931【北海道紀行】北方領土を望む日本の東端、納沙布岬にある『北方領土資料館』

北海道(Hokkaido)
この記事は約6分で読めます。

北海道の東の端にある根室市に行くと、市の中にとある看板やら公国やらがたくさん目に付くようになってきます。
その内容とは、北方領土は我が領土というような内容のものです。
根室といえば、海を挟んだすぐ目と鼻の先に北方領土の島々が見える場所にあるからなのです。

そんな場所にある根室を含めた道東の地域には、北方領土に関する施設が数多くあるのです。
その中でも今回紹介しているのは北方領土資料館という施設です。
この施設は、日本最東端である納沙布岬にある資料館となっており、北方領土のことについて学ぶことができる資料館となっています。

何よりも特筆すべきは、北方領土にかつてあった日本人の生活についてフォーカスしていること。
戦前、確かにそこには日本人たちが暮らしていたという事実があったのです。
中々詳しく知る機会も少ない北方領土についてのことですが、現代までの経緯について知ることができる貴重な機会となることは間違いないことでしょう。

今回はそんな北海道の根室にある北方領土資料館について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 北方領土の目と鼻の先、納沙布岬にある北方領土を学ぶことができる北方領土資料館に行ってみよう。

これまでの道東の記事です。

985【北海道紀行】すぐ裏手には風連湖を望む道の駅『道の駅 スワン44根室』
今回紹介しているのは北海道の道東にある道の駅です。先日紹介した、道東にある巨大な湖 風蓮湖。この風蓮湖を南側から一望できる場所にある道の駅があるのです。その道の駅とは、道の駅 スワン44ねむろと言います。
975【北海道紀行】知床クルーズの玄関口ウトロにある巨大な道の駅『道の駅 うとろ・シリエトク』
今回紹介しているのは、北海道の道東、知床にある道の駅です。知床峠を挟んで、東にあるのが、道の駅 知床・らうすです。そして、西側にも道の駅が用意されているのです。その道の駅を『道の駅 うとろ・シリエトク』というなんとも不思議な名前の道の駅です。
968【北海道紀行】根室にあるゲストハウスで、道東の街を満喫しませんか『ネムロマン』
今回紹介しているゲストハウスも、少し広めの一軒家を使ったゲストハウスです。北海道の根室にはゲストハウスという選択肢がほとんどありませんでした。そのような根室に素敵なゲストハウスができたのです。そのゲストハウスとは『ネムロマン』といいます。
958【北海道紀行】日本本土最東端の岬。日本で一番早く朝日が昇る『納沙布岬』
日本本土の中で最も一日で早く日が昇る場所は??太陽は東から登って、西に沈みます。となると、もっとも日本本土の中で東の端になるのはどこかということですよね。地図を見てみてそれがどこになるのかなあ、と探してみると、北の大地にその場所があることがわかるかと思います。その場所は北海道は道東の根室にある、納沙布岬(のさっぷみさき)なのです。
936【北海道紀行】乙女の涙と呼ばれる知床の滝。そこまでの道のりは恐ろしいのですが・・・『フレペの滝』
今回紹介しているのは知床八景の一つ、フレペの滝であり、知床の山々に降った雨水や雪解け水が、岩の割れ目からしみだしている知れとのこの絶景を代表する滝です。実際に訪れてみるとそのスケールの大きさには驚かされます。滝によって浸食されたと思われる海岸崖と滝のコントラストは、見ているものの心をわしづかみにすることでしょう。
918【北海道紀行】知床半島を横切る横断道路にある、世界遺産知床を望む峠『知床峠』
知床の中心を横断する道路が知床横断道路であり、その最も高いところに知床峠があります。世界遺産知床を一望できる場所にある知床峠。ここからはどのような光景が広がっているのでしょうか。世界遺産の知床を横断する知床横断道路にある広大な美しい景色を眺めることができる知床峠に行ってみましょう。
