965【映画あれこれ】あふれだすリアリティ…。これが現実とならないことを祈る…『エンド・オブ・ザ・ワールド』

映画あれこれ(Movie)
この記事は約5分で読めます。

核戦争によって人類が絶滅の危機に瀕してしまったとしたら。
そんな恐怖というものは、人類が核兵器を開発してからは常に人類の脳裏をよぎる恐ろしい光景なのでしょう。
核兵器の恐怖を知った人類は、それによって人類が核戦争を起こし、人類がいなくなってしまう世の中について、小説や映画といったメディアによって表現されているものもいろいろとあります。

今回紹介しているのはとある映画なのですが、こういった核戦争によって世界が死滅していく状況を表した映画としては、かなり古い部類に入る映画です。
元々は、1959年に映画が発表された『渚にて』という映画なのですが、それが2001年にリメイクされ『エンド・オブ・ザ・ワールド』として再度映画として公開されたものなのです。

元々のタイトルである『渚にて』という名前からは思いつかないような、核戦争後の世界を表したこの映画。
人類が滅亡に向かってジワジワと追い詰められていく様子がリアルに表現されているとあって、知る人ぞ知る映画なのです。

今回はこの映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 核戦争が実際に起こると、人類はじわじわと滅亡に向けて追い込まれていく。このようなことは映画の中だけにとどめておいてほしいものです。

