インドネシア(Indonesia)

MONOあれこれ(Item)

351【インドネシア紀行】インドネシア日清がけっこう残念な中で、善戦をする『激辛ラーメン』

カップヌードルのラインナップが縮小傾向にあるインドネシア日清食品に落胆してしまってはいけません。まだまだ同社には隠されたおすすめ商品があったりするのです。今回紹介している"激辛"シリーズは、そんなインドネシア日清食品を新しく代表する味なのではないかと思ったのです。
食巡り(Food/Makanan)

342【インドネシア紀行】日本のファストフードが、インドネシアでは高級レストラン!?『YOSHINOYA』

インドネシアの日本レストランチェーンの中でも群を抜いてよく見かけるのが吉野家です。日本だと「安い・速い・うまい」の代名詞でもある牛丼チェーンですが、インドネシアでの吉野家のポジションはどのようなものなのでしょうか。
MONOあれこれ(Item)

333【インドネシア紀行】実はコーヒー大国インドネシア。そんな同国のコーヒーチェーンといえば『EXCELSO』

インドネシアもコーヒー生産の条件を満たしている国なのです。オランダなどの統治下に始められたとされるコーヒー栽培ですが、現在ではその生産量は世界第四位と、世界的にも有名なコーヒーの一つとなるまでの産地となっているのです。
インドネシア(Indonesia)

310【インドネシア紀行】インドネシアがオランダから独立した記念の巨大な塔『インドネシア独立記念塔~モナス塔~』

インドネシアの大都市では独立を記念するようなモニュメントや博物館などが数多くあります。今回紹介しているインドネシア独立記念塔(通称モナス塔)もそんなインドネシアの独立を記念して建てられたジャカルタのシンボルでもある塔です。
食巡り(Food/Makanan)

299【インドネシア紀行】超高級コーヒー。その作り方は…『コピ・ルアク』

今回紹介しているのは、インドネシア原産の『コピ・ルアク』です。このコピ・ルアクですが、世界に流通している量がとにかく少なく、日本では高級なホテルで一杯5000円ほどもする、超貴重なコーヒーなのです。
2021.04.08
世界の世界遺産(World Heritage)

296【インドネシア紀行】50000ルピア札にも描かれている、バリ島の世界遺産『タマン・アユン寺院』

タマン・アユン寺院は、数あるバリ島のバリ・ヒンドゥー寺院の中でも1・2を争うほど有名な寺院であり、インドネシアの紙幣にも使われているほどです。400年ほどの歴史がある寺院ですが、今もなお人々の祈りの場として多くの人々に愛されている場所なのでした。
インドネシア(Indonesia)

295【ニュースあれこれ】マスクをして出かけないと…。まさかのプッシュアップon the road

世界中がコロナ禍に包まれ、公共の場ではマスク着用はもはやマナーの一つとなってしまいました。バリ島では、マスクが義務化されていますが、『罰金が払えない・・・』となったときに、とんでもない方法でペナルティが課されることがあるのです。
2021.04.04
世界の世界遺産(World Heritage)

292【インドネシア紀行】インドネシアを代表する仏教遺跡。しかし、とうとう禁止されてしまった…『ボロブドゥール寺院』

今回紹介するのは、それよりも前に建造されていたものの、1000年以上灰に埋もれたり仏教が衰退したことによって人々から忘れ去られていた世界最大の仏教寺院跡『ボロブドゥール寺院』です。世界遺産の中でも行ってみたいランキングでは上位につけていることでも有名です。
2021.04.04
インドネシア(Indonesia)

280【インドネシア紀行】インドネシアの第二都市なのに、この影の薄さ…『スラバヤ』

ジャワ島にあるスラバヤは、西ジャワの代表都市ジャカルタと対比するように、東ジャワの代表都市なのです。そんなスラバヤですが、日本人にはまだまだなじみの薄い街ですよね。だからこそ、そこには面白いものがまだまだ秘められているのです。
インドネシア(Indonesia)

272【インドネシア紀行】ソロにもう一つあった王家の宮殿『スラカルタ王宮(カスナナン王宮)』

インドネシアのジャワ島中部のソロという街にあるもう一つの王宮を紹介します。18世紀にジャワを支配していたマタラム王朝は王位継承を巡る内部闘争によって王朝がふたつに割れてしまいます。その後、ソロにあった王家はさらに分かれ、同じ土地に二つの王朝が存在する奇妙な状態になったのでした。