兵庫

日本の世界遺産(Japan Heritage)

453【兵庫紀行】誰もがまずは思い浮かぶであろう赤穂浪士の城『赤穂城』

今回も兵庫の城ですが、日本人であればだれもがよく知っているあの事件にかかわる人々の城です。自分たちの主君を死に追いやった憎き敵をうつために、家臣たちが力を合わせその無念を晴らす、そんな赤穂浪士の話の登場人物たちの居城であったのが赤穂城です。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

429【兵庫紀行】模擬天守としては日本最古。大阪湾の絶景を望む『洲本城』

淡路島には、とある城跡が残されています。淡路島の東海岸、大阪湾に面したこの場所に、洲本城跡があります。洲本城は、山上にある上の城と、麓にある下の城とが分かれて存在しており、上の城には天守がそびえてっています。この天守ですが、これはこれでなかなかの歴史のあるものなのです。
日本の世界遺産(Japan Heritage)

354【兵庫紀行】日本初の世界遺産であり、真っ白な姿が美しい魅せる城『姫路城』

姫路城は江戸時代初期の、まだ西国の大名たちが油断できない時期に建てられたこともあり、城の造りとしては戦いのための城になっていることも特徴です。そのため、実際に姫路城に訪れて見ると、天守は見えているのになかなかたどり着けない。。。入り組んだ工夫が盛りだくさんの構造となっているのです。
2021.08.06
百名城/続・百名城(Castle)

340【兵庫紀行】但馬国を治め、時代によってその場所が移された『出石城・有子山城』

今回紹介している城は、2017年に続日本百名城に登録された城です。ここの城は他の城とは登録とは違った形で登録されています。山頂にある山城の有子山城と、山麓にある出石城とがセットで登録されているのです。
2021.08.06
百名城/続・百名城(Castle)

317【兵庫紀行】西国へ向かう東西交通の要所であった重要拠点『明石城』

江戸幕府にとっては、明石の地は西側諸国を監視・支配するためにはかなり重要なポイントでした。そのため、この明石の地を幕府の重要拠点としようとすることも自然な考えですね。そこで、ここに設けられたのが今回紹介している明石城なのです。
2021.04.03
近畿地方(Kinki)

248【兵庫紀行】伊丹駐屯地の桜の通り抜けで、普段は入れない駐屯地を見てみよう

自衛隊の基地である兵庫県の伊丹市にある陸上自衛隊伊丹駐屯地では、定期的に駐屯地内の見学会やイベントが行われています。 そして、春先には駐屯地内に咲き誇る桜を目玉とした、桜の通り抜けが行われるのです。
百名城/続・百名城(Castle)

202【兵庫紀行】西国へ向かうための要所に建設された『篠山城』

篠山城は1609年に徳川家康によって築かれた城です。江戸期に造られた城ということで、大規模な天守があったわけではなかったのですが、西国監視と篠山の町を治める城郭として、まとまった縄張となっています。
2021.08.06
近畿地方(Kinki)

178【兵庫紀行】古くからの武家屋敷が立ち並ぶ『御徒士(おかち)町武家屋敷群』

兵庫県丹波篠山市にある、篠山城城下町には、江戸時代に造られた築200年の武家屋敷群が残されています。これらの武家屋敷群は、御徒士町武家屋敷群として、一般公開されています。江戸時代の武士の生活とは、どのようなものだったのでしょうか。
2020.11.30
百名城/続・百名城(Castle)

169【兵庫紀行】元祖日本のマチュピチュ。天空の城跡ブームはここから『竹田城』

竹田城は、兵庫県朝来市にある山城の城跡です。近年、日本のマチュピチュとして一躍有名になった城ですね。城跡そのものも、鳥が羽根を広げた形に曲輪が配置されているの非常に美しい城跡ですが、運が良ければ早朝に見ることができる竹田城の雲海の光景も非常に有名ですね。
2021.08.06
食巡り(Food/Makanan)

168【兵庫紀行】伝統的な酒蔵見学をいつでもできる『鳳鳴酒造 ほろ酔い城下蔵』

丹波篠山の地には、今もなお昔ながらの酒造りを続けている製造元『鳳鳴酒造』があります。そんな鳳鳴酒造は、昔ながらの清酒造りを気軽に見学できる築200年以上の江戸時代からの建物を利用した施設『ほろ酔い城下蔵』を2001年から公開しています。
2020.11.30