タイ(Thai)

食巡り(Food/Makanan)

557【タイ紀行】とりあえずなんて書いているかさっぱりわからないが、どこから手を付けたものか・・・『タイ語』

アルファベットを使っている国であればなんとなく分かったりするものの、タイ語はとにかくまず何を書いているかわかりません。逆に音で聞いてそれをそのまま覚えて発声する方がまだまだ対応できそうですが、読み書きのハードルが非常に高いのが今回調べてみようと思ったタイ語です。
食巡り(Food/Makanan)

553【タイ紀行】市内観光ではまずここ。地下鉄開通でますます行きやすくなった涅槃像で有名な『ワット・ポー』

市内西部のチャオプラヤー川沿いにあるこの寺院周辺には、ワット・ポー、王宮、ワット・プラケオ、ワット・アルンという市内観光の中心となる寺院群が集まっています。それぞれ個別に紹介していくとして、今回はワット・ポーについて書いていきたいと思います。
2021.11.18
食巡り(Food/Makanan)

521【タイ紀行】イメージは”辛い!”。そして、実際に”辛い!”でも、辛さだけじゃない『タイ料理』

グリーンカレーに代表されるように、辛い中にほのかに甘さのあるタイ料理。思い返すだけで口の中にその辛さの記憶がよみがえってきそうです。今回はそんな辛い料理の代表格であるタイ料理について、実は辛さだけではないというその真実について紹介していきたいと思います。
2021.11.18
世界の世界遺産(World Heritage)

497【タイ紀行】アユタヤにも同名の寺院が。大いなる寺院『ワット・マハータット』

タイの世界遺産、スコータイ歴史地区にある、スコータイの中で最も重要な王室寺院であったワット・マハータートを紹介していきたいと思います。ワット・マハータートは"大いなる仏塔の寺院"という意味があります。ここは、かつてのスコータイ王朝で最も重要とされていた場所なのです。
タイ(Thai)

490【タイ紀行】タイに言ったらここは欠かせない。タイの昔ながらの市場の様子『タイの水上マーケット』

運河に広がる水上マーケットは、タイを代表する原風景です。タイのバンコク近郊には、代表的な3つの水上マーケットが広がっているのですが、今回はその中でもタイから敢行されているツアーでもよく取り扱われている、ダムヌーン・サドゥアクの水上マーケットを紹介してみたいと思います。
タイ(Thai)

483【タイ紀行】これであなたもゾウ使い!!?新たな職に向けた資格取得には『メーサエレファントキャンプ』

面接でやってきた受験者の履歴書の欄に『ゾウ使い初級』と書いてあったとしたら。聞きたくて仕方ありませんよね。実はこのゾウ使い免許ですが、1日あればとってしまうことができます。簡単ですよね。それがタイの北部にあるエレファントキャンプなのです。
世界の世界遺産(World Heritage)

480【タイ紀行】世界遺産スコータイで最も古いといわれている寺院『ワット・プラ・パーイ・ルアン』

今回紹介しているワット・プラ・パーイ・ルアンは、スコータイ城壁エリアの北側にあるかなり広域な遺跡になります。ほとんどの建物は残っていないエリアではありますが、短いながらもここには一つの歴史的な国家があったんだなということがわかる遺跡なのではないでしょうか。
世界の世界遺産(World Heritage)

476【タイ紀行】かつては周辺国の数々を領有していたほどの力を持っていた世界遺産の古都『アユタヤ』

タイへ旅に行くと、どこか世界遺産を見てみたくなりますよね。その時真っ先に候補に挙がるのが、アユタヤではないかと思います。バンコクから非常にアクセスのよい場所にあるアユタヤは、たくさんのツアーも敢行されており、利用したことがある人も多いのではないかと思います。
タイ(Thai)

388【タイ紀行】タイの北にある美しき古都。バンコクとはまた違った雰囲気を楽しめる『チェンマイ』

タイの北部、首都であるバンコクからはるか北に行ったところに、バンコクとはまた雰囲気の異なったタイの第二都市があります。この都市は、13世紀末にこの地にできたランナータイ王国の首都として造られたチェンマイという街です。
2021.11.18
世界の世界遺産(World Heritage)

375【タイ紀行】世界遺産スコータイの地を代表するシンボル『ワット・シーチュム』

今回はタイの世界遺産の中で、タイの中北部に位置するスコータイ遺跡の中にあるワット・シーチュムを紹介したいと思います。スコータイ遺跡を反映させていたスコータイ王朝は、アユタヤに王朝があった時代よりも古い時代のものとなっており、タイの王朝の歴史を感じるにはうってつけの遺跡なのです。
2021.09.19