968【北海道紀行】根室にあるゲストハウスで、道東の街を満喫しませんか『ネムロマン』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

近年は、民泊も解禁されたこともあって、ひと昔前と比べるといろいろなタイプの宿ができてきました。
特に、一軒家を活用したゲストハウスというものは、その数がかなり増えてきました。
ホテルぐらいしか宿泊先として選択肢がなかったころとを比べてみると、ゲストハウスを利用するということは、そのゲストハウスを目的地として、普段できないような体験を求めて旅に出るというようなことも増えてきたのではないかと思います。

そして、ゲストハウスの良い点は何よりも価格ですね。
リーズナブルな価格で、ホテルとは一味違う体験ができる。
さらにそこにゲストハウスそれぞれの特徴も加わってくるので、実際行ってみるまで分からないところもあったりします。

今回紹介しているゲストハウスも、少し広めの一軒家を使ったゲストハウスです。
北海道の根室にはゲストハウスという選択肢がほとんどありませんでした。
そのような根室に素敵なゲストハウスができたのです。
そのゲストハウスとは『ネムロマン』といいます。
一軒家の居心地の良さと、根室にあるからこそのネムロマンならではの特徴。
今回はこの根室のゲストハウス、ネムロマンについて紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 根室の自然や食を堪能。根室に行ったからにはこのゲストハウス『ネムロマン』を利用してみよう。

