近畿地方(Kinki)

百名城/続・百名城(Castle)

202【兵庫紀行】西国へ向かうための要所に建設された『篠山城』

篠山城は1609年に徳川家康によって築かれた城です。江戸期に造られた城ということで、大規模な天守があったわけではなかったのですが、西国監視と篠山の町を治める城郭として、まとまった縄張となっています。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

198【京都紀行】歴史の中心にある町で、幕末の大事件の舞台『二条城』

京都御苑の南西に位置するのが、江戸幕府徳川家康の命によって建てられた二条城(元離宮二条城)です。場所的に、朝廷を睨む位置であったかのような二条城ですが、なんとこちらは、幕末のあの歴史的な出来事の行われた場所なのでした。
創作カレー巡り(Curry)

182【大阪紀行】辛さは辛さでも、”しびれる”辛さ『和レー屋 丁子』

辛さと一言に行っても、ただ単に辛いだけではなく、そのなかには麻や酸が入り混じった複雑な味を形成しているなど、いろいろな種類の辛みがあります。今回紹介する大阪は北浜にある『和レー屋 丁子』は、ただ単に辛いだけではなく、しびれるような辛味を味わうことができる一品なのです。
近畿地方(Kinki)

181【大阪紀行】古くからの自治都市”堺”で受けつがれる伝統技術『堺刃物ミュージアム』

大阪の堺には、伝統的な堺打刃物の技術が受け継がれており、現代でも多くのプロの料理人から選ばれているような包丁類の製造が続けられています。そして、このような伝統技術をより広く知ってもらうことができるように、堺には堺刃物ミュージアムと呼ばれる博物館があります。
食巡り(Food/Makanan)

179【京都紀行】”いただきます”は何のため?命を知る体験『京都市中央食肉市場』

今皆さんが食べている焼肉、ハンバーガー、ソーセージなどなど。みなさんが食べているお肉は、元は何だったのでしょうか?そのお肉が元々は命あるものだったで、どこまで理解できますか?今回紹介する『京都市中央食肉市場』は、食べ物を通して"命"を学ぶことができる施設なのです。
近畿地方(Kinki)

178【兵庫紀行】古くからの武家屋敷が立ち並ぶ『御徒士(おかち)町武家屋敷群』

兵庫県丹波篠山市にある、篠山城城下町には、江戸時代に造られた築200年の武家屋敷群が残されています。これらの武家屋敷群は、御徒士町武家屋敷群として、一般公開されています。江戸時代の武士の生活とは、どのようなものだったのでしょうか。
2020.11.30
百名城/続・百名城(Castle)

176【大阪紀行】最後は、畿内の有力大名だった三好家の居城『飯盛城』

かの有名な戦国の三英傑である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が、天下を統一していったことは有名ですが、実は信長よりも前に転嫁を取った天下人がいたのです。その人物は、三好長慶であり、その三好長慶が拠点とした城が今回紹介する飯盛城なのです。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

170【和歌山紀行】1000年以上の歴史ある聖域。溢れる荘厳な雰囲気の『高野山 奥之院』

和歌山県高野山。世界遺産にも登録されているこの地は、空海の開いた、真言宗の総本山である金剛峯寺のある聖域であり、一大宗教都市として形成されています。今回は、そんな高野山一帯の中で、現在も空海が瞑想を続けている地である弘法大師御廟のある奥之院について紹介します。
百名城/続・百名城(Castle)

169【兵庫紀行】元祖日本のマチュピチュ。天空の城跡ブームはここから『竹田城』

竹田城は、兵庫県朝来市にある山城の城跡です。近年、日本のマチュピチュとして一躍有名になった城ですね。城跡そのものも、鳥が羽根を広げた形に曲輪が配置されているの非常に美しい城跡ですが、運が良ければ早朝に見ることができる竹田城の雲海の光景も非常に有名ですね。
食巡り(Food/Makanan)

168【兵庫紀行】伝統的な酒蔵見学をいつでもできる『鳳鳴酒造 ほろ酔い城下蔵』

丹波篠山の地には、今もなお昔ながらの酒造りを続けている製造元『鳳鳴酒造』があります。そんな鳳鳴酒造は、昔ながらの清酒造りを気軽に見学できる築200年以上の江戸時代からの建物を利用した施設『ほろ酔い城下蔵』を2001年から公開しています。
2020.11.30