933【北海道紀行】ここが日本の北の端。海の向こうにサハリンが見える『宗谷岬』

北海道(Hokkaido)
この記事は約4分で読めます。

日本本土の中に存在する東西南北四極の最果ての地。
最北端は北海道の宗谷岬。
最東端は北海道の納沙布岬。
最西端は長崎県佐世保市。
最南端は鹿児島県の南大隅町となっています。
これら4つの日本の果てには、訪問すると、日本本土四極踏破証明書なるものがもらえます。
こういった収集できるもののついては、旅のきっかけの一つとして燃えてきますよね。

この中でも最も有名なのは、最北端の宗谷岬ではないでしょうか。
広大な北海道の中でも北の端にある子の宗谷岬は、一般の人々が通常訪れることができる最北端の地であり、北海道に訪れた人々が目指す目的地の一つではないでしょうか。
そして、この宗谷岬から北には、かつて日本であった樺太の島が広がっています。
この場所から旅立っていった間宮林蔵の気持ちもここでは味わうことができるかもしれません。

今回はこの宗谷岬とはどのような場所であり、どのようなものがあるのかについて紹介していきたいと思います。
公共交通もバスぐらいしか通っていないため、なかなかハードルの高い場所ではありますが、そこには日本本土最北端にふさわしいものが待っていたのです。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 日本本土最北端の地、宗谷岬。多くの人が目指すこの岬にはどのようなものがあるのでしょうか。

北海道北部の記事です。

976【北海道紀行】北海道の味覚の代表格。絶品ソフトクリームが食べたいなら『冨田ファーム直売所 ミルクの夢』
北海道といえば食の宝庫。基本的に何を食べても味のレベルが格段に違うように思います。水、米、野菜、肉。何を食べてもその味に感動させられるほどですよね。ただのおにぎりがこんなに美味いなんて。野菜ってこんなに美味しかったのか!肉の肉のレベルが違...
973【北海道紀行】かの有名な冒険家は、この場所からさらに北に旅立った『間宮林蔵渡樺出航の地の碑』
間宮林蔵が、樺太探索に行くために出航したと考えられている地が、北海道北部の宗谷岬近くにあるのです。その場所を間宮林蔵渡樺出航の地と呼ばれ、そこには間宮林蔵 渡樺出航の地の碑が建てられています。この地から旅立った間宮林蔵は、200年以上経ってもなお歴史に名を残し続ける偉大な発見をしたのでした。
970【北海道紀行】東京も驚く超高所得自治体猿払村にある『道の駅 さるふつ公園』
日本の最北端、宗谷岬の近くにある道の駅が、道の駅さるふつ公園なのです。国道沿いにあるこの大きな道の駅には、おそらく最北端の地、宗谷岬に訪れようとすれば途中で立ち寄ることができる場所にあります。
952【北海道紀行】日米合同で建てられた初めての慰霊碑。ここでは一体何があったのか!?『平和の碑』
今回紹介しているのは、宗谷岬公園にある一つの碑です。角錐状の上に丸い球の乗った形のこの碑は、『平和の碑』といいます。平和の〇〇、という名前で思い起こされるのは戦争にまつわるものが多いということですよね。ではこの宗谷岬の地では、一体どのようなことがあり、この平和の碑が建てられるに至ったのでしょうか。
943【旅ノウハウ】さあ、端から端を巡ってあつめてみませんか?日本本土の東西南北の端に行ったものだけが得られる「日本本土四極到達証明書」
日本本土(離島を除く本州、北海道、四国及び九州)で限定すると日本の東西南北とはどこになるのでしょうか?実はこの日本本土に限定すると、東西南北の端にある場所には訪れることができるのです。そして、その日本本土の東西南北の端、四極に到達することができたとすれば、とある証明書がもらえるのです。その証明書とは、『日本本土四極踏破証明書』といいます。
939【北海道紀行】宗谷岬の小高い丘の上に立つ古ぼけた建物『大岬旧海軍望楼』
大岬旧海軍望楼は、その名の通りかつての帝国海軍によって建てられた建物なのです。ではなぜ、この場所に海軍がこういったものを建てていたのか。それは、ここが北の端だからなのです。日本の北の端は常に緊張を強いられる場所であり、常に迫りくる危機を察知し続ける必要がありました。
928【北海道紀行】ここの名物、日本一黒いそば。しかし、この名物も・・・『道の駅 おといねっぷ』
北海道の中には数えきれないほど数多くの道の駅があります。町から町までへの移動距離がすさまじく長い北海道では、道の途中にある道の駅の存在は、非常にありがたいものですね。そんな北海道の道の駅の中でも今回紹介するのは、北海道で一番小さな村である音威子府村にある『道の駅 おといねっぷ』です。

