であったこの建物。
現在は無料で見学できる見学館となっています。
実際にビール製造で使われている設備などを見ることができるこの小さな見学館を今回は見に行ってみましょう。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 札幌のビールの歴史はここから始まった。ショッピングモールの一角に残る札幌開拓使麦酒醸造所を見に行ってみよう。

北海道絡みの記事です。

993【北海道紀行】頼んでからしっかり握ってくれるおにぎり屋『おにとこ』
今回紹介しているそんなおにぎり専門店は、北海道の札幌にあります。海産物や畜産物が盛りだくさんな北海道では、何を選んでもハズレのない食べ物だらけです。そんな北海道では農産物も一味違うものが盛りだくさんです。そして、それは米も例外ではないのです。
991【北海道紀行】昭和の時代、札幌観光の中心の一つとして街を支えてきた『さっぽろテレビ塔』
近年では、マンションやビルなどの高層化も進み、かつてほど目立つ存在ではなくなってきてはいるものの、今でもなお札幌を代表する名所であることは間違いない場所があるのです。一見すると、東京タワーのように見えるかもしれないこのタワーですが、東京タワーに比べると半分以下の高さ。しかし、その役割は東京タワーと同じ電波塔なのです。そのタワーの名前を、『さっぽろテレビ塔』といいます。
987【北海道紀行】北海道の動物園は旭山動物園だけではない『円山動物園』
2000年代初頭までは旭山動物園よりも入場者数が多かった動物園が札幌のあるのです。それが、札幌の円山公園内にある動物園、円山(まるやま)動物園なのです。すっかり旭山動物園の陰に隠れてしまっているこの円山動物園なのですが、実はかなりの規模を誇り、ここならではの特徴も持った動物園なのです。
979【北海道紀行】住宅地が広がり、利用客増加が著しいJR駅『白石駅』
今回紹介している駅は、札幌駅から東に6kmほど行ったところにある白石駅です。たまにはそんな場所をネタにしてみてもいいかなあと思って書き進めてみました。しかし、いざ書いてみると、やはり歴史あるところには歴史があるのです。 この駅にも、ここにまつわるものがあるのです。今回はこの白石駅について書いていこうと思います。
978【北海道紀行】円山公園近くにある、新しい都市型ゲストハウスの形『レステル マル』
北海道は札幌の西部にある円山公園。少しはずれにはありますが、地下鉄を使えばそんなに不便さは感じないこのエリアにあるレステル マルなのですが、ここも非常に特徴あるホテルなのです。マンション一棟をフルにリノベーションした都市型の新しいホテル?ゲストハウス?がレステル マルなのです。
972【北海道紀行】神宮と名乗ることを許された北海道有数のパワースポット『北海道神宮』
北海道は札幌の西部。円山公園のすぐそばに大きな神社が一つあります。ここは北海道神宮と呼ばれる場所であり、北海道の中でも有名なパワースポットの一つなのです。今では神宮と呼ばれている北海道神宮ですが、かつては札幌神社と呼ばれていた神社でした。今では神宮と呼ばれるようになり、その名からもわかるように特別な神社の一つとして、北海道の多くの人々によって親しまれ続けています。
960【北海道紀行】広大な北海道の大地を切り拓いた先人たちを偲んだ神社『開拓神社』
北海道神宮の敷地内には、ある人々を祀っている末社があります。今回紹介しているのは、『開拓神社』といいます。"開拓"という言葉からもわかるように、この神社には、北海道を開拓した多くの功労者を祀ったものなのです。
913【北海道紀行】こだわりスープカレーのちょっとおしゃれな店『MATALE』
スープカレーは現在では、北海道を代表するグルメへと成長しました。特に札幌で探してみるとスープカレーを取り扱っている店がたくさん。そして、店ごとに様々な特徴をもっているスープカレーが続々と登場してきました。今回紹介しているのは、円山公園近くにあるスープカレーの専門店MATALEです。このスープカレー専門店のスープカレーには、どのような特徴があるのでしょうか。
612【北海道紀行】ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ、大志を抱け)で有名な北海道開拓の父といわれる人物の像『さっぽろ羊ヶ丘展望台 クラーク博士像』
札幌の中心地から南に向かっていくと、小高い丘があります。そこは羊ヶ丘と呼ばれており、札幌市街を一望できる札幌観光の中でも外せないほど有名な観光名所なのです。この丘がなぜ有名なのかというと、ここにある像が有名なのです。その像こそが、ウィリアム・スミス・クラーク博士の像、通称クラーク像です。このクラークという人物、どのような人物なのでしょうか?
