百名城/続・百名城(Castle)

百名城/続・百名城(Castle)

451【城あれこれ】やはり日本の城を代表するであろう、城の歴史も変えた三英傑が居城とした城。

戦国の三英傑といえば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ですね。ドラマ・時代劇などでもよくとりあげられるこの三英傑ですが、もちろんそれぞれに天下統一のための拠点を持っていました。
百名城/続・百名城(Castle)

446【山口紀行】どうしても錦帯橋が目立ってしまうが、錦帯橋はここのための橋『岩国城』

1年ほど前に紹介した、山口県の錦帯橋。200mもの長さのあるアーチ型の橋ということで非常に有名ですね。ところでこの橋が何のために造られているか?それは城や居館のあるエリアと城下町とを結ぶためにあります。その城というのが今回紹介している岩国城です。
百名城/続・百名城(Castle)

441【山口紀行】三方向を海に囲まれた独特の立地。萩を西国の中心に押し上げた毛利氏の城『萩城』

本州の西端、山口県の萩の町にはかつてこの地を治めていた萩城跡が残されています。これまでも当ブログで何度か紹介した萩の町ですが、明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されているなど、非常に注目すべき城です。
百名城/続・百名城(Castle)

439【ピックアップ】日本百名城・続日本百名城 こだわりのお城ピックアップ5選⑩(沖縄の城5選)

日本百名城・続日本百名城のピックアップ第10弾です。今回ピックアップした5つの城は、沖縄にある城(グスク)です。沖縄は且つって琉球王国と呼ばれた日本とは違う国でした。そのため、城の造り自体も本州などにある城とは異なる構造をしているのです。
百名城/続・百名城(Castle)

437【城あれこれ】実は造られなかったわけではなかった。一国一城令後の城造り

日本には数多くの城があるのですが、今から400年以上前、豊臣秀吉の時代までの最盛期には、その数全国に3000以上にもなったそうなのです。しかし、時代が江戸時代に入り、江戸時代が行った一国一城令によって、その数は170ほどにまで激減してしまったのだそうです。
百名城/続・百名城(Castle)

434【広島紀行】広島を襲った悲劇。原爆を原因として倒壊してしまった『広島城』

今回紹介している広島城もそんな太平洋戦争の終結直前まで残っていた天守を持った城です。ご存じの通り広島城の天守は、1945年8月6日の広島への原爆投下による影響で、崩壊してしまいます。それまでは、安土桃山時代末期の貴重な天守や櫓などが現存していたことを考えると、とんでもないことをしてくれたものです。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

429【兵庫紀行】模擬天守としては日本最古。大阪湾の絶景を望む『洲本城』

淡路島には、とある城跡が残されています。淡路島の東海岸、大阪湾に面したこの場所に、洲本城跡があります。洲本城は、山上にある上の城と、麓にある下の城とが分かれて存在しており、上の城には天守がそびえてっています。この天守ですが、これはこれでなかなかの歴史のあるものなのです。
百名城/続・百名城(Castle)

423【滋賀紀行】いつも観光客であふれる現存天守。そして世界遺産も視野に入れているらしい『彦根城』

琵琶湖の周囲に残る城でも際立って有名な城がこの彦根城ではないでしょうか。何しろ、現存十二天守の一つであり世界遺産も視野に入れているほどの天守が残る城なのです。天守をはじめ、城の敷地内が非常に整備されており、見応えのある城なのです。
百名城/続・百名城(Castle)

418【城あれこれ】築城名人によって造られた城。その築城技術には、やはり目を見張るものがあるようで。

どの業界にも匠と呼ばれる方々はいるもので。もちろん築城技術の分野についても秀でた人物がいるのです。その2大人物とは、加藤清正と藤堂高虎です。おそらくその名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
百名城/続・百名城(Castle)

416【滋賀紀行】それまでの城と、ここからの城との大きな転換点となった、天守そびえる織田信長の夢の跡『安土城』

これまで数々の城や城跡を見てきましたが、一つの山にこれだけの規模の城を造ったのは、やはり織田信長だけではないでしょうか。天下統一を目前にして散った織田信長。その信長が、造り上げた天下人の住まう城が安土城なのでした。
2021.07.07