916【北海道紀行】ああ知ってる!香川県の…!?ではなく、北海道にある『金刀比羅神社』
全国各地にある金刀比羅神社なのですが、今回紹介しているのは北の端にある北海道は根室の金刀比羅神社です。そして、北方領土にも近いこの金刀比羅神社には、かつて北方領土にあった神社のご神体もここに移され置かれているのです。
915【北海道紀行】「叫びの像」「別海北方展望塔」も隣接する道の駅へ行ってみよう『道の駅 おだいとう』
いずれは北海道と切り離されてしまうのではないかと言われている、ラムサール条約にも登録されている(砂嘴)である野付半島。この野付半島を会場奉公4km先に臨むの野付郡にある道の駅。その道の駅を『道の駅 おだいとう』といいます。 非常にこじんまりとした、不思議な形の道の駅なのですが、この道の駅にある建物は、別海北方展望塔と呼ばれています。
909【北海道紀行】世界遺産知床の入り口にたたずむ、大人気の道の駅『道の駅 知床らうす』
北海道は、知床半島の中ほど。そんな場所に、北方領土の国後島に日本で最も近い道の駅があります。その道の駅とは、『道の駅 知床・らうす』。不思議な名前をしているなあと思いますが、地名です。羅臼という町にあるこの道の駅は、この道の駅を過ぎると世界自然遺産である知床の自然の光景を眼前に眺めることができる知床横断道路の羅臼側の起点となります。
892【北海道紀行】街中にポツリと立つ歴史ある教会の建物『根室キリスト教会』
今回はそんなキリスト教の教会の中でも、根室にある根室キリスト教会について書いていきたいと思います。が、実際に中に入ったわけではなく、その外観を見たときにかなり歴史を感じさせる建物だなあ、とフィーリングを感じたのが実際であり、なかなかここについての資料は少なかったりするのではありますが、印象に残った建物の写真と共に紹介をしていきたいと思います。
888【北海道紀行】根室半島チャシ跡群の中では最もよく整備され、訪れやすいチャシ『ヲンネモトチャシ跡』
根室半島チャシ跡群の24か所の中でも人が入れるように整備されて公開されている場所はわずかとなっています。その中でも、日本最東端の納沙布岬からも近く、きちんと整備されているためにチャシ跡に訪れる人々のほとんどが訪れる場所がヲンネモトチャシ跡です。
886【北海道紀行】かつての日本最東端の駅。チャシを巡る旅には立ち寄り必須の『根室駅』
日本で一番東の端にある駅とはどこにあるでしょうか?頭の中に地図が思い浮かんでいることでしょうが、どのエリアが思い浮かんでいるでしょうか?日本最東端の駅とは北海道にあるのです。その駅の名前とは東根室駅という小さな駅になります。ただし、今回紹介するのは東根室駅ではありません。東根室駅が日本最東端の駅となる前に日本最東端だった駅があるのです。
874【北海道紀行】妄想紀行が現実に!!かつてアイヌの人々の拠点だった『チャシ』とは何なのだろうか
日本百名城の栄えある登録ナンバー001。北海道根室にある根室半島チャシ跡群。1番でありながら、北海道の中でも唯一道東の離れたところに存在する百名城。そんなところに城などあるのか?と誰もが口にすることでしょう。そう思うかもしれませんが、あるんですここには。チャシが。
397【妄想紀行】日本百名城の栄えあるNo.1の城跡。しかし、ここへ訪れるのは非常にハードルが高く…『根室半島チャシ跡群』
日本百名城ですが、その城ナンバーの01にある城をご存知でしょうか?北から順番に番号を振られているため、ナンバー01の城は北海道にあります。その名を、『根室半島チャシ跡群』と言います。

北方領土資料館

北方領土資料館は北海道は根室市にある北方領土に関する資料が数多く展示されている資料館です。
なお、日本百名城の登録番号1番、根室半島チャシ跡群のスタンプはここにも設置されています。

この資料館の特徴は、北方領土には確かに戦前まで日本人がそこに暮らしたという事実があったということです。
以前紹介した根室市の金刀比羅神社にも、かつて北方領土の島々にあった神社のご神体が移されていることからもわかるのではないでしょうか。