666【北海道紀行】これぞ北海道を感じられる、北海道屈指の一大スキーリゾート『キロロリゾート』
そんな北海道のスキーリゾートといえば何を思いつきますか?ニセコ トマム ルスツ、といったところが出てくるのではないでしょうか。そしてこれらのスキーリゾートに並ぶ有名なスキーリゾートがキロロです。キロロはキロロスキーリゾートとして、この地域、赤井川村が縮小していく村の産業と人口流出に対する起死回生策として打ち出し、奇跡的な発展遂げたリゾートなのです。
588【北海道紀行】北海道の港町、函館の古き良き雰囲気を醸し出している『金森赤レンガ倉庫』
今回紹介しているのは、日本の北にある函館の赤レンガ倉庫、金森赤レンガ倉庫を紹介したいと思います。明治期に建てられたこちらの倉庫ですが、もちろんその本来の倉庫としての役割は終えています。その代わりに多数の店が中に入り、ショッピングモールとして地元の人々や観光客に愛され続けているのです。
577【北海道紀行】初代駅は、かつては炭鉱住宅のための駅。現在は、信号場となって残っている『楓駅』
今回紹介している楓駅は、かつて北海道の夕張市にあった国鉄(現JR)夕張線登川支線の駅でした。現在の場所は三代目の楓駅跡になります。ところが、駅として開業された三代目楓駅ですが、利用者がほぼゼロという状態になってしまったため、2004年からは信号場に格下げされてしまい、今も残っています。
547【北海道紀行】日本三大がっかり名所の一つ。サ〇エさんのオープニングで知り、どれほどのものか行ってみたけど…!!?『札幌市時計台』
そう、札幌といえばといってもいいほど、この街を代表する名所が札幌市時計台です。明治期であろうその外観は、他にもいろいろと名所が流れていたた中で最も記憶に残った場所でした。いつかこの場所に行ってみたい!幼いながらに思い続けたその気持ちは、とうとう実現されることとなります。
543【北海道紀行】日本の北にもあった。日本を代表する100万ドルの夜景『函館山からの夜景』
日本の北の端にも日本を代表する夜景を見ることができるスポットが存在するのです。それが、北海道は函館にある函館山からの夜景です。この函館山は陸繋島にあり、独特のくびれをもつ砂州の両側に海が広がり、街の灯りとその海とのコントラストが美しい、知る人ぞ知る夜景スポットなのです。
540【北海道紀行】道東を代表する湖。マリモが生息することでも有名な『阿寒湖』
阿寒湖は周囲を山々に囲まれ、かつては噴火によって生じたカルデア湖である淡水湖であり、年間を通して非常に気温の低い場所にある湖です。そういった気候や地域にある湖であるため、湖面の様子は他の湖などと比べる、柔らかな印象を受けたことを覚えています。
501【北海道紀行】北海道の古くからの生活様式を体験できるアイヌの集落を残した『阿寒湖アイヌコタン』
北海道の道東最大の町釧路。そして、同市の北にある阿寒湖の近くにはとある集落があるのです。ここは阿寒湖アイヌコタンといい、北海道でも最大のアイヌ集落であり、アイヌ民族が暮らし、その文化を守り伝えている場所なのです。
187【北海道紀行】戊辰戦争最後の戦いの地、特徴的な五芒星形城郭の『五稜郭』
今回紹介する五稜郭は、近代戦の考え方が反映された、特徴的な縄張りをしています。五芒星型かつ、シンメトリーなその形は非常に美しい様相でありますが、それ以上に戦の戦略的に非常に考えられた造りなのです。戊辰戦争最後の戦いの場を見に行ってみましょう。
172【北海道紀行】酪農といえば北海道。そして北海道といえばチーズ。『富良野チーズ工房』
酪農の本場である北海道では、もちろんながら様々な種類のチーズも作られているわけです。今回は、そんな多数あるチーズを作っている工房の中から、富良野にある『富良野チーズ工房』を紹介したいと思います。
175【北海道紀行】あの北海道銘菓工場がテーマパークに!?『白い恋人パーク』
北海道に遊びに行くとお土産に買ってしまいますよね『白い恋人』。近年はとにかくお土産の種類がバラエティ豊かなので、色々と目移りしてしまいますが、迷った挙句最終的に一箱は買ってしまうんですよね。そんな白い恋人の石屋製菓が運営する『白い恋人パーク』なるものがあるのです。
018 【北海道紀行】シャクシャインの戦い。そして、なぜか目にしたことがある像
北の大地北海道。そこには過去、民族のために戦った英傑をまつる場所がある。しかし、誰もがどこかで見覚えがあるのでは・・・!?