これまでの道東の記事です。

997【北海道紀行】根室にある回転寿司店。しかし、根室の回転寿司は、ただの回転ずしではないのです『祭囃子(まつりばやし)』
なーんだ、回転ずしか・・・、と思うかもしれませんが、根室の回転ずしを侮ってはいけません。その回転寿司店は、祭囃子(まつりばやし)と言います。この回転寿司店。根室にある回転寿司店だけあって、大手チェーン店の回転寿司店とは一味も二味も違うお店となっているのです。
985【北海道紀行】すぐ裏手には風連湖を望む道の駅『道の駅 スワン44根室』
今回紹介しているのは北海道の道東にある道の駅です。先日紹介した、道東にある巨大な湖 風蓮湖。この風蓮湖を南側から一望できる場所にある道の駅があるのです。その道の駅とは、道の駅 スワン44ねむろと言います。
975【北海道紀行】知床クルーズの玄関口ウトロにある巨大な道の駅『道の駅 うとろ・シリエトク』
今回紹介しているのは、北海道の道東、知床にある道の駅です。知床峠を挟んで、東にあるのが、道の駅 知床・らうすです。そして、西側にも道の駅が用意されているのです。その道の駅を『道の駅 うとろ・シリエトク』というなんとも不思議な名前の道の駅です。
958【北海道紀行】日本本土最東端の岬。日本で一番早く朝日が昇る『納沙布岬』
日本本土の中で最も一日で早く日が昇る場所は??太陽は東から登って、西に沈みます。となると、もっとも日本本土の中で東の端になるのはどこかということですよね。地図を見てみてそれがどこになるのかなあ、と探してみると、北の大地にその場所があることがわかるかと思います。その場所は北海道は道東の根室にある、納沙布岬(のさっぷみさき)なのです。
936【北海道紀行】乙女の涙と呼ばれる知床の滝。そこまでの道のりは恐ろしいのですが・・・『フレペの滝』
今回紹介しているのは知床八景の一つ、フレペの滝であり、知床の山々に降った雨水や雪解け水が、岩の割れ目からしみだしている知れとのこの絶景を代表する滝です。実際に訪れてみるとそのスケールの大きさには驚かされます。滝によって浸食されたと思われる海岸崖と滝のコントラストは、見ているものの心をわしづかみにすることでしょう。
931【北海道紀行】北方領土を望む日本の東端、納沙布岬にある『北方領土資料館』
根室を含めた道東の地域には、北方領土に関する施設が数多くあるのです。その中でも今回紹介しているのは北方領土資料館という施設です。この施設は、日本最東端である納沙布岬にある資料館となっており、北方領土のことについて学ぶことができる資料館となっています。
918【北海道紀行】知床半島を横切る横断道路にある、世界遺産知床を望む峠『知床峠』
知床の中心を横断する道路が知床横断道路であり、その最も高いところに知床峠があります。世界遺産知床を一望できる場所にある知床峠。ここからはどのような光景が広がっているのでしょうか。世界遺産の知床を横断する知床横断道路にある広大な美しい景色を眺めることができる知床峠に行ってみましょう。
916【北海道紀行】ああ知ってる!香川県の…!?ではなく、北海道にある『金刀比羅神社』
全国各地にある金刀比羅神社なのですが、今回紹介しているのは北の端にある北海道は根室の金刀比羅神社です。そして、北方領土にも近いこの金刀比羅神社には、かつて北方領土にあった神社のご神体もここに移され置かれているのです。
915【北海道紀行】「叫びの像」「別海北方展望塔」も隣接する道の駅へ行ってみよう『道の駅 おだいとう』
いずれは北海道と切り離されてしまうのではないかと言われている、ラムサール条約にも登録されている(砂嘴)である野付半島。この野付半島を会場奉公4km先に臨むの野付郡にある道の駅。その道の駅を『道の駅 おだいとう』といいます。 非常にこじんまりとした、不思議な形の道の駅なのですが、この道の駅にある建物は、別海北方展望塔と呼ばれています。
909【北海道紀行】世界遺産知床の入り口にたたずむ、大人気の道の駅『道の駅 知床らうす』
北海道は、知床半島の中ほど。そんな場所に、北方領土の国後島に日本で最も近い道の駅があります。その道の駅とは、『道の駅 知床・らうす』。不思議な名前をしているなあと思いますが、地名です。羅臼という町にあるこの道の駅は、この道の駅を過ぎると世界自然遺産である知床の自然の光景を眼前に眺めることができる知床横断道路の羅臼側の起点となります。
892【北海道紀行】街中にポツリと立つ歴史ある教会の建物『根室キリスト教会』
今回はそんなキリスト教の教会の中でも、根室にある根室キリスト教会について書いていきたいと思います。が、実際に中に入ったわけではなく、その外観を見たときにかなり歴史を感じさせる建物だなあ、とフィーリングを感じたのが実際であり、なかなかここについての資料は少なかったりするのではありますが、印象に残った建物の写真と共に紹介をしていきたいと思います。
888【北海道紀行】根室半島チャシ跡群の中では最もよく整備され、訪れやすいチャシ『ヲンネモトチャシ跡』
根室半島チャシ跡群の24か所の中でも人が入れるように整備されて公開されている場所はわずかとなっています。その中でも、日本最東端の納沙布岬からも近く、きちんと整備されているためにチャシ跡に訪れる人々のほとんどが訪れる場所がヲンネモトチャシ跡です。
886【北海道紀行】かつての日本最東端の駅。チャシを巡る旅には立ち寄り必須の『根室駅』
日本で一番東の端にある駅とはどこにあるでしょうか?頭の中に地図が思い浮かんでいることでしょうが、どのエリアが思い浮かんでいるでしょうか?日本最東端の駅とは北海道にあるのです。その駅の名前とは東根室駅という小さな駅になります。ただし、今回紹介するのは東根室駅ではありません。東根室駅が日本最東端の駅となる前に日本最東端だった駅があるのです。
874【北海道紀行】妄想紀行が現実に!!かつてアイヌの人々の拠点だった『チャシ』とは何なのだろうか
日本百名城の栄えある登録ナンバー001。北海道根室にある根室半島チャシ跡群。1番でありながら、北海道の中でも唯一道東の離れたところに存在する百名城。そんなところに城などあるのか?と誰もが口にすることでしょう。そう思うかもしれませんが、あるんですここには。チャシが。
397【妄想紀行】日本百名城の栄えあるNo.1の城跡。しかし、ここへ訪れるのは非常にハードルが高く…『根室半島チャシ跡群』
日本百名城ですが、その城ナンバーの01にある城をご存知でしょうか?北から順番に番号を振られているため、ナンバー01の城は北海道にあります。その名を、『根室半島チャシ跡群』と言います。

