921【旅ノウハウ】世界のこんなところに日本人が!!?そこには様々なストーリーがあるのです『世界の村で発見!こんなところに日本人』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

世界様々なところに日本人は出かけていくことができるようになりました。
ヨーロッパ、アメリカ、東南アジア。
世界のどこに行っても日本人は必ずと言っていいほどいて、それぞれの場所で活躍されていることでしょう。
ところが、それだけ世界のいたるところに広がっている日本人ネットワークですが、それでもまだまだ未開の地はたくさんあるわけです。

まさかこんなところにまで日本人がいるのか!?
というようなところに日本人がいたりすることもあるのです。
そんな、まさかこんなところにというのを紹介している番組があるのです。
それが、かつて放送されていた『世界の村で発見!こんなところに日本人』という番組です。

こんなところに日本人が?
一体ここで何をしているのか??
そんなあふれてくる疑問点を解決してくれるのがこの番組なのです。
今回はこのかつて放送されていた番組、世界の村で発見!こんなところに日本人について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • まさかこんなところに!?しかし、そういった場所で一人一人活躍している日本人がいるのです。『世界の村で発見!こんなところに日本人』を通して、そんな足跡を追ってみましょう。

世界の村で発見!こんなところに日本人

世界の村で発見!こんなところに日本人』はかつて、2013年から2019年まで放送されていたバラエティー番組です。
2022年現在レギュラー放送は終了していますが、特番として単発で放送されている番組です。
その番組名からもわかるように、まさか世界のこんなところに日本人がいるのか!?という場所を探して、実際に訪れる行程を追ったドキュメンタリーバラエティーです。

世界のいたるところには、さまざまなところに日本人が住んでいます。
そこは世界の極地かも、未開の地かもしれません。
そのような場所にたった一人で住んでいた日本人。
私たちがしらないような小さな町や村に、日本で住んでいる私たちからは想像もできないような暮らしを怒っている日本人がいます。
どのような経緯があってそこに住んでいるか気になりますよね。
そこには人生をかけたドラマが存在しているのです。

番組に寄せられた情報から、世界の各地に住む日本人をリポーターである芸能人が訪ねていきます。
その日本人の住む場所から実際に会うまではリポーター自身が開拓していかなければなりません。
現地の人から情報を聞いたり、交通手段を確保したりと、自分自身でその行先を開拓しながらその様子を番組が追っていきます。

実際に現地に住む日本人に合うと、今度はその日本人がなぜそのような場所に住むことになったのか、またそこでどのような半生があったのか、それを追っていきながら紹介されていきます。

実際これまでに紹介された国は以下のような国々があります。(一部です。)

<ヨーロッパ>
ロシア
スウェーデン
フィンランド共和国
フランス共和国 レユニオン島
ノルウェー王国
ウクライナ
デンマーク王国

<北米>
カナダ
アメリカ合衆国アラスカ州

<中南米>
コロンビア
グアテマラ
ドミニカ共和国
ブラジル連邦共和国
ウルグアイ東方共和国
セントクリストファー・ネーヴィス
キューバ共和国
アルゼンチン共和国
パナマ共和国
コスタリカ共和国
メキシコ合衆国
グランドケイマン島
ペルー共和国
チリ共和国
エクアドル共和国
パラグアイ共和国
ボリビア多民族国

<中国>
中国 白族(バイゾク)の町
中国 東北部、かつての満州国
中国 四川省

<アジア>
ラオス人民民主共和国
カザフスタン
タイ
ネパール連邦民主共和国
ベトナム
インドネシア
インド
ネパール
キルギス
東南アジア
モンゴル国
スリランカ
フィリピン
マレーシア
カンボジア王国
モルディブ共和国
ミャンマー連邦共和国

<アフリカ>
マラウイ共和国
モロッコ
ガンビア
マダガスカル
ガーナ共和国
ケニア
トーゴ共和国
マラウイ共和国
シエラレオネ
レソト
ウガンダ共和国
マダガスカル
ブルキナファソ
コートジボワール
タンザニア連合共和国
エジプト・アラブ共和国
ナミビア共和国
エスワティニ王国
アンゴラ共和国
セーシェル共和国
エチオピア連邦民主共和国
トンガ王国
ウガンダ共和国
南アフリカ共和国

<太平洋>
オーストラリア
パラオ共和国
ソロモン諸島
バヌアツ共和国
フィジー共和国

<中東>
トルコ
ヨルダン・ハシェミット王国
イスラエル国

このラインナップだけを見ても、驚くほどの国や地域に日本人が住んでいることがわかりますよね。

この番組の特徴の一つが、もはやアフリカを制する男といってもいいほどの芸人、千原せいじのアフリカ旅でしょう。
そのためか、これまでは聞いたこともなかったようなアフリカの国々がフォーカスされる稀有な番組でもあるのです。

いかがだったでしょうか。
多くの人々が訪れる国ならまだしも、たった一人の日本人として住むような国や地域がk路絵ほどあるというのは驚きの事実ですよね。
もちろんそこには数々のドラマがあるわけです。
そのようなドラマを追い求めるこのような番組の存在は、様々な人生を知ることができる貴重な番組ですよね。