映画に関する記事です。

923【映画あれこれ】ローマ法王にかかる重圧。そしてそこにある苦悩を描いた『ローマ法王の休日』
ローマ法王になるということはどういうことなのでしょうか。そんな世界中の人々が知っているけれど、実際にどうやってその立場になるのか。どんな生活をしているのか。そんなローマ法王の事実をコメディ映画として取り扱っているのが映画『ローマ法王の休日』です。
902【映画あれこれ】原爆投下からわずか8年。この出来事を風化させまいとした人々によって作られた映画『ひろしま』
原子爆弾を取り上げた作品の中でも、原爆の悲劇からわずか8年後という時代に、実際に広島での原子爆弾の様子を目の当たりにした多くの一般のエキストラの人々が参加した映画があります。その映画を『ひろしま』といいます。
881【映画あれこれ】インドネシアを震撼させた大虐殺事件を取りあげた映画『アクトオブキリング』
インドネシアは世界でも最大のイスラム教徒人口を誇る国です。それ以外の宗教の人たちには暮らしにくそう・・・。と思ってしまうかもしれませんが、インドネシア国内には、キリスト教の人も、ヒンドゥー教の人も、仏教の人もいます。そして、国の祝日にはそれらのイスラム教徒は違う宗教の特別な日も、国家の祝日として制定されるほどなのです。厳格なイスラム国家とは少し雰囲気が違いますよね。
860【映画あれこれ】インドのムンバイ同時多発テロを取り扱った映画『ホテルムンバイ』
た世界を震撼させた事件は、映画化され後世に語り継がれていく場合があるのです。今回紹介している映画もとあるテロ事件を紹介したものです。その映画とは、ホテルムンバイといい、2008年に起きたインドのムンバイ同時多発テロを取り扱った映画なのです。
839【映画あれこれ】実際の事件を取り上げたドキュメンタリー映画。まさか現代にこのようなことが…『奴隷の島、消えた人々』
今回紹介している映画は、『奴隷の島、消えた人々』。ドキッとしませんか、このタイトル。"奴隷"という言葉が印象的なこの映画のタイトル。いかに古い時代の話なのかなと思いきや、その詳細を見てみると、意外や意外。この映画は実際に2014年に発覚した韓国でのとある事件を取り扱った映画なのです。
818【映画あれこれ】もはや説明の必要のないほどの名作映画。映画と旅とがつながったのはここからかもしれない『ローマの休日』
今回紹介している映画は、日本では1954年に公開されたこの映画ですが、この映画を見て、映画の中で出てきた様々な舞台を巡りに行く!という行動に出た人々も多かったと聞きます。その映画の名前を『ローマの休日』といいます。
797【映画あれこれ】かの有名なこの人物を、一人の少女として新たな角度から映画化した『マリー・アントワネット』
「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない。」このセリフを聞いたことがあるのではないでしょうか。誰のセリフだったかなあ、と思い返してみると、歴史上のとある悪女が浮かんでくる緒ではないかと思います。その人物こそが、フランス国王ルイ16世の王妃だったマリー・アントワネットです。
755【映画あれこれ】1950年代のサイゴンが舞台。10歳で奉公に出た少女の成長と人々との交流を描いた作品『青いパパイヤの香り』
今回紹介しているのは、ベトナムの大都市であるホーチミンシティがまだサイゴンと呼ばれていた1950年代のベトナムを取り扱った映画です。その映画の名前は、『青いパパイヤの香り』といいます。
734【映画あれこれ】ベトナムの古い慣習を映像化。しかし、その映像化は問題となり・・・『第三夫人と髪飾り』
ベトナムで作られた『第三夫人と髪飾り』という映画。この映画の舞台は19世紀のベトナム。一夫多妻制が残り、男児を生み育てることが女性の務めとされていた古き慣習の残る時代。その時代に翻弄される14歳の少女が主人公の映画です。
713【映画あれこれ】暗黒の時代を実際に体験した人物が演じるリアリティ『キリングフィールド』
今回紹介しているキリング・フィールドという映画は、地獄のような日々に突き進んでいっていた、当時のカンボジアの状況を表している映画なのです。その映像は非常にリアリティにあふれているのですが、そこまでのリアリティがなぜ表現できたのかというと、この映画の助演の男性が、実際にクメール・ルージュ下のカンボジアを生き抜いた人なのです。
573【映画あれこれ】同じ民族が引き裂かれた悲劇の戦争、朝鮮戦争。ある兄弟の姿を通して戦争の現実を物語る『ブラザーフッド』
映画『ブラザーフッド』は、朝鮮戦争に翻弄されたある兄弟を取り扱った映画なのですが、ストーリーとしてはフィクションであり、実際には起こりえないだろうという点もあったりするため、賛否分かれる映画です。ただ、戦争が同じ民族、家族、恋人たちを引き裂き、多くの人々の心の中に傷を残した戦争の雰囲気は十分に伝えてくれる作品だと思います。
555【映画あれこれ】ベトナム戦争時、アメリカはこの国の中でどのような立場だったのか『グッドモーニング、ベトナム』
ベトナム戦争真っただ中のサイゴン(現在のホーチミンシティ)でアメリカ兵のためにラジオ放送を行っていたある空軍兵且つラジオDJの視点から見たベトナムを描いた作品『グッドモーニング、ベトナム』です。このストーリーは実在の人物の体験に基づいて描かれており、ベトナム戦争のまた違った一面を見ることができる映画なのです。
537【映画あれこれ】ポル・ポト政権下のカンボジアでの実話。この国を襲った歴史の一端が見える『地雷を踏んだらサヨウナラ』
ポル・ポト率いるクメール・ルージュによって激しい内戦状態に陥っていた1970年代のカンボジア。そのような状況下にあったカンボジアに単身乗り込み、カンボジアの実情を伝え続けたのが一ノ瀬泰造氏なのです。そんな一ノ瀬泰造氏の半生を映画化したものが、今回紹介している、『地雷を踏んだらサヨウナラ』です。
522【映画あれこれ】今の時代ではありえないかもしれないが、人が自分の力で生きるためにはありだったのか『フリークス』
今回ふと目に留まったとある白黒映画。その映画なのですが、邦題では『怪物園』、原題では『フリークス』といい、サムネイル画像には下半身がなく、手だけで体を支える人物の画像が。あまりにも強烈なその画像が気になり、この映画を閲覧してみましたが・・・
507【映画あれこれ】イギリス統治時代のインドが舞台。この時代の女性のおかれた立場がよくわかる伝説的な女優『マドビ・ムカージ』
オンデマンドビデオサービスの中では、これまでに全く知らなかったような動画も目に入ります。たくさんのサムネイルを見ていると、その中には目に留まるものもあったりするのです。オンデマンドビデオサービスで目に留まったある映画作品と、そこから知ったとあるインド人女優であるマドビ・ムカージについて書いていきたいと思います。

