990【旅ノウハウ】これを片手に、大河ドラマの舞台を歩き回って見ないか『NHK大河ドラマ・ガイド』

旅のノウハウ(Travel)
この記事は約4分で読めます。

日曜夜の定番の番組、大河ドラマ
歴史的事実をもとに、1年を通して描かれる長編ドラマは、毎年毎年見る人を魅了する番組ですよね。
第一作であった井伊直弼を主人公とした花の生涯から数えると、何と60年以上も続いているこのシリーズ。
各年代の人々に愛され続けてきた証ですよね。

そんな大河ドラマですが、どのような時代が選ばれるか、どのような主人公が選ばれるかによって、日本各地がそわそわしだすわけですよね。
なにせ、大河ドラマの舞台として選ばれた場所には、大河ドラマ館なるものが設営され、街ぐるみで大盛り上がりするわけです。
すなわちその一年間は特需になるわけですね。
そういう事情もあって、大河ドラマの誘致合戦は水面下ではなかなかにすごい状態なのだそうです。

そんな市町村事情にも影響を与える大河ドラマ。
ドラマを見るのももちろんですが、より深くそのドラマを味わえたらなあ、と思いませんか。
そんな時には、大河ドラマのガイドブックがあるといいのです。
いくつかの出版社から発行されているガイドブックですが、やはり大河ドラマを放送しているNHKの出版のガイドブックが一番手堅いのではないかと思います。

毎年、その年の大河ドラマを徹底的に解説してくれる『NHK大河ドラマ・ガイド』シリーズ。
前編・後編・完結編と、一年間に三冊発行されるこのガイドブックは、細かな設定から先のストーリーの予告、そしてそのドラマにまつわる場所の情報まで盛りだくさんな内容になっているガイドブックなのです。

今回はこの『NHK大河ドラマ・ガイド』について紹介をしていきたいと思います

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • 大河ドラマをより深く理解したいなら、手元に『NHK大河ドラマ・ガイド』を置いておくだけで、物語の理解はより深いものになります。

NHK大河ドラマ・ガイド

歴史的な史実をベースにして、時には創作も加えながら展開していく大河ドラマ
民法では考えられないような製作費をかけ、一年間を通して放送される大河ドラマは、いつもその話の中に引き込まれますよね。
そんな大河ドラマをもっと深く理解したいなあ、と思うときにはこれが手元にあるといいかと思います。
それは、『NHK大河ドラマ・ガイド』というMOOK本なのですね。
毎年放送される大河ドラマに合わせて、年間で前編・後編・完結編の3冊が発行されるようになっています。

ドラマを見る前に予習的に目を通しておくにもよし。
ドラマ後にその日の放送を振り返るにもよし。
何かと使える本なのです。

ではその中にはどのようなことが書かれているのでしょうか。
まず一つは、非常にわかりやすい人物相関図があることです。
このNHK大河ドラマ・ガイドを開いてすぐに目に入ってくるのが人物相関図。
これを見れば複雑な人間関係も一目で理解することができますね。

それに続いて特集されているのが、ドラマに登場する俳優さんたちへのインタビューです。
その役に取り組むいきさつや意気込み。
ドラマの見どころなどが俳優たち自身から語られます。
これを読んでからドラマを見ると、どのようにその人物の演技を見ればいいか、見る角度が変わってきそうな気がします。

旅に役立つのが、ドラマで舞台になっている場所の紹介です。
メジャーな観光地になっている場所から、あそこが実は大河ドラマに関係するなんて!というところまで、このNHK大河ドラマ・ガイドを片手に旅に出たくなってしまうほどの情報が載せられています。

実際の歴史の情報も載せられています。
歴史をもとにしたドラマが大河ドラマなので、その結末は誰もが知っているわけです。
歴史年表を見れば一瞬でその時代背景がわかります。
しかし、知っている歴史の結末にどのように行きつくかというのが脚本家の力量でしょう。
大河ドラマを見る前には歴史をおさらいしておくことも大切なのです。

NHKならではなのが、過去の同様タイトル作品との比較ではないでしょうか。
大体の作品で出てくる時代や人物たちは、ほとんどの場合過去に作品化されている場合が多くなっています。
過去の作品ではどのように表現されていたか。
そういった情報をもって、比較しながら新しい大河ドラマに臨む、というのも一つの見どころになるのではないでしょうか。

忘れてはいけないのが、あらすじが載っていることです。
実際にテレビで放送されるより早くNHK大河ドラマ・ガイドは販売が開始されるため、ある程度のあらすじはこのNHK大河ドラマ・ガイドに載っているのです。
しかし、言葉で載っているからといって、それがどのように実際のドラマで表現されるかは別の話。
まずは、このNHK大河ドラマ・ガイドであらすじを読んで、頭の中でその場面をイメージしてみてください。
実際に画面上でどのように表現されるか、毎回の放送が楽しみになってくることでしょう。

こういった、大河ドラマを楽しめる情報が盛りだくさんなNHK大河ドラマ・ガイド。
書店などでは必ずと言っていいほど目立つところに山積みにされていることと思います。
一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか。
ドラマは数あれど、一つのドラマに対してこれほど盛りだくさんな情報を提供してくれる本というのは他にはないかと思います。
それだけ大河ドラマが注目されているドラマだということもあると思います。
何よりも活用してほしいのがやはり物語の舞台の数々ですね。
旅のきっかけとして大河ドラマも素晴らしいきっかけを与えてくれる一つなのです。