937【北海道紀行】刑務所施設の中に神社が!!?『博物館 網走監獄⑤ 二見湖畔神社』

北海道(Hokkaido)
この記事は約4分で読めます。

今回は博物館 網走監獄の第5弾です。

刑務所の中には、受刑者たちの心のよりどころになるような施設が設けられています。
以前紹介したような教誨堂などのような施設がそうですよね。
服役するだけではなく、心の面から更生を促すのが刑務所の役割の一つです。
そういった施設は他にもあったりするのです。

博物館 網走監獄の中にもまだまだそういった施設があるのです。
施設内を歩き回っていると、刑務所の中なのになぜ?というような施設があります。
その施設とは、二見ケ岡刑務支所のすぐそばにあります

小高い丘になったその場所には、小さな鳥居が一つ見えてきます。
鳥居といえば、その通り。
実は網走監獄の敷地内には神社があるのです。
この神社なの名前は、二見湖畔神社といいます。
なぜこのような場所に神社があるのか??
謎は深まるばかりです。

今回はこの博物館 網走監獄内にある小さな神社、二見湖畔神社について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 刑務所の敷地内にある小さな神社、二見湖畔神社。この神社はなぜこのような場所にあるのでしょうか。

博物館 網走監獄の記事です

964【北海道紀行】ここで撮る記念写真は、網走ならでは『網走駅』
網走には、旭川から東に向かって伸びている石北(せきほく)本線と、釧路から北に向かって伸びている釧網(せんもう)本線の2本の路線がやってきています。2本の路線の終着駅となるのが、今回紹介している網走駅なのです。そして、この2本の路線が、網走の駅を介して直通で結びつくのです。
955【北海道紀行】博物館 網走監獄についてはわかった。では、現在運用されている監獄は??『網走刑務所』
もちろん、現在も使われている網走刑務所はあります。それは、博物館 網走監獄の近くに存在しているのです。2kmほど北に行ったところにあるのが、現在受刑者たちを収容している網走刑務所なのです。元々は博物館 網走監獄にある木造建築などもこの場所にあったのですが、博物館として運用するために、博物館 網走監獄として移築されました。
947【北海道紀行】有名な舎房だけではない『博物館 網走監獄⑥ まだまだある施設の数々』
博物館 網走監獄にある施設をこれまで5回に分けて紹介してきました。主だった施設はこれまで紹介してきた内容でほぼ網羅することができているのですが、広大な敷地を持つ博物館 網走監獄。それら以外にも数多くの施設があります。
930【北海道紀行】刑務所にはなくてはならない宗教施設『博物館 網走監獄④ 教誨堂』
受刑者たちの心の支えになる施設が監獄には必要になります。その施設の名前を教誨堂といいます。この施設では受刑者たちの精神的な面から更生へと導くように作られたものです。もちろん旧網走監獄にも教誨堂があります。
924【北海道紀行】かつての刑務所の農園作業施設の先駆けとして設けられた建物『博物館 網走監獄③ 二見ケ岡刑務支所』
今回は博物館 網走監獄の第3弾です。網走監獄の敷地内で、舎房及び中央見張所に次いで大きな建物が。この二見ケ岡刑務支所と呼ばれる建物です。元々は、現在の場所からさらにに西にある、網走湖と能取湖の両湖を眺めることできる場所にあった、網走刑務所の農園作業を担う施設でした。
912【北海道紀行】網走監獄のシンボル的な存在といえばこの建物『博物館 網走監獄② 舎房及び中央見張所』
今回は第二回目の博物館 網走監獄の紹介です。今回紹介しているのは舎房及び中央見張所であり、放射状にのびた独特の形が特徴ですよね。この独特な形は、イギリスを中心に広く採用されている形の舎房であり、中央見張所を中心に5本の木造舎房がそれぞれの方向に延びた、囚人たちを監視しやすい形の形状となっています。
903【北海道紀行】さあ、網走の名所を紹介していこう。広大なこの施設を数回にわたって紹介『博物館 網走監獄① 正門・庁舎』
今回は、北海道は網走を代表するある施設についてです。その施設とは、もともと実際に使われていた監獄である、網走監獄です。現在は博物館として使われているこの建物ですが、網走=監獄というイメージを誰もが浮かべるほどあまりに有名な施設ですよね。ところで、実際にこの施設に訪れたことがありますでしょうか??