ゲストハウス『ネムロマン』

北海道の根室といえば、道東にある町。
それほど大きくはない町ですが、道東を代表するような町です。
ここを訪れる人となると、おそらく日本本土最東端にある納沙布岬を訪れるために来る人がほとんどではないかと思います。
他には、日本の中で最も東の端にある駅、東根室の駅を目指す人。
日本百名城の中でも最も訪問が難しいかもしれない場所、根室半島チャシ跡群を訪れる人。
などでしょうか。
実際、根室には何があるのでしょうか。

根室が近づいてくると、北方領土に絡んだようなのぼりなどがよく目に入るようになってきます。
海を隔てた先にはすぐに北方領土がある国境の町なのだなあというのがじわじわと感じられることでしょう。

それ以外となると、とにかく自然がまだまだたくさん残っている場所なのだなあというのもよくわかるかと思います。
空気が非常に澄んでいますね。
自然に生きる野生動物たちをちらほら見かけることもあると思います。
そして何よりも、食の宝庫である北海道の中でも、抜群に海産物の味が素晴らしいというところです。
実際、街中を歩いてみると、かつては反映していたのだろうなあと感じる天もあります。
思っていたより閑散としているなあと感じることもあるでしょう。
訪れるまでも、訪れてからも不便なところも多々あるかもしれません。
しかし、それ以上の魅力あふれる場所が根室なのです。

そんな根室に2020年にオープンしたのがゲストハウス『ネムロマン』なのです。
オーナーがこの地にゲストハウスをオープンしたのは根室という地に眠るまだまだ知られていない魅力の数々だったのだそうです。
自然豊かな根室で、驚くほどおいしい海産物に出会い、ただただゆったりと流れる時間を楽しむ。
そのような体験をさせてくれるのがゲストハウス『ネムロマン』なのです。

ネムロマンは少し大きめな一軒家を使ったゲストハウスです。
中に入ってみると、自分の家に帰ってきた感のある作りになっており、男性用のドミトリーと女性用のドミトリーに加えて、和室もある部屋構成となっています。
宿泊だけではなく、飲食店として利用したり、部屋を貸し切って利用したりといった使い方もできるようになっています。
ダイニングスペースが談話室のようにもなっており、ここで人が集まったり、朝食を食べたりすることができるようになっています。
朝食と書きましたが、ネムロマンにやってくるとオーナーさん一押しの朝食を利用することもできます。
シンプルな日本の朝食、というような内容ではありますが、根室の海産物を使った美味しい朝食は、ここに泊まったからには利用しない手はないほどの味わいを与えてくれます。

アクセス

根室駅から北に1.2kmほどの場所にあります。

フレペの滝へ行ってみた

それでは、ゲストハウス『ネムロマン』へ行ってみましょう。

かつては非常に栄えていたのであろうと感じる、根室港の近くにネムロマンはあります。
海で働く男とたちが利用していたんだろうなあ、というような施設が点々とする中にネムロマンはあります。
上の写真はゲストハウス前であり、駐車場は十分に完備されています。

こちらが遠目から見たところです。
少し大きめの一軒家がゲストハウスになっています。
和室は1階にあり、2階はドミトリールームがあります。

かつてあった家をリノベーションしたものとなっており、非常にきれいなゲストハウスですね。

今回実際に泊まったのは和室でした。
設備は必要最低限のものがそろっており、家族などで訪れても安心して泊まることができます。
もちろん施錠もできますのでセキュリティ面も問題はありません。

いかがだったでしょうか。
非常に素朴な感じのするゲストハウスですが、非常に心温まるゲストハウスでもあります。
実際、何かをするには不便な点もありますが、自然を感じ、美味しいものを食べ、ゆったりと流れる時間を感じるためには、何もいらないのかもしれません。
北海道ではまだまだ知られていない地、根室に行くというのも広い北海道旅行ではトライしてみる価値のある旅になるかもしれませんよ。