北方領土問題が勃発したのは、昭和20年8月に終戦した直後のこと。
ソ連によって占拠され、現在もまだロシアによって不法に占拠されている北方領土は、長くの間日本から北方領土の返還要求を続けている島々なのです。

そんな北方領土の問題をしっかりと発信するための一つの拠点としてこの資料館は設けられました。

今であれば日本人が住むことはできない北方領土ですが、戦前までにはそこに日本人が生活していたという事実あります。
人々の何気ない生活があり、日本の街並みがそこにはあったのです。

しかし、この島で実際に暮らしていた元島民の人々は年々減少していく現実があります。
このままであれば、北方領土には日本人が暮らしていたという歴史的な事実が風化していき、返還運動にとっても大きな課題となってきています。
そんなかつて島に暮らしていた人々の生活を正しく後世に伝えていくために、資料館の中にはかつての島の人々の「衣食住」に焦点を当てた資料構成が行われています。

アクセス

納沙布岬から西に400mほどのところにあります。

北方領土資料館へ行ってみた

それでは、北方領土資料館へ行ってみましょう。

こちらが根室市北方領土資料館の入り口になります。

百名城スタンプはこの施設にも置かれていますので、チャシ跡群に実際に訪れるのであれば、ここでスタンプを押すのが便利でしょう。
なお、根室市駅にスタンプはあります。

1階は、島に暮らす自然の生き物たちの紹介と、そこに暮らしていた人々の生活に焦点を当てた内容になっています。

様々な生き物が生息しているのが北方領土の島々なのです。

こちらはかつての色丹島にあった色丹神社にあたとされる、シロナガスクジラの顎骨と肩甲骨を使った鳥居のレプリカが置かれています。
このレプリカは実際の鳥居の4分の1の大きさなので、実物がどれほど大きなものだったか、驚かされますね。

なお、戦前の色丹島には1000人以上の島民がいたのだそうです。
そのため、島内には9つの神社も存在していたのだそうです。

なお、北方領土全域では、17000人以上もの人々が生活をしていたのだそうです。
これこそが、歴史的な事実ですよね。

こちらは、根室と北方領土とをかつて結んでいた海底ケーブルが展示されています。

戦前の明治時代ににそこまでのインフラが整備されていたというのが驚きですよね。
なお、戦後になって、日本側とソ連側双方から切断されており、現在は海底ケーブルでつながれていません。

北方領土の基本情報が書かれています。
北方領の大きさですが、驚くほどの大きさがあることがわかります。
全ての島々を合わせると、福岡県よりも大きくなるのだそうです。

戦前の択捉島の生活の様子を写した写真が展示されています。
そこには確かに村々が存在し、捕鯨を生業とした島の人々の生活がありました。

いくつか北方領土にちなんだ映画の紹介があります。
この生命の冠という映画は、戦前の国後島で撮影された映画なのだそうです。

近年公開されたジョバンニの島という映画です。
この映画は、平和に暮らしていた色丹島に、日本の敗戦を機に旧ソ連が上陸し、その後どのようになっていくのかということが描かれた映画作品となっています。

こちらは択捉島全図の地図と、奉公袋です。
この奉公袋とは、兵隊が出兵の際に持参する袋であり、なかには住所と名前が書かれた木札をはじめ、携行することが必要なものが一通り入っていたのだそうです。
この袋にはそれらに加えて、本土に残る家族への手紙が入っていたのだそうです。

その位置的に、北海道以上に厳しい寒さがある北方領土。
そこで暮らす人々が使っていた防寒着と、鞄です。

いかがだったでしょうか。
北方領土問題について知ってはいても、かつてそこに暮らしていた人々がどのような生活を送っていたのかについて知る機会というのはなかなかないですよね。
そんな貴重な資料の数々を見ることができるのがこの北方領土資料館なのです。
納沙布岬を目的にこの地域を訪れる人々がほとんどだと思いますが、それと一緒に、この北方領土資料館にも少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。