991【北海道紀行】昭和の時代、札幌観光の中心の一つとして街を支えてきた『さっぽろテレビ塔』

北海道(Hokkaido)
この記事は約5分で読めます。

北海道は札幌
かの有名な大通公園の中にとある高層建築物があります。
近年では、マンションやビルなどの高層化も進み、かつてほど目立つ存在ではなくなってきてはいるものの、今でもなお札幌を代表する名所であることは間違いない場所があるのです。
一見すると、東京タワーのように見えるかもしれないこのタワーですが、東京タワーに比べると半分以下の高さ。
しかし、その役割は東京タワーと同じ電波塔なのです。
そのタワーの名前を、『さっぽろテレビ塔』といいます。

もちろんただ単なる電波塔としてだけではなく、展望台や土産店、レストランなどが入るこのさっぽろテレビ塔は、旅の目的地となる観光名所でもあるのです。
特に冬の雪が積もった大通公園、そしてその背後にそびえたつさっぽろテレビ塔のコントラストは、ここが札幌であることを改めて認識させてくれるシンボル的な建物なのです。

今回はこのさっぽろテレビ塔について紹介していきたいと思います。

というわけで、今回のわきみちは、

【今回のわきみち】
  • これをみれば札幌にやってきたなあという感じがするさっぽろテレビ塔。超有名観光スポットはどのような場所なのでしょうか。

札幌の記事です。

993【北海道紀行】頼んでからしっかり握ってくれるおにぎり屋『おにとこ』
今回紹介しているそんなおにぎり専門店は、北海道の札幌にあります。海産物や畜産物が盛りだくさんな北海道では、何を選んでもハズレのない食べ物だらけです。そんな北海道では農産物も一味違うものが盛りだくさんです。そして、それは米も例外ではないのです。
987【北海道紀行】北海道の動物園は旭山動物園だけではない『円山動物園』
2000年代初頭までは旭山動物園よりも入場者数が多かった動物園が札幌のあるのです。それが、札幌の円山公園内にある動物園、円山(まるやま)動物園なのです。すっかり旭山動物園の陰に隠れてしまっているこの円山動物園なのですが、実はかなりの規模を誇り、ここならではの特徴も持った動物園なのです。
979【北海道紀行】住宅地が広がり、利用客増加が著しいJR駅『白石駅』
今回紹介している駅は、札幌駅から東に6kmほど行ったところにある白石駅です。たまにはそんな場所をネタにしてみてもいいかなあと思って書き進めてみました。しかし、いざ書いてみると、やはり歴史あるところには歴史があるのです。 この駅にも、ここにまつわるものがあるのです。今回はこの白石駅について書いていこうと思います。
978【北海道紀行】円山公園近くにある、新しい都市型ゲストハウスの形『レステル マル』
北海道は札幌の西部にある円山公園。少しはずれにはありますが、地下鉄を使えばそんなに不便さは感じないこのエリアにあるレステル マルなのですが、ここも非常に特徴あるホテルなのです。マンション一棟をフルにリノベーションした都市型の新しいホテル?ゲストハウス?がレステル マルなのです。
972【北海道紀行】神宮と名乗ることを許された北海道有数のパワースポット『北海道神宮』
北海道は札幌の西部。円山公園のすぐそばに大きな神社が一つあります。ここは北海道神宮と呼ばれる場所であり、北海道の中でも有名なパワースポットの一つなのです。今では神宮と呼ばれている北海道神宮ですが、かつては札幌神社と呼ばれていた神社でした。今では神宮と呼ばれるようになり、その名からもわかるように特別な神社の一つとして、北海道の多くの人々によって親しまれ続けています。
960【北海道紀行】広大な北海道の大地を切り拓いた先人たちを偲んだ神社『開拓神社』
北海道神宮の敷地内には、ある人々を祀っている末社があります。今回紹介しているのは、『開拓神社』といいます。"開拓"という言葉からもわかるように、この神社には、北海道を開拓した多くの功労者を祀ったものなのです。
913【北海道紀行】こだわりスープカレーのちょっとおしゃれな店『MATALE』
スープカレーは現在では、北海道を代表するグルメへと成長しました。特に札幌で探してみるとスープカレーを取り扱っている店がたくさん。そして、店ごとに様々な特徴をもっているスープカレーが続々と登場してきました。今回紹介しているのは、円山公園近くにあるスープカレーの専門店MATALEです。このスープカレー専門店のスープカレーには、どのような特徴があるのでしょうか。
907【北海道紀行】サッポロビールの歴史はここから始まった。見学観でその歴史をたどってみよう『札幌開拓使麦酒醸造所』
日本のビール製造が始まったのは今から約150年前。そして、その伝統は現在のサッポロビールへとつながっているのです。そんなサッポロビール発祥の地にあるのが札幌開拓使麦酒醸造所なのです。元々はビール製造工場であったこの建物。現在は無料で見学できる見学館となっています。
612【北海道紀行】ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ、大志を抱け)で有名な北海道開拓の父といわれる人物の像『さっぽろ羊ヶ丘展望台 クラーク博士像』
札幌の中心地から南に向かっていくと、小高い丘があります。そこは羊ヶ丘と呼ばれており、札幌市街を一望できる札幌観光の中でも外せないほど有名な観光名所なのです。この丘がなぜ有名なのかというと、ここにある像が有名なのです。その像こそが、ウィリアム・スミス・クラーク博士の像、通称クラーク像です。このクラークという人物、どのような人物なのでしょうか?
547【北海道紀行】日本三大がっかり名所の一つ。サ〇エさんのオープニングで知り、どれほどのものか行ってみたけど…!!?『札幌市時計台』
そう、札幌といえばといってもいいほど、この街を代表する名所が札幌市時計台です。明治期であろうその外観は、他にもいろいろと名所が流れていたた中で最も記憶に残った場所でした。いつかこの場所に行ってみたい!幼いながらに思い続けたその気持ちは、とうとう実現されることとなります。
175【北海道紀行】あの北海道銘菓工場がテーマパークに!?『白い恋人パーク』
北海道に遊びに行くとお土産に買ってしまいますよね『白い恋人』。近年はとにかくお土産の種類がバラエティ豊かなので、色々と目移りしてしまいますが、迷った挙句最終的に一箱は買ってしまうんですよね。そんな白い恋人の石屋製菓が運営する『白い恋人パーク』なるものがあるのです。

さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔は、北海道の札幌その中心にある大通公園内にある電波塔であり、主にテレビ放送の電波を送信する目的で利用されています。
現在では周囲にも高層ビルやマンションが多数建てられてきたため、ひと昔前に比べると目立たなくはなってきているところはありますが、今もなお北海道のシンボルの一つの建築物でもあります。
その高さは約147mの高さがあり、東京タワーに比べると半分ほどではありますが、札幌の電波を発信する塔としては十分な役割を担っていたテレビ塔でした。

さっぽろテレビ塔が建てられたのは昭和32年(1957)であり、すでに60年以上の歴史があるタワーとなっています。
当初はNHK札幌局や、札幌テレビ放送が電波塔として利用していましたが、現在はそのほとんどが札幌西部にある手稲山に役割が移され、現在すべてのテレビ送信所は手稲山に集められています。

では、さっぽろテレビ塔の現在の役割はどのようになっているのでしょうか。
現在のさっぽろテレビ塔の役割は、FM放送の中継局やNHKの予備送信所のみが残されています。
つまり、本来のテレビ放送を行うためのテレビ塔という役割はほぼ終焉を迎えているタワーになるのです。
しかし、それでもなお札幌の中心にあって、多くの人々がここを訪れるほどの観光名所になっているタワーなのです。

観光名所でもあるさっぽろテレビ塔。
ただの電波送信施設であったとするならば、ここまで多くの人々が訪れる場所とはなっていないことでしょう。
では、さっぽろテレビ塔内部にはどのような施設があるのでしょうか。
まず、これだけ高さがある建物となるとまずはあれですね。
さっぽろテレビ塔の90m地点にある展望台です。
今でこそ、高さのある建物が周囲にも立ってきていますが、長らくはこのテレビ塔が札幌の様子を上空から眺められるポイントとして存在していました。
今でも多くが訪れるテレビ塔の展望台ですが、毎年冬に行われるさっぽろ雪まつりのようすを上から眺められるとあって、この期間中の展望台には長蛇の列ができるのだそうです。

それ以外には、土産物店やレストランなども入っており、地下からはさっぽろ地下街とも接続するような作りになっています。

また、かつてこのさっぽろテレビ塔にあった設備としては、プラネタリウムや映画館といった施設も入っていたようですが、現在はどちらも営業されていません。
かつては観光客の実ならず、地元市民の人々までもが娯楽を求めてここにやってくるかのような場所だったのですね。

アクセス

札幌地下鉄の大通り駅を上がってすぐのところにあります。

さっぽろテレビ塔に行ってみた

それでは、さっぽろテレビ塔へ行ってみましょう。

これだけ札幌のシンボルとしても名高いテレビ塔なので、ぜひ入ってみたい・・・と思ったのですが、今回は外から撮った外観だけです。

さっぽろテレビ塔を思い出すと真っ先に思い出すのが、当の高さの中間部分あたりにある巨大な電光時計ではないでしょうか。
元々は松下電器産業によってタワーの竣工から数年後に寄贈されたものでしたが、現在その社名がPanasonicに変わったことから、この電光時計の部分もPanasonicに変更されています。
また、時代の流れと共に発光方法も変わり、現在はLED製の時計となっているようです。
次回は、さっぽろテレビ塔の内部までお伝えできるといいですね。

いかがだったでしょうか。
札幌のシンボルの一つであるさっぽろテレビ塔。
今ではレトロな建物の一つにも見られがちなこの場所ですが、長らく札幌の人々から愛され続けてきた風格すら漂うようになってきているのではないでしょうか。
札幌に行ったら非常にアクセス良好なさっぽろテレビ塔。
令和の今だからこそ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。