映画『エンド・オブ・ザ・ワールド』

エンド・オブ・ザ・ワールド』とは2001年に公開された映画です。
元々は『渚にて』というタイトルで1959年に公開されていた映画です。
その題名からはなかなか内容がイメージしにくいかもしれませんが、この映画はなかなかショッキングなテーマを取り扱った映画なのです。
なんと、映画の舞台になっているのは、人類が核戦争を起こしたことによって北半球の人類が全て絶滅した世界なのです。
南半球にはまだかろうじて人類が生き残っていますが、北半球から押し寄せてくる放射能によってあとわずかで人類は滅亡してしまう問い世界なのです。
そして、単なるパニック映画などと違うところが、映画が後半に向かっていくにつれ、予想されていた通り人類は追い詰められていくというだけの内容となっています。
淡々と人々に迫りくる放射能と死の恐怖。
映画だし、ハッピーエンドで終わるのだろうなあ、と思いながら見ていると、最後の最後まで希望を打ち砕かれる映画になっているのです。

この映画の舞台となっているのは核戦争後の世界。
台湾をめぐって、アメリカと中国による核戦争が勃発。
その結果北半球の人類は放射能によって全滅し、もはや北半球は放射能汚染によって人類は住むことができない世界となっています。

生き残った人類は南半球へと逃げますが、北半球からは容赦なく放射能が南に向けて襲い掛かってきており、あと2か月もすれば人類は滅亡するだろうと予測されています。
人びとは人類が生き残っている最後の地、オーストラリアへと駆け込みます。

そんな折、すでに人類が住むことができない地となってしまっていると考えられていたアラスカのアンカレッジにあるテレビ局からとあるメールが届きます。
希望を捨てるなという内容のメールは毎日同じ時間になると必ず送られてきます。(※『渚にて』の場合は、これはモールス信号のような電波、となっています。)
実は北には放射能汚染のない地域、もしくは放射能が弱まっていて人類が生存可能になっている地域があるのではないか。

そこで、オーストリア海軍が原子力潜水艦を用いてアンカレッジの探索を行う計画を立てます。
オーストラリアからアンカレッジまでは往復で1か月もかかる航海。
しかし、そこが生存可能であれば、人類は生き延びることができるかもしれません。
原子力潜水艦はアンカレッジに向かっていきます。

ところがアンカレッジで待っていたのは残酷な現実でした。
アラスカに上陸すると、そこは高い放射線量区域であり、どう見ても生存者の姿はありません。
電子メールが送られてきていたテレビ局へたどり着くと、そこには太陽電池で動作するパソコンがあり、そのパソコンから送られてきていたメールなのでした。

生存者も発見できず、生存可能な地も発見d傷失意のもとにオーストラリアに変えるクルーたち。
やがて最後の聖地だったオーストラリアにも放射能汚染が拡大していきます。
人びとの生活は失われ、被爆によって体調を崩すものが続出していきます。
国からは安楽死するための薬が支給され、そこに列をなす市民たち。
潜水艦の乗組員たちも、乗組員として死にたいと潜水艦に集まり、最後の航海へとと旅立っていくところで物語は幕を閉じます。

いかがだったでしょうか。
最後に残されたわずかな希望。
その希望すら打ち砕かれ、人類は滅亡へと突き進んでいく。
核という恐怖が現実になってしまったとしたら、現実はこのように淡々としたものなのかもしれません。
1950年代にす出にこのような映画が考えられていたほど、核兵器というものは人類に対して衝撃的なものであったのでしょう。
この映画が現実とならないように、我々にできることを考えていかなければなりませんね。