ニュースあれこれ(News)

ニュースあれこれ(News)

929【ニュースあれこれ】月を模したムーンホテルを地球上に!?ドバイのスケールの違う建設計画

日本のパスポートであっても入れない国はあります。中東のとある大国にも簡単に入ることができませんでした。その国とは、サウジアラビアなのでした。この国は、過去50年間一般の観光客に対して国を開いてはいませんでした。サウジアラビアを訪れることができたのは、同国にある聖地メッカへのイスラム教巡礼者でなければ入ることができなかったのです。
ニュースあれこれ(News)

908【ニュースあれこれ】これから観光大国として世界に台頭してくれであろうサウジアラビア。そんな同国の観光の現状とは!?

日本のパスポートであっても入れない国はあります。中東のとある大国にも簡単に入ることができませんでした。その国とは、サウジアラビアなのでした。この国は、過去50年間一般の観光客に対して国を開いてはいませんでした。サウジアラビアを訪れることができたのは、同国にある聖地メッカへのイスラム教巡礼者でなければ入ることができなかったのです。
ニュースあれこれ(News)

887【ニュースあれこれ】東南アジアの国々ではこの調味料が基本。ベトナムでももちろんこの魚醤が料理を彩るのです

魚醤とはその名のごとく、魚で作られた醤(ひしお)なのです。魚を発酵させて作られる魚醤は、魚から生み出されるうま味がたっぷりであり、東南アジアの数々の料理には欠かせない調味料となっています。ベトナムの魚醤はヌクマムといいます。
ニュースあれこれ(News)

866【ニュースあれこれ】世界最高のハイキングコースとは!?いつかは訪れたい、世界の数々のコース

今回はそんな世界のハイキングコースについてのニュースを見つけました。意外とハイキングコースという観点で世界の国々を見ることは少ないのではないかと思います。その国でハイキングを楽しむとなれば、かなり余裕を持った日時と行程でなければ実現することは難しそうですよね。でもこのニュースを見れば、次はハイキングコースを目的にして旅の計画を始めたくなるかもしれませんよ。
ニュースあれこれ(News)

845【ニュースあれこれ】え!!ここに着陸!!?そこに降り立つパイロットの心情やいかに!?

離着時には、それ相応の滑走路の距離が必要なのだそうです。それなりの長さがあることによってより高い確率で安全に、離着陸ができるのだそうです。そんな要ともなるような滑走路がギリギリの長さだったとしたら・・・??
ニュースあれこれ(News)

824【ニュースあれこれ】水が重力に逆らう都市とは??古代の驚愕な建築技術の数々

水が重力に逆らう??当たり前のことですが、水は上から下に流れていきます。自然の働きがあるからこそ、川は上流から下流に流れますし、滝は上から下に流れ落ちます。そんなあたりまえのことがあたりまえでないというのはどういうことでしょうか??
ニュースあれこれ(News)

803【ニュースあれこれ】600年受け継がれる東南アジアのフュージョン料理とはいかなるものか!!?

東南アジア、マレー半島に伝わるプラナカン料理もこの地域を代表する料理ではあるものの、そのルーツをたどっていくと多くの文化にルーツをもつことがわかってくるでしょう。今回は、そんな多文化が融合して形作られてきたプラナカン料理についての記事があったので紹介していきたいと思います。
ニュースあれこれ(News)

782【ニュースあれこれ】日本ではおなじみな新年を祝う料理だけど、世界各国ではどうなのでしょうか?

あけましておめでとうございます。新しい年をすがすがしい気持ちで迎え、新たな一年を健康に過ごす小尾ができるように祈願するために新年ならではの食べ物を食べるという習慣は、日本のみならず世界各国にあるわけなのです。
ニュースあれこれ(News)

761【ニュースあれこれ】日常とはかけ離れた世界へ。これぞ世界最高の贅沢を楽しむホテル

今回はそんなホテルを取り上げたニュースの中で、世界最高の贅沢を堪能できるホテルという気になる表題の付いたニュースを見つけてしまいました。一言にぜいたくといってもそれはいろいろあります。ただ単に値段が高いだけではなく、日常では体験できないような素晴らしい体験ができるぜいたくというものもあります。
ニュースあれこれ(News)

740【ニュースあれこれ】自分の家が観光名所になったとしたら??どのような生活になってしまうのでしょうか

歴史ある建造物。絵になるような光景。そんなところに住むことができれば、どれだけ素敵なことだろうかと思いませんか??しかし、実際にそんなことが起こると、いろいろとそこに住むことには気苦労がありそうです。とくに誰もがスマホを持ち歩き、ソーシャルメディアに投稿できるようになった昨今においては、より一層その気苦労は姿かたちを変え、そこに住む人々にとっての重荷になっているようなのです。