宗谷岬

宗谷岬は、北海道の最北端にある岬であり、日本本土の中で一般の人々が訪れることができる最北端の地となっています。(無人島を含めると宗谷岬からさらに北にある無人島になるそうです。)
ここは、日本本土の東西南北の端にある四極の一つとなっています。
この宗谷岬を訪れることで、日本本土四極踏破証明書なるものをもらうことができます。

この宗谷岬には宗谷岬公園という公園が設けられています。
ここには様々な施設やモニュメントが設けられています。
その中でも、宗谷岬を訪れた人々がこの前で必ずと言っていいほど写真をおさめる場所が、日本最北端の地の碑です。
天を突くようにデザインされており、これは北極星の一稜をかたどっている三角錐のデザインをしています。
また、その中には北を表すNの文字を、台座は平和と協調を表しています。
この石碑は2代目の石碑なのですが、北緯45度31分22秒の正確に最北端の地を表すように設置されました。
そのため、石碑の高さもこの緯度にちなんで、4.53mとなっています。
立て直しが行われた際に、大規模な工事が行われ、駐車スペースの拡張なども行われ、現在のような形となっています。

宗谷岬には数多くの人々が訪れるため、お土産屋や飲食店、宿泊できる施設などが立ち並んでいます。

これ以外にも、宗谷岬には様々な施設が存在します。
岬の部分には日本最北端の地の碑のほかにも、間宮林蔵の立像や「宗谷岬」音楽碑があります。

また、岬のすぐ南には小高い丘があり、その丘の上にもさまざまな施設があります。
宗谷岬展望台
宗谷岬東大
旧海軍望楼
平和の碑
あけぼの像
ラペルーズ顕彰記念碑
宗谷海域海軍戦没者慰霊碑
祈りの塔
宮沢賢治文学碑
大岬中学校跡地記念碑

といったものがあります。
これらについても、いずれ別の記事で紹介していきたいと思います。

アクセス

JR稚内駅からは、北東方向に50kmほどの場所にあります。

宗谷岬へ行ってみた

それでは、宗谷岬に行ってみましょう。

こちらが宗谷岬の案内図です。
日本最北端の地の碑以外にも数多くの施設があります。

最初に見えてくるのは間宮林蔵の立像です。
間宮林蔵とはこの宗谷から樺太に渡り、樺太が島であることを発見した人物です。

そのすぐ横には日本最北端の地の碑があります。
ここは、宗谷岬を訪れた人だれもが撮影をする定番の撮影スポットですよね。

そのすぐ隣には「宗谷岬」音楽碑があります。
この宗谷岬の春の光景を歌った郷土歌が「宗谷岬:です。
1976年に歌手のダ・カーポによって紹介されてからは、多くの歌手に歌い継がれている歌となっています。

こちらが宗谷岬から見る宗谷湾の海です。
あいにくの天気だったので北にある島々は見えませんでした。

こちらは宗谷岬展望台です。
天気が良ければ樺太が見えるのだそうです。

宗谷岬公園の丘の上から見下ろしたところです。
大きな駐車場が設けられているため、次から次へと人々が訪れています。

いかがだったでしょうか。
誰もが効いたことはあるけれど、なかなかそこまで訪れるのはハードルが高い宗谷岬。
実際、稚内の町までは鉄道が通っていますが、そこからこの宗谷岬までとなると、公共交通であればバスを利用して50分以上もかかります。
しかし、それだけかかったとしても、人々を惹きつけて止まない宗谷岬。
北海道に行ったならば一度は訪れておきたいスポットですね。