969【旅ノウハウ】コンパクト且つ、初めての旅でも楽しめるように設計されたガイドブック『たびまる』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

今回紹介しているのは日本国内旅行で使えるガイドブックの一つです。
日本国内を旅するときに、ガイドブックを片手に旅をすると、知らなかったような場所まで余すことなく旅することができますよね。
そして、そんな旅のお供のガイドブックは、コンパクトであればあるほど、持ち運びには便利なわけです。
ところが、ガイドブックというとけっこうかさばるものも多かったりするのが現実ですよね。

今回紹介しているガイドブックは、『たびまる』というシリーズになります。
このシリーズですが、とにかく持ち運びが便利。
大きすぎず、小さすぎない、日本人の手になじむサイズのたびまるシリーズは、推計で770万部を超えるほどの人気があるガイドブックとなっています。
数々のガイドブックは非常に大きなものが主流であるものの、このように手に収まるガイドブックというのは、各社こぞって出版しだしているように、非常に需要のあるものなのでしょうね。

今回はこの小さなガイドブック『たびまる』シリーズを紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • ここぞというときにほしい旅のガイドブック。たびまるを片手に持ってくまなく旅を楽しんでみよう。

旅のガイドブック『たびまる』シリーズ

旅のガイドブック『たびまる』シリーズは、昭文社が出版している旅のガイドブックシリーズです。
日本国内に特化しているこのガイドブックは、日本の30エリアを網羅しているガイドブックであり、累計で770万部を超える発行部数を誇る人気のガイドブックシリーズです。

この一冊があれば、旅が初めての人でも大丈夫。
旅の計画から、現地に行った時の遊び方まで詳細に紹介してくれているために、困ったことがあればこの一冊を開きさえすれば次に何をしたいかがわかるかもしれません。

シリーズ化されている地域は次のようになっています。

<北海道>
・北海道
・札幌・小樽

<東北>
・東北
・仙台・松島

<関東)
・日光・那須
・東京
・横浜
・鎌倉
・箱根
・伊豆

<中部・北陸>
・軽井沢
・信州
・金沢
・飛騨高山

<関西>
・名古屋
・京都
・大阪
・神戸
・奈良・大和路
・南紀・伊勢

<中国>
・山陰
・広島・宮島

<四国>
・四国

<九州・沖縄>
・九州
・福
・長崎
・由布院・阿蘇
・鹿児島・屋久島
・沖縄
・石垣・宮古

日本の人気観光地がほとんど網羅されていますね。
子のラインナップによって、日本全国を旅する人の、見たいところ、食べたいもの、体験したいことのすべてをサポートする欲張りな旅を提供するガイドブックなのです。

なお、『たびまる』シリーズの特徴は、コンパクトなガイドブックであるということだけではありません。
特徴の一つとは、アプリ「まっぷるリンク」との連携です。
たびまるを購入すると、そのガイドブックと同じページがアプリ上で閲覧することができるようになるのです。
また、そのアプリが位置情報と連携することで、目的地までの案内をしてくれる来野末あったり、リアルタイムな情報やイベントなども提供される、非常に生きた情報を提供してくれるアプリと連携できるようになるのです。

また、旅行ガイドブックを数多く手掛ける会社だけあって、地図情報の充実っぷりもなかなかのものとなっています。
その地域の全景地図から始まり、徒歩旅に使える地図や、エキナカの詳細な地図など、必要な情報をさっと確認することができる地図情報が非常惟充実しているのです。

また、記事の掲載の仕方も特徴があります。
旅先というのはほとんどの人が初めて旅する場所だ、という場合が非常に多いことでしょう。
たびまるの特徴の一つとして、そんなときにどこに行くか決めるのに便利なランキング形式掲載されているという点です。
グルメスポットや観光名所、ショッピングを楽しめる場所などの数々がランキング形式になっているので、どこに行こうか迷ったときにはこのランキング上位からかたっぱしに攻めていく、という使い方もありですね。

いかがだったでしょうか。
書店などに行くと、数多くのガイドブックがあることで目移りしてしまいますよね。
その時に何を基準に選ぶのかというと、表紙に描かれた情報や、書店のおすすめなどもあるかもしれませんが、やはり持ち歩きやすいサイズというものも選ぶための大切な基準の一つなのでしょう。
持ち運びやすいサイズと、アプリでも利用できるという利便性から、多くの人々の選ばれているこのたびまるシリーズ。
旅のお供の選択肢としてはアリな一冊なのかもしれませんね。

さあ、迷っている暇があったら、書店に駆け込んで、気になる一冊を手に旅立ってみませんか?
そんな思い切りの旅にも非常に役立つ相棒となる一冊となることでしょう。