食巡り(Food/Makanan)

MONOあれこれ(Item)

351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』

カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
食巡り(Food/Makanan)

343【食巡り】日本でもじわじわとこの味が広がってきているかも。驚くほどの多用途植物『ココナッツ』

ココナッツ由来の食品に触れる機会が近年は増えてきていますよね。しかもどれも健康につながるイメージがあります。しかし、気候がら、日本では栽培が難しいため、なかなか気軽に試すことはできないのも確かですが、暑い地域では非常に一般的な食品の一つなのです。
食巡り(Food/Makanan)

342【インドネシア紀行】日本のファストフードが、インドネシアでは高級レストラン!?『YOSHINOYA』

インドネシアの日本レストランチェーンの中でも群を抜いてよく見かけるのが吉野家です。日本だと「安い・速い・うまい」の代名詞でもある牛丼チェーンですが、インドネシアでの吉野家のポジションはどのようなものなのでしょうか。
MONOあれこれ(Item)

333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』

インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
世界のわきみち(World)

331【旅ノウハウ】世界の国々、現地に行ったら現地のものを食べに行こう

それぞれの国や地域では、その土地土地の性格や歴史を食が表しているのです。だからこそ、現地の食べ物をしっかりと味わってみませんか。その土地でしか味わえない食。そこから五感で理解できることもあるはずなのです。
食巡り(Food/Makanan)

313【スリランカ紀行】スリランカといえばセイロン。セイロンといえば『Dilmah』のティー

セイロンティーの『セイロン』とは現在の『スリランカ』の旧称です。世界的にも有数の紅茶の産地であるスリランカ産のセイロンティーは、日本にいながらでも味わったことがある人は多いのではないでしょうか。
食巡り(Food/Makanan)

299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』

今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
2021.04.08
MONOあれこれ(Item)

259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』

インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
2021.03.05
食巡り(Food/Makanan)

215【インドネシア紀行】大豆が形を変える。もう一つの発酵食品のカタチ『テンペ』

インドネシアは日本と同じく大豆を積極的に摂取する国です。でまず有名な大豆加工食品はTahu(豆腐)があります。日本の豆腐とは異なり、酸味が強い味です。そして、もう一つ有名な大豆加工食品が、一時期日本でも健康食品として有名になったこともあるテンペなのです。
2021.03.05
MONOあれこれ(Item)

199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』

インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
2021.03.05