百名城/続・百名城(Castle)

百名城/続・百名城(Castle)

362【和歌山紀行】石垣や、熊野川に面した水ノ手に特徴があり、天守再建計画もある『新宮城』

紀伊半島では最長である熊野川の河口付近にとある城跡が残っています。この城跡は、江戸時代にこの新宮の地域を統治していた新宮城の跡地であり、今現在は当時の建物は何も残ってはいませんが、堅牢且つ重厚な石垣が、今現在もしっかりと残っている城跡です。
百名城/続・百名城(Castle)

357【愛知紀行】徳川家康が城内で生誕した場所として有名な『岡崎城』

今回紹介している愛知県東部にある岡崎城もそのような城の1つであり、徳川家康が生誕した城として知られています。そのため、江戸時代には徳川家の聖地になっていた相当な規模のあった城なのです。
百名城/続・百名城(Castle)

356【城あれこれ】三大名城、どこを思い浮かべますか?実はいろいろある日本の三大名城

単に三大名城といっても、日本には色々な三大名城が存在しているのです。例えば規模の大きな城であったり、造り手によるものであったり、造られた場所ごとに寄るものであったりです。今回は、日本国内で三大名城と呼ばれるいろいろな三大○○名城をいろいろと調べてみて集約してみました。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

354【兵庫紀行】日本初の世界遺産であり、真っ白な姿が美しい魅せる城『姫路城』

姫路城は江戸時代初期の、まだ西国の大名たちが油断できない時期に建てられたこともあり、城の造りとしては戦いのための城になっていることも特徴です。そのため、実際に姫路城に訪れて見ると、天守は見えているのになかなかたどり着けない。。。入り組んだ工夫が盛りだくさんの構造となっているのです。
百名城/続・百名城(Castle)

349【ピックアップ】日本百名城・続日本百名城 こだわりのお城ピックアップ5選⑦(行きやすい城5選)

今回はピックアップした5つの城は、行きやすいお城を選んでみました。色々城巡りをしているとわかるのですが、数ある城のほとんどがけっこう訪問が大変なところが多かったりします。そんな中で行きやすい城があると、ホッとしたりしてしまうものなのです。
百名城/続・百名城(Castle)

347【和歌山紀行】紀州徳川家の居城だった、江戸時代の西日本の中心地の一つ『和歌山城』

江戸時代には、徳川御三家として水戸徳川家、尾張徳川家、紀州徳川家とありました。もちろん徳川宗家に次ぐ格式高い藩であるため、そこに建てられた居城や街づくりは、その他の地域と比べると壮大な規模となっているのです。今回はその中でも紀州徳川家の居城であった和歌山城を紹介していきます。
2021.05.07
百名城/続・百名城(Castle)

344【山口紀行】遠く京都にあった将軍邸を山口に再現したといわれる『大内氏館』

当時の武将たちがそれぞれの地域を治めるために重要な拠点としていたのが『城』ですよね。しかし、今回紹介している場所は、城ではなく、京都を模した町並みと合うように、『館』として築かれた場所なのです。今回紹介している大内氏館はそのような館が建てられていた跡地になります。
百名城/続・百名城(Castle)

341【城ノウハウ】城の造られる場所によっても、こんなに用途や造りに違いが!?

どのような城もそこにある意味がわかってくると、城からその地域の歴史にも興味がわいてきます。今回紹介している城づくりについて大切な場所選びのことをある程度分かっていると、城巡り一つとってみても見え方がさらに広がってくるのです。
百名城/続・百名城(Castle)

340【兵庫紀行】但馬国を治め、時代によってその場所が移された『出石城・有子山城』

今回紹介している城は、2017年に続日本百名城に登録された城です。ここの城は他の城とは登録とは違った形で登録されています。山頂にある山城の有子山城と、山麓にある出石城とがセットで登録されているのです。
2021.04.29
百名城/続・百名城(Castle)

335【岐阜紀行】織田信長をはじめ名立たる武将が拠点とした山上にそびえる城『岐阜城』

街の北部にそびえる金華山(稲葉山)の山上に、岐阜の町を見下ろし、その威光を城下の者たちにこれでもかと見せつけている城があります。これこそが、天下布武をめざした織田信長が一時期は自らの居城としていた岐阜城です。