二見湖畔神社

網走監獄内にある2つの大きな見どころである、舎房と二見刑務支所
この2つの大きな施設に挟まれた場所に、こじんまりとした神社があります。
この神社の名前は、二見湖畔神社といいます。

なぜこんなところに神社がと思うかもしれませんが、刑務所の中にある施設の一つ、そこにはもちろんながら意味があるのです。
このような宗教施設の場合、受刑者の心のよりどころになるために設けられる施設なのですが、この二見湖畔神社にもそのような意味があります。

二見湖畔神社は、”湖畔”神社という名前なのですが、湖畔はここから見えません。
それは、この神社がもともとはこの場所に設けられたものではないということです。
最初は、二見ケ岡刑務支所がさらに東の網走湖と能取湖の間にあったように、大正2年に二見ケ岡を見下ろすことができる位置にありました。
しかも、この二見湖畔神社を建てたのは、二見ケ岡農場で刑務を行っていた受刑者たちでした。
受刑者たちが、二見ケ岡を見下ろす位置に社を建てて、そこに桜を植樹し、この小さな神社をもうけました。

ではなぜこの神社を受刑者たちは建てたのでしょうか。
それは、二見ケ岡刑務支所の農場で行われていた農作業に関係があります。
受刑者たちがその農場で春の種まきから始まって、秋の収穫まで。農作業の安全と豊作を祈願するための役割をもった神社なのでした。
さらには、この神社では毎年11月3日には収穫祭が行われていました。
収穫祭では、大迫力の神輿が練り歩き、それは賑やかなものであったそうです。
それは昭和40年頃まで祀られていたそうなのですが、受刑者の数が減ってきたことと、宗教的な理由もあって収穫祭の実施はなくなりました。

現在の場所に移設されたのは平成13年5月であり、現在のような博物館 網走監獄内の二見ケ岡刑務支所を見渡すことができる位置に移設されました。
移設後は、昭和40年頃以降は行われていなかった収穫祭も再開されたのです。

アクセス

網走駅から南西に5kmほどの場所にあります。

二見湖畔神社を見に行ってみた

それでは、二見湖畔神社を見に行ってみましょ

二見刑務支所のすぐそばには、このような看守所という施設があります。
この施設が二見湖畔神社の目印です。
(※この看守所の施設も、貴重な文化財なのです。)

看守所のすぐ隣に、小高い丘に登っていく階段があります。
すでに鳥居が見えていますが、この先に二見湖畔神社はあります。

階段を上ってきました。
奥に社が見えます。
本当にこじんまりした神社ですが、かつて二見ケ岡にあったように、二見ケ岡刑務支所の農場を見下ろす、かつての位置関係を表しているような場所に建てられています。

少しだけ二見湖畔神社からは離れますが、すぐ隣にはレンガ造の別の施設もあります。

こちらは登り窯であり、明治時代に近代的な五ク社を建築するために用いられたレンガを製造するための場所でした。
受刑者たち自身の手によってここで刑務所内の粘土を使用して大量のレンガが焼成されました。

ここで作られたレンガは、刑務所内の各所の建築に利用されました。
後ろにある三眺山の傾斜を利用して造られた登り窯は、効率よく大量のレンガを作ることができるようです。

なお、その後電気窯が利用されるようになったため登り窯は使われなくなりましたが、展示物としてこの三連登り窯が復元され、二見湖畔神社のすぐそばで展示され続けています。

いかがだったでしょうか。
広大な土地であった網走刑務所の利点を生かしいて、積極的に行われていた農作業。
その農作業の安全を祈願する二見湖畔神社は、多くの受刑者たちの心のよりどころの一つであったことは間違いないでしょう。