中国地方(Chugoku)

中国地方(Chugoku)

870【鳥取紀行】古き良き風情漂う、町歩きをするだけでも楽しい『若桜の町』

今回は古き良き町並みが残る鳥取県にある街を紹介していきたいと思います。その街の名前は若桜町の若桜地区です。国選定重要店頭的建造物群保存地区 若桜町若桜として、令和3年に選定された地区となっています。元々は、以前紹介した若桜鬼ヶ城の城下町として発展した地域であり、街道沿いにある宿場町としても発展した伝統的な地域です。
中国地方(Chugoku)

865【鳥取紀行】レトロな街並みにレトロな駅舎『若桜駅』

今回紹介しているのは、鳥取県で営業している若桜鉄道という路線です。この路線には現在は全部で9つの駅があるのですが、どの駅もそれぞれ味わい深い趣きを持っている駅舎なのです。その中でも終着駅にあるのが、レトロな街並みで有名な若桜(わかさ)の町にある若桜駅です。木造で平屋建てな若桜の駅は、訪れた瞬間に昭和の時代にタイムスリップしたかのような感覚に包まれます。
2022.09.28
百名城/続・百名城(Castle)

855【鳥取紀行】因幡三名城の一つ。街道の様子が手に取るようにわかる『若桜鬼ヶ城』

攻防に長けた山城をしっかりと見てみたいのであれば、鳥取にあるこんな城はいかがでしょうか。その城は若桜鬼ヶ城といいます。なんとも重々しい名前の城なのですが、かなりの歴史のある山城の一つなのです。そして、この城から見渡す光景を見ると、山城とはこういう理由がったのかと、納得させられる場所なのです。
2022.09.28
中国地方(Chugoku)

847【鳥取紀行】日本を代表する巨大な砂丘。最近、緑化してきているらしいが・・・!?『鳥取砂丘』

鳥取と聞いて思い浮かぶことは??ほとんどの人がこう答えるのではないでしょうか。『鳥取砂丘』と。日本にありながら日本ではないような、まるで砂漠かのごとくの砂だけの光景。え??ただの砂地でしょ??と、思うことなかれ。鳥取県は、この砂丘の魅力を生かして、対外に発信を行っているのです。
2022.09.28
中国地方(Chugoku)

834【鳥取紀行】明治に建てられた洋風建築の建物。”あの”映画の撮影にも使われた『仁風閣』

今回紹介しているのは、明治洋風建築として、中国地方を代表するほどの場所である鳥取県にある仁風閣という建物です。国の重要文化財にも指定されているこの仁風閣ですが、その保存状態は非常によく、現在も博物館として内部は公開されています。
2022.09.28
中国地方(Chugoku)

807【鳥取紀行】かつて、とんでもない状況だった城。調べてみるとその悲惨さが・・・『鳥取城』

今回紹介するのは山陰地方の名城である鳥取城です。広大な曲輪を組み合わせて造られている鳥取城跡は山麓にある城跡と、山上にある城跡とがあり、その他にも敷地内にある仁風閣や、独特の半円球状に作られた巻石垣のある天球丸、久松山山頂にある複合天守跡など、その広大な縄張りに驚かされることでしょう。
2022.09.28
中国地方(Chugoku)

660【岡山紀行】昼もいいけれど、夜の散策の雰囲気もぜひ味わってほしい、夜の倉敷美観地区

倉敷美観地区の詳しい記事については紹介済みですが、今回はこの美観地区の夜の雰囲気を見に行ってみようという記事になります。昼の倉敷美観地区は非常にお気に入りの場所でしたが、このときは初めて美観地区内で宿をとって夜の倉敷美観地区を初体験したのでした。そんな、夜もまたいい倉敷美観地区の様子を紹介していきたいと思います。
百名城/続・百名城(Castle)

446【山口紀行】どうしても錦帯橋が目立ってしまうが、錦帯橋はここのための橋『岩国城』

1年ほど前に紹介した、山口県の錦帯橋。200mもの長さのあるアーチ型の橋ということで非常に有名ですね。ところでこの橋が何のために造られているか?それは城や居館のあるエリアと城下町とを結ぶためにあります。その城というのが今回紹介している岩国城です。
百名城/続・百名城(Castle)

441【山口紀行】三方向を海に囲まれた独特の立地。萩を西国の中心に押し上げた毛利氏の城『萩城』

本州の西端、山口県の萩の町にはかつてこの地を治めていた萩城跡が残されています。これまでも当ブログで何度か紹介した萩の町ですが、明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されているなど、非常に注目すべき城です。
百名城/続・百名城(Castle)

434【広島紀行】広島を襲った悲劇。原爆を原因として倒壊してしまった『広島城』

今回紹介している広島城もそんな太平洋戦争の終結直前まで残っていた天守を持った城です。ご存じの通り広島城の天守は、1945年8月6日の広島への原爆投下による影響で、崩壊してしまいます。それまでは、安土桃山時代末期の貴重な天守や櫓などが現存していたことを考えると、とんでもないことをしてくれたものです。