日本のわきみち(JAPAN)

百名城/続・百名城(Castle)

291【愛知紀行】今ここに残っている奇跡。川沿いにそびえたつ『犬山城』

今回は愛知県に残る現存十二天守の一つである犬山城を紹介していきたいと思います。周辺の城々に比べると、その規模は小さくはあるのですが、江戸時代以前からこの地に現存する天守ということで、現在は国宝にも指定されている天守です。
百名城/続・百名城(Castle)

289【ピックアップ】日本百名城・続日本百名城 こだわりのお城ピックアップ5選⑥

今回はピックアップした5つの城は、その城下町に特徴があるお城です。お城巡りに行くときはまずはお城をしっかりと見て回ることが第一になるとは思いますが、あわせて昔ながらの雰囲気が残る城下町を一緒に巡ることができると、その楽しみ方は倍になります。
百名城/続・百名城(Castle)

288【神奈川紀行】豊臣秀吉の天下統一を最後まで阻んでいた『小田原城』

小田原城といえば神奈川県の西側に位置する城であり、現在は関東の中でも中心ではないエリアにある城ですが、豊臣秀吉による小田原征伐以前は、関東一円を支配下に治めていた北条氏が居城とした城です。
百名城/続・百名城(Castle)

284【三重紀行】時は南北朝時代から伊勢神宮を抑える戦略的要衝『田丸城』

三重県にはいろいろな時代の城が残されています。今回紹介している田丸城は、南北朝時代の城であり、野面積みの美しい石垣が残る城跡は、現在も桜の名所として市民の方々から親しまれています。
関東地方(Kanto)

281【東京紀行】幕末の若者たちの夢はここから始まった『新選組のふるさと日野』

今回紹介している東京都の日野も新選組に縁の深い地です。なぜ深いのかというと、新選組の主要な人物たちがここに集い、後の新選組の基盤となっていったのでした。そんな日野には、今もなお新選組にフォーカスした町おこしがおこなわれているのです。
百名城/続・百名城(Castle)

278【福井紀行】土塁と空堀の多重防御構造がダイナミックに残る『玄蕃尾城』

琵琶湖の北側、標高460mの内中尾山山頂には、玄蕃尾城の遺構が残っています。この玄蕃尾城では土塁や空堀を巧みに配し、強固な防衛力を持った縄張りでありつつ、天守台を中心に計算的に配置された構造は、現存する山城の中でも、もっとも発達したものの一つともいわれています。
百名城/続・百名城(Castle)

276【三重紀行】ナイト〇クープにもとりあげられた、模擬天守をもつ『伊賀上野城』

三重県の伊賀にある伊賀上野城は、築城技術に長けた藤堂高虎の城がかつては建っていたということでも有名であります。しかし、現在建っている天守は、その藤堂高虎のものではありません。では、どのような紆余曲折があって、今日の天守につながっているのでしょうか。
2021.02.18
百名城/続・百名城(Castle)

273【福井紀行】北陸地方に唯一残る現存天守『丸岡城』

今回は北陸に唯一残る現存天守、福井県の丸岡城について紹介していきたいと思います。現存天守の風格漂う、見に来た人々が大満足できる天守です。その造りをじっくりと眺めてみると、豪雪地帯である北陸ならではの工夫が施された、当時の建築手法がよく伝わる天守となっているのです。
九州・沖縄地方(Kyusyu/Okinawa)

270【沖縄紀行】沖縄戦の過酷さ、悲惨さを象徴する平和祈念資料館を併設している『ひめゆりの塔』

ひめゆりの塔は、沖縄戦の際に戦争に従事させられていた多くの学徒が最期を遂げたガマ(自然洞窟)に建てられています。実際にその場に訪れてみると、沖縄の美しい自然の中に、もの悲しい雰囲気が漂っている場所です。
北陸地方(Hokuriku)

264【福井紀行】大規模な海食崖。その迫力もさることながら、危険な雰囲気も漂う『東尋坊』

福井県を代表する観光地である東尋坊は、海の浸食によってできた代表的なリアス海岸であり、自然の作り出した絶景が広がりますが、いざその現場に行ってみると、あまりの高さから身震いしてしまうような場所ではあります。