食巡り(Food/Makanan)

食巡り(Food/Makanan)

574【インドネシア紀行】バリ産だけではない。インドネシア各地で様々な特徴をもつ、インドネシアカカオ分布図

どの国でもそれぞれでいろいろな地域でしか手に入らない特産物などもありますが、同じ国の中で同じ作物を作っているにもかかわらず、出来上がった農産物の味に特徴が出てくるものもあります。今回紹介している、インドネシアのカカオもそんな農産物の一つなのです。
食巡り(Food/Makanan)

570【旅ノウハウ】日本では大手デリバリーピザ屋さん。でも世界では少し異なるようで『ピザハット』

デリバリーといえばピザハット、というイメージの強いピザハットなのですが、実はそのイメージは日本だけのものって知っていますか?日本から一歩外に出ると、ピザハットはデリバリーもやっているけれども、どちらかというとピザレストランというイメージなのです。
カンボジア(Cambodia)

563【カンボジア紀行】ぱっとイメージはできないが、なじみやすい味がうれしい『カンボジア料理』

代表的なカンボジア料理は?と聞かれても答えられる自信はありません。ところが今は東南アジアでも目立たないような感じもするカンボジアですが、実は東南アジアで最初に国を興した末裔であるのです。 そのため、カンボジア料理の文化が、周辺諸国に影響を与えていったという経緯があります。では、どのような料理なのでしょうか。
食巡り(Food/Makanan)

557【タイ紀行】とりあえずなんて書いているかさっぱりわからないが、どこから手を付けたものか・・・『タイ語』

アルファベットを使っている国であればなんとなく分かったりするものの、タイ語はとにかくまず何を書いているかわかりません。逆に音で聞いてそれをそのまま覚えて発声する方がまだまだ対応できそうですが、読み書きのハードルが非常に高いのが今回調べてみようと思ったタイ語です。
食巡り(Food/Makanan)

553【タイ紀行】市内観光ではまずここ。地下鉄開通でますます行きやすくなった涅槃像で有名な『ワット・ポー』

市内西部のチャオプラヤー川沿いにあるこの寺院周辺には、ワット・ポー、王宮、ワット・プラケオ、ワット・アルンという市内観光の中心となる寺院群が集まっています。それぞれ個別に紹介していくとして、今回はワット・ポーについて書いていきたいと思います。
2021.11.18
食巡り(Food/Makanan)

542【ベトナム紀行】『ベトナム料理』と聞くと、生春巻き?フォー?ぐらい??。いやいや、まだまだありますよ

今回紹介するベトナム料理も、"辛い"という料理ではなく、非常に優しい味の料理なのです。そのため、東南アジア料理が初めてだという人にもとてもおすすめなのがこのベトナム料理。まずはここから挑戦して、世界の味を広げていってみませんか。
食巡り(Food/Makanan)

538【マレーシア紀行】ペナンにて南国のフルーツを思いっきり堪能できる『トロピカルフルーツファーム』

南国フルーツがどのように育ち、採取されるのか、いっせいに見ることができる場所がマレーシアにはあるのです。それがペナン島にあるトロピカルフルーツファームです。数多くの南国フルーツの植生を見ることができるこの施設なのです。
食巡り(Food/Makanan)

535【インドネシア紀行】やっとであえたかも!日本のように安心して食べられる味とクオリティ『ラーメンYA』

今回もインドネシアでの話なのですが、なかなか行く店行く店納得のいくラーメン屋がなかったことは確かだったのです。しかし、今回紹介している『ラーメンYA』は違いました。インドネシアののラーメン屋で初めてリピートしてもいい!と感じた店なのでした。
食巡り(Food/Makanan)

529【インドネシア紀行】実は日本にも大きな関係がある!?今のインドネシアの礎となった『インドネシア独立戦争』

この国が今ある形に大きく変貌を遂げたきっかけとなるのが、第二次世界大戦後に勃発したインドネシア独立戦争です。オランダによる統治、短期間の日本による統治を経たインドネシアの人々には、自分たちの国は自分たちで創り、自分たちで動かしていくという強い意識が芽生えていました。
食巡り(Food/Makanan)

521【タイ紀行】イメージは”辛い!”。そして、実際に”辛い!”でも、辛さだけじゃない『タイ料理』

グリーンカレーに代表されるように、辛い中にほのかに甘さのあるタイ料理。思い返すだけで口の中にその辛さの記憶がよみがえってきそうです。今回はそんな辛い料理の代表格であるタイ料理について、実は辛さだけではないというその真実について紹介していきたいと思います。
2021.11.18