タイ(Thai)

食巡り(Food/Makanan)

920【タイ紀行】日本発のあの味。日本を出ると楽しめない…ではなかった!タイで見つけた『サムライバーガー』

世界のマクドナルドでは、あの味がないのです。それが何かというのはさておき、その満たされないマクドナルドのラインナップを満たしてくれるのが、サムライバーガーという商品なのです。何やら聞きなれないこのバーガーですが、いったい日本のどの味を満たしてくれる商品なのでしょうか。
食巡り(Food/Makanan)

835【タイ紀行】いつでもどこでもタイの味を楽しもう。気軽に作れるお土産『タイカレーペースト』

現在では非常に一般的になってきたタイ料理。そんなタイ料理を一般的にしてきたのが、タイ料理の調味料であり、タイ料理のレトルト商品の数々なのです。今でこそ、さまざまな種類が市場に出回るようになってきましたが、その中でもより早く一般化していったのがタイカレーのシリーズです。その中でもグリーンカレー、イエローカレー、レッドカレーがいち早くラインナップとして存在していました。
食巡り(Food/Makanan)

804【タイ紀行】エメラルド寺院としても有名なバンコクの有名寺院『ワット・プラケオ』

バンコク西部チャオプラヤ川両岸に広がるエリア。ここにはすでに当ブログでも紹介したことがあるワット・アルン、ワット・ポー、そして今回紹介しているワット・プラケオと王宮が集まっているのです。この辺りを訪れるだけでもバンコクの見どころは満喫できてしまうわけなのですね。
世界の世界遺産(World Heritage)

748【タイ紀行】アユタヤでは定番のツアーコース。巨大な涅槃像が迎えてくれる『ワット・ローカヤスタ』

アユタヤ観光の中でも、ツアーなどでは必ずと言っていいほど訪れることになるこの場所ですが、何といっても、屋外にある巨大な涅槃像が印象深い寺院です。涅槃像というとバンコクのワット・ポーにある黄金の涅槃像が頭に浮かぶでしょうが、アユタヤといえばここでしょう。その寺院の名前はワット・ローカヤスタといいます。
世界の世界遺産(World Heritage)

727【タイ紀行】大きな三つの塔が並ぶ姿有名なこの寺院跡。アユタヤ観光では定番の『ワット・プラ・シーサンペット』

アユタヤにある寺院の中でも、アユタヤ朝時代には最も格式が高かった寺院として、ワット・プラ・シーサンペットといいます。ここの目玉としてはなんといっても、真っ先に目に入ってくるのは、3つの並んだ仏塔でしょう。
2022.05.28
世界の世界遺産(World Heritage)

706【タイ紀行】木の根元から顔を出す、奇跡の仏頭で有名な『ワット・マハータート』

タイのあちらこちらで見かける仏像。仏教国タイだけあって、国中どこに行ってもたくさんの仏像を見ることができます。しかし、今回紹介している仏像はただの仏像ではありません。木の根の中に仏像があるのです。しかも頭部のみ。この木の根の中にある仏像の頭で有名なスポットがワット・マハータートです。
2022.05.28
食巡り(Food/Makanan)

691【タイ紀行】小説や映画の舞台になることも多々。暁の寺院『ワット・アルン(ワット・アルン ラーチャワラーラーム ウォラマハーウィハーン)』

タイのバンコクという名前を聞くと、ここをイメージする人も多いのではないでしょうか。チャオプラヤー川沿いに、夕日をバックにそびえる寺院。暁の寺という名前を持つワット・アルンです。
2022.07.23
世界の世界遺産(World Heritage)

579【タイ紀行】世界遺産スコータイで発掘された文化財が保存され公開されている『ラームカムヘーン国立博物館』

スコータイのエリアで見つかった数々の物は、同じくスコータイ歴史公園内に築かれている博物館に展示されています。その博物館は、ラームカムヘーン国立博物館といいます。この博物館では、スコータイやその周辺で見つかった歴史的な美術品や骨とう品が数多く集められて展示されています。
食巡り(Food/Makanan)

557【タイ紀行】とりあえずなんて書いているかさっぱりわからないが、どこから手を付けたものか・・・『タイ語』

アルファベットを使っている国であればなんとなく分かったりするものの、タイ語はとにかくまず何を書いているかわかりません。逆に音で聞いてそれをそのまま覚えて発声する方がまだまだ対応できそうですが、読み書きのハードルが非常に高いのが今回調べてみようと思ったタイ語です。
2022.08.23
食巡り(Food/Makanan)

553【タイ紀行】市内観光ではまずここ。地下鉄開通でますます行きやすくなった涅槃像で有名な『ワット・ポー』

市内西部のチャオプラヤー川沿いにあるこの寺院周辺には、ワット・ポー、王宮、ワット・プラケオ、ワット・アルンという市内観光の中心となる寺院群が集まっています。それぞれ個別に紹介していくとして、今回はワット・ポーについて書いていきたいと思います。
2022.07.23