MONOあれこれ(Item)

MONOあれこれ(Item)

403【インドネシア紀行】当たり外れの多いの海外のインスタントラーメンですが、これは当たりを見つけたかも『Indomie』

インドネシアの2大インスタントラーメンブランドとしては、『Mie Sedaap』と『Indomie』があります。そしてどちらも試してみたことはあるのですが、『なんだかな・・・』と思っていたのが実際でした。ところが、見つけてしまったんです。我々の味覚にあったこの味を・・・。
MONOあれこれ(Item)

359【MONOあれこれ】旅先の案内をしっかり読みたい。そして文字おこししたい。そんなときは『一太郎Pad』

写真から文字おこししておきたいなと思うときに役立つのがOCRソフトです。それが何とかスマホでできないものか…。と、色々と探していると、あったんです。『これしかない!!』と思えるほどの良アプリが!!その名も『一太郎Pad』!
MONOあれこれ(Item)

351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』

カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
2021.07.20
MONOあれこれ(Item)

333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』

インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
MONOあれこれ(Item)

259【インドネシア紀行】インドネシアといえば焼き芋!?と侮ることなかれな蜜芋『UBI MADU(チレンブ)』

インドネシアの西ジャワ州バンドンの近くにあるチレンブ村には、ここの寒暖の差が激しい気候の中でしか栽培できないとされている『ウビ・チレンブ』という芋があるのです。この芋、一見すると白っぽい外観の少し日本の物とは異なる芋なのですが、これが今回紹介している蜜芋なのです。
2021.07.22
MONOあれこれ(Item)

236【台湾紀行】一見大人のゲームのようでもありますが、実は老若男女楽しめる『麻將賓果(麻雀ビンゴ)』

台湾の夜市では、スマートボールや射的、あて物など、日本の縁日でもよく見かけるようなものがたくさんあります。しかも、日本の縁日よりも景品は高確率でゲットできます。その中でも日本で見かけないような遊技場もあるのですが、その中の一つが今回紹介している『麻將賓果(麻雀ビンゴ)』です。
MONOあれこれ(Item)

199【インドネシア紀行】味からは何か判別不能。どこでも買えるお手軽ジャムゥ『ラルタン・ペニュガル』

インドネシアのスーパーマーケットやコンビニでは、どこに行ってもドリンク売り場にサイの絵柄が描かれている謎のドリンクが売られています。この謎のドリンク、ラルタン・ペニュガルというものなのですが、いったいどんなものなのでしょうか。
2021.07.20
MONOあれこれ(Item)

177【インドネシア紀行】お手軽民間療法。とりあえず何かに効きそうな『トラック・アンギン』

インドネシアには、植物由来の根や葉などの天然の材料を調合したジャムウと呼ばれる民間調合薬があります。体調が悪いかな、といった時には、自分たちで調合して摂取してきた歴史があるそうです。そんなジャムウを一般商品化した『TOLAK ANGIN』なる製品がインドネシアには存在するのです。
2021.07.20
MONOあれこれ(Item)

136【インドネシア紀行】その味はまさしくサ〇〇パ〇!?ザ・湿布コーラ『ルート・ビア』

インドネシアのファーストフード店で出会った謎の飲み物『ルート・ビア』。ビアといいますが、アルコール飲料ではなく炭酸印象であるこの飲み物。見た目はコーラなのですが、その味は全く異なるものだったのです。しかし、そのにおいは私たちが知っているものでした。
2021.07.20
旅のノウハウ(Travel)

087【旅ノウハウ】ここまで使いやすくなった国際電話。SMARTalkで快適♪格安♪通話ライフ

海外からの国際電話となるとどうしてもこうがくなイメージがありましたが、近年はインターネット上の通話アプリが発達してきたこともあり、気軽に海外からでも通話を楽しめるようになりましたね。様々な選択肢がある中で、050番号を付与してもらえるIP電話サービスについて紹介します。
2020.12.20