943【旅ノウハウ】さあ、端から端を巡ってあつめてみませんか?日本本土の東西南北の端に行ったものだけが得られる「日本本土四極到達証明書」

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

全て到達するのが難しいければ難しいほど達成してみたい意欲が高まる。
今回はそんな記事です。

日本の東西南北の端ってどこなのだろう?
北は北海道の択捉島。
南は東京都の沖ノ鳥島。
西の沖縄県の与那国島。
東は東京都の南鳥島。

です。
これらはおそらく、これまでにも社会の勉強などで聞いたことがあるのではないかと思います。
これらは現在では訪れることができないところも含まれているため、全てを踏破することは難しいです。

ところで、日本本土(離島を除く本州、北海道、四国及び九州)で限定すると日本の東西南北とはどこになるのでしょうか?
実はこの日本本土に限定すると、東西南北の端にある場所には訪れることができるのです。
そして、その日本本土の東西南北の端、四極に到達することができたとすれば、とある証明書がもらえるのです。
その証明書とは、『日本本土四極踏破証明書』といいます。

では、実際に訪れることができる日本の端とはどのような場所であり、そこでもらうことができる日本本土四極踏破証明書とはどのようなものなのでしょうか。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • あなたは集めることができるか!?日本の東西南北の端を踏破したものだけに与えられる日本本土四極踏破証明書。

過去の日本本土四極踏破証明書にまつわる記事です。

933【北海道紀行】ここが日本の北の端。海の向こうにサハリンが見える『宗谷岬』
広大な北海道の中でも北の端にある子の宗谷岬は、一般の人々が通常訪れることができる最北端の地であり、北海道に訪れた人々が目指す目的地の一つではないでしょうか。今回はこの宗谷岬とはどのような場所であり、どのようなものがあるのかについて紹介していきたいと思います。

日本本土四極踏破証明書

日本本土四極踏破証明書とは、日本本土(離島を除く本州、北海道、四国及び九州)の東西南北の端にある場所に到達するともらうことができる4枚の証明書です。
その4つの場所とは、

北の端 宗谷岬(北海道)
東の端 納沙布岬(北海道)
西の端 神崎鼻公園(長崎県)
南の端 佐多岬(鹿児島県)

となっています。

この4か所は、一般の人でも訪れることができる日本の東西南北の端の場所なのです。

たかだか4枚の証明書。
しかし、日本の四極を踏破したという輝かしい証明書。
見る人が見れば輝かしい証明書なのです。
なお、この証明書は無料で手に入れることができます。

そして、この4枚の証明書を集めて裏を向けてみると・・・、そこには真の日本本土四極踏破証明書が現れるのです。
まさしく輝かしい証明書ですよね。
日夜、この証明書を目指して訪れるトラベラーやバイカーたちが後を絶たないのも理解できます。

万が一、証明書をもらい忘れた!となってしまっても、訪れたことが証明できれば郵送で送ってもらうこともできるのだそうです。

北の端 宗谷岬(北海道)

日本本土最北端はおなじみの宗谷岬です。
ここのモニュメントの前で撮影するのは、もうおなじみの光景になっていますね。
観光がしやすいように駐車場なども整備されているので、非常に見て回りやすい場所となっています。
なお、すぐ目の前にある弁天島が、日本の領土としては最北端の場所になるのだそうです。

この証明書は以下の場所で入手することができます。

【宗谷岬】
・稚内市役所
・稚内市役所 宗谷支所
・稚内市観光案内所
・Base宗谷(夏季期間中のみ)

東の端 納沙布岬(北海道)

日本本土最東端の納沙布岬
日本一早く日が昇る場所ということで有名です。
海を挟んで北方領土が見える場所ということで、領土返還に関するモニュメントがあったり、それに関する資料館があったりするなど、独特な雰囲気がある場所でもあります。

この証明書は以下の場所で入手することができます。

【納沙布岬】
・根室市役所 商工労働観光課
・根室市観光協会
・根室市北方領土資料館

西の端 神崎鼻公園(長崎県)

日本本土最西端が、長崎県佐世保市の神崎鼻にある神崎鼻公園です。
最西端ということは、日本でも最も最後まで太陽が見える場所。
抜群の夕日が見ることができる場所ということでも多くの人々を惹きつけている場所なのです。

この証明書は以下の場所で入手することができます。

【神崎鼻公園】
・小佐々支所
・小佐々地区コミュニティセンター
・佐世保観光情報センター
・矢岳簡易郵便局
・道の駅させぼっくす99
・おさかな広場

南の端 佐多岬(鹿児島県)

日本本土最南端が鹿児島県南大隅町の佐多岬です。
四極の中では最も歩く場所となっています。
四極の中でも最も暖かい南の端の場所なのです。

この証明書は以下の場所で入手することができます。

【佐多岬】
・佐多岬観光案内所
・ホテル佐多岬
・さたでい号待合所
・南大隅町観光協会
・役場本庁商工観光課
・役場佐多支所

いかがだったでしょうか。
見る人が見れば、これは集めなければ!!となってしまいそうな日本本土四極踏破証明書。
実際にそこに訪れたものにしかこの価値はわからないかもしれません。
しかし、4枚集めたときには、その達成感は何物にも代えられないものではないのでしょうか。
もちろん、ただの日本の端というだけではなく、それらの場所には見どころもたくさん。
当ブログではまだ最西端、最南端は訪れていませんので、今後訪れた際には写真も更新していきたいと思います。