989【北海道紀行】羅臼の町、そして抜群の国後島の眺めを見られる展望塔『羅臼国後展望塔』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

以前紹介した道の駅 知床・らうすの背後には、急激にそびえたつ山があります。
その高さなんと海抜167mもあるのですが、その高台にとある展望台があります。
海から急激にこれだけの高さになるわけですから、その展望台からは羅臼の街の前に広がる海、そして、遠く先に見える北方領土 国後島の姿を確認することができるのです。
この施設の名前を、羅臼国後展望塔といいます。

ここにたどり着くまではかなりの酷道になっています。
道幅はかなり狭く、恐ろしい急坂ともなっているので、徒歩ではかなりたどりつくまでが大変なことでしょう。
車での訪問でも十分に気をつけるように注意書きされているような場所にあります。
しかし、そういったハードルを越えてなお見てみたい景色がそこにあるのです。

今回はこの望郷台と呼ばれる高台にある羅臼国後展望塔について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 海沿いから急激に高台に登る。そこにある展望塔から眺める景色は別次元のものでした。

これまでの知床の記事です。

975【北海道紀行】知床クルーズの玄関口ウトロにある巨大な道の駅『道の駅 うとろ・シリエトク』
今回紹介しているのは、北海道の道東、知床にある道の駅です。知床峠を挟んで、東にあるのが、道の駅 知床・らうすです。そして、西側にも道の駅が用意されているのです。その道の駅を『道の駅 うとろ・シリエトク』というなんとも不思議な名前の道の駅です。
936【北海道紀行】乙女の涙と呼ばれる知床の滝。そこまでの道のりは恐ろしいのですが・・・『フレペの滝』
今回紹介しているのは知床八景の一つ、フレペの滝であり、知床の山々に降った雨水や雪解け水が、岩の割れ目からしみだしている知れとのこの絶景を代表する滝です。実際に訪れてみるとそのスケールの大きさには驚かされます。滝によって浸食されたと思われる海岸崖と滝のコントラストは、見ているものの心をわしづかみにすることでしょう。
918【北海道紀行】知床半島を横切る横断道路にある、世界遺産知床を望む峠『知床峠』
知床の中心を横断する道路が知床横断道路であり、その最も高いところに知床峠があります。世界遺産知床を一望できる場所にある知床峠。ここからはどのような光景が広がっているのでしょうか。世界遺産の知床を横断する知床横断道路にある広大な美しい景色を眺めることができる知床峠に行ってみましょう。
915【北海道紀行】「叫びの像」「別海北方展望塔」も隣接する道の駅へ行ってみよう『道の駅 おだいとう』
いずれは北海道と切り離されてしまうのではないかと言われている、ラムサール条約にも登録されている(砂嘴)である野付半島。この野付半島を会場奉公4km先に臨むの野付郡にある道の駅。その道の駅を『道の駅 おだいとう』といいます。 非常にこじんまりとした、不思議な形の道の駅なのですが、この道の駅にある建物は、別海北方展望塔と呼ばれています。
909【北海道紀行】世界遺産知床の入り口にたたずむ、大人気の道の駅『道の駅 知床らうす』
北海道は、知床半島の中ほど。そんな場所に、北方領土の国後島に日本で最も近い道の駅があります。その道の駅とは、『道の駅 知床・らうす』。不思議な名前をしているなあと思いますが、地名です。羅臼という町にあるこの道の駅は、この道の駅を過ぎると世界自然遺産である知床の自然の光景を眼前に眺めることができる知床横断道路の羅臼側の起点となります。

羅臼国後展望塔

羅臼町の中心市街地からすぐそばに、急激に高台になっている場所があります。
望郷台とも呼ばれるこの高台は、かつて北方領土から羅臼町に引き揚げてきた人々が故郷である国後島を一望できる丘であるところからきています。
この高台には、羅臼の街を一望することができる展望塔があります。
その名を羅臼国後展望塔と言います。
“国後”と名前にあるように、この展望塔からは、海を隔てた先にある北方領土 国後島をも一望することができるのです。