札幌開拓使麦酒醸造所

札幌開拓使麦酒醸造所は、北海道は札幌にあるサッポロファクトリー内にあるレンガ造の見学館です。
この年季のあるレンガ造の建物は、かつて北海道のビール製造発祥の地に立つ、約150年もの歴史をもつビール製造所(ブルワリー)跡なのです。

明治時代といえば、北海道の開拓がはじまった時代。
明治2年には、北海道開拓のために、明治政府によって開拓使が設置されました。
新たな広大な大地では、新たな産業づくりが早急に行われました。
広大な大地と、北海道ならではの気候を生かした農産物が育てられ、新たな産業の創出も積極的に取り組まれました。

このころには、海外からビールなるものが日本にも伝えられ始めます。
広く知れ渡ってくると、日本も独自にビールづくりを進めていきたいと思うようになります。
ところがビールづくりに必要なのは、大麦やホップという原材料を安定的に調達することができること。
そして、製造過程で発酵や熟成をさせる時に大量の氷が必要なことでした。
ドイツ式ビールを製造するには、摂氏10度以下の中で発酵させる工程を欠かすことはできませんでした。
実際、ヨーロッパでビール製造を行っている場所でも、何らかの形でこの氷をなんとか調達できる場所にありました。
ヨーロッパの中でもイギリスやドイツなど世界的なビール生産国の生産地の気候と似た場所を日本国内で探すと、それは北海道に他ならなかったのです。
こういった条件を満たす場所として北海道は早くからビール製造に最適な場所として考えられていました。

そこで、北海道には、海外でビールの製造法を学んだ人々などが集まって、明治9年(1876)年に現在も一部が残る開拓使麦酒醸造所が作られ、ドイツ式のビールが日本国内で製造されるようになりました。
元々その建屋は木造で建造されていましたが、だんだんとレンガ造の建物として増築され続けていきました。
現在では、古いレンガ造の建物の一つと、ビール工場のシンボルでもある黒い鉄の高い煙突が残されています。

開拓使麦酒醸造所の大部分は平成5年にショッピングモールであるサッポロファクトリーとなっています。
その一角に一部が残る開拓使麦酒醸造所には、無料で見学することができる見学館が設けられています。
この見学館では、札幌でのビール製造の歴史や、ビールにまつわる展示品の数々、そして麦酒醸造で使われている仕込釜や、濾過槽といった大きな設備なども見ることができるようになっています。

アクセス

札幌駅から南東に約1㎞、サッポロファクトリーというショッピングモール内にあります。

札幌開拓使麦酒醸造所に行ってみた

それでは、札幌開拓使麦酒醸造所へ行ってみましょう。

こちらが札幌開拓使麦酒醸造所です。
この中に見学館が設けられています。

すぐ左側には、この工場のシンボルでもある黒い鉄の煙突があります。
中々の高さがあり、北海道開拓時代にはこれに並ぶほどの建物はなかったであろうことを考えると、シンボルというのも納得です。

館内に入ると、仕込釜や、濾過槽がアクリルパネル越しに眺めることができるようになっています。

小さな見学館ではありますが、この札幌開拓使麦酒醸造所の歴史や、北海道でのビール製造についての物語が書かれています。

こちらには、この工場で製造されたビールの展示があります。

上にはサッポロビールの歴代の看板やポスターなどの展示もあります。

いかがだったでしょうか。
サッポロビールにつながる純日本産のビール製造に人々が務めた伝統ある建物が今もなお残り、さらに見学館として活用されているのです。
しょっぽんぐモールでの買い物ついでによることができる立地の良さもあるため、気軽に足を運べるスポットではないでしょうか。