以前当ブログでも紹介した、道の駅 知床・らうすがあったと思いますが、その近くから高台につながる車道があるので、そこから急激な坂を上っていくと羅臼国後展望塔に到着します。
しかし、如何せん167mもある高台にある展望塔。
かなり厳しい坂道となっているので、徒歩でも行けないことはないですが、なかなかに厳しい道のりであることは間違いありません。
また、道幅も狭くなっているので、車で訪れる場合も十分に注意していく必要があるでしょう。
まあ、対向する車はほぼないのでその点では安心していくことができるかもしれませんけど。

たどり着いた駐車場の先にある小さなコンクリート造の施設。
こちらが羅臼国後展望塔なのです。
施設前面から見ると小さな建物なのかな?と思ってしまうかもしれませんが、斜面に沿って建てられたこの施設、内部はかなり広くなっています。
また、展望デッキには、建物の入り口横にあるスロープを上っていくとたどり着くことができます。
この展望塔は羅臼でもピカ一の絶景スポットであるといわれています。
羅臼の街並み、そして羅臼の港を一望できることはもちろん、晴れた日には海を隔てた先にある国後島をも一望することができます。
国後島内にそびえる山々の姿は、羅臼に引き揚げてきた国後島の人々にとっては忘れられない光景だったことでしょう。
また、背後を振り返ってみると、羅臼の街を囲む羅臼岳がそびえており、海から山まで、広大な自然をこの場所では独り占めできてしまう場所でもあるのです。

この施設、展望塔という名前なのですが、展望を楽しむことができるだけではありません。
この施設内には、北方領土問題について解説された展示室や映像室などが設けられており、ここにくるだけで北方領土問題のすべてがわかるといっても過言ではありません。
実際、筆法領土問題と言われても詳しくは説明できない人が多いかもしれませんが、歴史的にこの北方の地域が、どういったいきさつやどういった条約などによって日本かロシアかどちらに帰属するかが決められていき、今の状態がいかに不法なものであるかということが、館内の展示を順にみていくことでよくわかることだと思います。

そして、特に印象に残るのは、北方領土の島々でのかつての人々の生活を紹介した写真展示の数々です。
島にあった学校での行事の様子。
世界的な漁場である千島海域での漁業や、工業、農業、畜産業といった、島での産業の紹介。
たしかにそこには日本人の生活があったんだというのがよくわかるのです。

アクセス

道の駅 知床・らうすの近くにある登山道を1.5kmほど登ったところにあります。

羅臼国後展望塔へ行ってみた

それでは、羅臼国後展望塔へ行ってみましょう。

施設はこの写真のすぐそばなのですが、残念なことに撮り忘れてしまいました・・・。

施設入り口のすぐそばに、建物の背後に向かうスロープがあります。
そこを進んでいくと、羅臼港が一望できる展望デッキがあります。
上の写真のように羅臼港が一望できます。
ここから漁船団が出航していく様子は、大迫力なのでしょう。

残念ながらこの日はかなり曇っていたので見ることはできませんでしたが、この海の向こうには国後島があり、晴れた日にはここからその様子がよく見えるのです。

背後を見てみると、羅臼の街を囲んでいる険しい山々が連なっています。
羅臼岳の姿もよく見えるらしいのですが、こちらもかなり曇っていたことからこの日は見ることができませんでした。

館内に入ってみると、館内にもこのような展望フロアが設けられています。

館内展示は、北方領土問題について詳細に説明されているので、なぜ今もなお大きな問題として残っているのかがよく理解できるかと思います。

なかなか他で見ることができないのが、かつて北方領土の島々で営まれていた人々の生活の様子の写真です。
かつてここには日本の生活があったんだ、ということを改めて認識させてくれるかのような展示です。

このように地図で見てみると北方領土の大きさがよくわかることでしょう。
国後島だけ見てみても、知床半島よりもさらに大きな土地なのだということがわかります。
これだけの地域が今もなお日本に戻らず残っている。
忘れてはいけない日本の課題なのですね。

いかがだったでしょうか。
展望を求めてここを訪れるのもいいかと思いますが、ここまでやってきたのだから、北方領土に関する様々な知識をここで吸収してこそ、来たかいがあるというものではないでしょうか。